ページの先頭です。
メニューを飛ばして本文へ
-
-
-

検索コーナー

現在地 トップページ > 分類でさがす > 市民の皆さんへ > 自然・環境・公園 > 環境保全 > 市内の光化学オキシダントの状況について

市内の光化学オキシダントの状況について

  • 印刷用ページを表示する
  • 更新日:2015年4月3日更新

光化学オキシダント注意報等の発令状況

                  

  現在、長野地域に光化学オキシダントの注意報は発令されていません。

            

光化学オキシダントについて

 日差しが強くなる春から夏にかけては、大気中の光化学オキシダント濃度が高くなります。高濃度が継続しそうな時は、注意報や警報が発令される場合がありますので、市からのお知らせに注意してください。

光化学オキシダントとは?

 光化学オキシダントは、自動車や工場などから排出される窒素酸化物や炭化水素が、太陽の強い紫外線を受けることで生成する刺激性のある物質です。濃度が高くなると空に白いモヤがかかったようになり(光化学スモッグ)、目やのどの痛みをひきおこす場合があります。

 光化学オキシダントの概要図

光化学オキシダント注意報・警報とは?

 市では豊野、吉田、篠ノ井、真島の各大気測定局でオキシダント濃度を常時測定していますが、気象条件などから高濃度の状態が継続すると予測される場合、長野県から注意報や警報が発令されます。

発令基準

区分

発令基準

注意報

測定点において、オキシダント濃度の1時間値が0.12ppm以上になり、気象状況からみてその濃度が継続すると認められるとき。

警報

測定点において、オキシダント濃度の1時間値が0.24ppm以上になり、気象状況からみてその濃度が継続すると認められるとき。

重大警報

測定点において、オキシダント濃度の1時間値が0.40ppm以上になり、気象状況からみてその濃度が継続すると認められるとき。

 注意報や警報に関する情報は、防災行政無線、テレビ、ラジオ、ホームページなどでお伝えします。注意報のレベルは、感受性の高い人が目やのどに刺激を感じる程度で、直ちに健康被害が発生するものではありませんので、慌てることなく落ち着いて行動してください。

注意報や警報が発令されたら

  • 屋外での激しい運動は控えましょう。
  • 自動車などの使用はなるべく控えましょう。
  • 目の痛み(チカチカする)やのどの痛みを感じたときには目を洗い、うがいをしましょう。
  • 症状が回復しないときは、早めに医師の診察を受けましょう。
  • 体に異常を感じた場合は市保健所健康課、または環境政策課に状況の連絡をお願いします。

関連情報

外部サイト(新しいウィンドウで開きます)

より良いホームページにするため、皆さまのご意見をお聞かせください
このページの情報は役に立ちましたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?

このページに対するご意見・ご要望を記入してください(個人に関する情報は記入しないでください)。
なお、お答えが必要なご意見等はこちらではお受けできません。直接担当部署または市へのご意見・ご提案へお願いします。

※いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします

このページに関するお問い合わせ先
〒380-8512 長野市大字鶴賀緑町1613番地
環境保全担当
Tel:026-224-8034
Fax:026-224-5108
お問い合わせはこちらから
前のページに戻る ページトップに戻る