ページの先頭です。
メニューを飛ばして本文へ
-
-
-

検索コーナー

現在地 トップページ > 分類でさがす > 市民の皆さんへ > まちづくり > 道路 > 市道等との境界立会い申請における注意点について
現在地 トップページ > 分類でさがす > 市民の皆さんへ > 土地・住宅 > 土地 > 市道等との境界立会い申請における注意点について
現在地 トップページ > 分類でさがす > 市民の皆さんへ > まちづくり > 河川 > 市道等との境界立会い申請における注意点について

市道等との境界立会い申請における注意点について

  • 印刷用ページを表示する
  • 更新日:2016年12月19日更新

市道等との境界立会い申請における注意点について

「市道等境界確定協議申請書」の記入及び添付書類

記入について

  1. 「申請人」とは、市道等(※1)との境界を確認したい土地の登記簿上の所有者、またはその直接の関係者(区長、工事施工業者等)です。※1 市道、認定外道路(”赤線”)、水路(”青線”。土地改良区所有水路を除く)、長野市準用河川条例規定の河川、その他官有地(市名義の公衆用道路)
  2. 「代理人」とは、今回の境界立会いに関する業務を、「申請人」から委任・依頼された者(土地家屋調査士、測量業者、不動産・建設事業者等)です。◎境界立会い後登記手続きを行わなければ、代理人に土地家屋調査士または測量業者をたてない申請も可能ですが、広範囲に及ぶ場合、急傾斜地の場合、建物・工作物等が障害となる場合などでは、適正な境界(※2)を調査することが技術的に困難であるため、申請は受理できません。
    ※2 官民境界立会いは、公図等に基づいて、公法上設定された境界(筆界)を確認する作業であり、道水路の現況=管理幅(公物管理界)を確認するものではありません。
  3. 「場所」「理由」を必ず記入してください。
  4. 立会い範囲に水路がある場合には、「水利権者」(用水組合の責任者等)を区長さんに問い合わせるなどして記入してください。
  5. 「隣接者」とは、申請地の市道等に面して両側、及び市道等を挟んで対面に接する土地(※3)の所有者です。(図1参照)※3 市道等との境界を決める際、申請地との境界だけを確認しますと、後々になって相対地との境界を確認する際、道水路幅が相対地との境界いかんだけによって変動することになってしまい、今回の申請地をも巻き込んだ紛争を生じる恐れがあります。
     これを予防するために、申請地と相対地双方の土地所有者に出席してもらい、同時に市道等との境を決めさせていただいております。

添付書類について

  1. 登記事項要約書の写し・今回の境界立会いに関係する土地、市道等の登記事項要約書写しを添付してください。
  2. 公図の写し・法務局備え付けのもので、直前に写したものを提出してください。
    ・写す範囲は、申請地の周囲3筆以上、及び市道等を挟んで3筆以上で、できるだけ広範囲としてください。
    ・字界(あざかい)等により2枚以上にわたる場合には、張り合わせないまま提出してください。
    ・立会申請範囲を明示してください(図1矢印参照)
  3. 地積測量図の写し・今回の境界立会いに関係する土地、市道等、並びに周辺土地で、地積測量図が法務局に備え付けてあるものは、写しを提出してください。
  4. 案内図・2500分の1の地図(都市計画課で販売しています)または現地を確認できる地図等に申請地を記入したもの
  5. 参考資料・その他、実測平面図、古地図等の資料がありましたら、写しを添付してください。

その他

・立会場所が旧豊野町、旧戸隠村、旧鬼無里村、旧大岡村、旧信州新町及び旧中条村である場合には、各々の支所で立会いを担当しますので、その支所に申請書類を提出してください。

境界立会いの実施

立会い前の準備

  1. 立会日時は、約3週間前に(代理人がいる場合には代理人に)連絡します。
  2. 申請人または代理人は、水利権者及び隣接者へ以下の連絡をお願いします。
    ・立会日時。なお、当日都合により出席できない者がいる場合は、必ず代理の者に出席いただくよう依頼してください、代理の者は「代理人選任届」を持参いただくこと。
    ・印鑑(認印で結構です)を持参いただくこと(立会いの結果同意されたら、「同意書」に署名・押印をいただきます)。なお、水利権者は原則職印で、法人は社印で押印をいただきます。
    ・事前に、調査のため隣接地に立入ることがありますので、承諾を得ておいてください。

手数料について

・条例により、境界立会いには手数料がかかります。申請地について、一筆一面600円で、一面増すごとに200円が加算されます(図1参照)。立会い不成立の場合は、600円です。原則として立会当日、現金で納入してください。

立会い後(成立の場合)について

  1. 境界標の保存に十分注意してください(境界標は相隣者の共有物とされ、壊したり除去した者は処罰されます)。
  2. 境界確定図が市において保存されますので、必要な場合はお問い合わせください。

その他

・道路後退のための中心鋲の設置は、境界立会いでは行いません。道路後退に関するお問い合わせは、建築指導課(電話224-5048)へお願いします。

(図1)

図隣接者の出席の範囲

※上記の場合の手数料…(51番1筆)600円+(53番側1面)200円=800円


より良いホームページにするため、皆さまのご意見をお聞かせください
このページの情報は役に立ちましたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?

このページに対するご意見・ご要望を記入してください(個人に関する情報は記入しないでください)。
なお、お答えが必要なご意見等はこちらではお受けできません。直接担当部署または市へのご意見・ご提案へお願いします。

※いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします

このページに関するお問い合わせ先
〒380-8512 長野市大字鶴賀緑町1613番地
長野市役所第二庁舎6階
境界担当
Tel:026-224-8729
Fax:026-224-5116

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

前のページに戻る ページトップに戻る