ページの先頭です。
メニューを飛ばして本文へ
-
-
-

検索コーナー

大気汚染防止法の一部改正

  • 印刷用ページを表示する
  • 更新日:2017年4月5日更新

水銀排出施設に対する規制について(未施行)

 水銀による地球規模での環境汚染を防止することを目的とする「水銀に関する水俣条約」の的確かつ円滑な実施を確保するため、平成27年6月に大気汚染防止法の改正が行われました。

 施行期日:平成30年4月1日(条約の発効が施行期日以降となる場合は、条約発効日)  

 ※条約は締結国が50カ国に達した日から90日後に発効                   

 改正大気汚染防止法の施行後は、水銀排出施設に係る届出、排出基準の遵守義務及び水銀濃度の測定義務等が生じます。

 詳細については、環境省ホームページをご覧ください。

  水銀大気排出規制への準備が必要です!(環境省)(リーフレット)

  水銀大気排出対策(環境省)

 

 関連情報

  水銀大気排出規制に関する主な質疑応答について

  日本政策金融公庫融資制度について

 

 

 


 

 

より良いホームページにするため、皆さまのご意見をお聞かせください
このページの情報は役に立ちましたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?

このページに対するご意見・ご要望を記入してください(個人に関する情報は記入しないでください)。
なお、お答えが必要なご意見等はこちらではお受けできません。直接担当部署または市へのご意見・ご提案へお願いします。

※いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします

このページに関するお問い合わせ先
〒380-8512 長野市大字鶴賀緑町1613番地
環境保全担当
Tel:026-224-8034
Fax:026-224-5108
お問い合わせはこちらから

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

前のページに戻る ページトップに戻る