ページの先頭です。
メニューを飛ばして本文へ
-
-
-

検索コーナー

現在地 トップページ > 分類でさがす > 市政について > 市政運営・行政改革 > 公売 > インターネット公有財産売却手続きのご案内

インターネット公有財産売却手続きのご案内

  • 印刷用ページを表示する
  • 更新日:2017年5月29日更新

ロゴ

 

インターネット公有財産売却 一般競争入札の手続き

 入札会場に行かなくても、インターネットを利用し自宅から入札することができます。
 せり売りとは違い、1つの物件につき、1回のみ入札可能です。
 手続きの詳細は「インターネット公有財産の手続き」に記載してあります。事前に必ず「長野市インターネット公有財産売却ガイドライン」をお読みいただき、手続きを進めてください。

長野市インターネット公有財産売却ガイドライン(※必ずご確認ください)

インターネット公有財産売却一般競争入札の手続き

1 Yahoo!JAPAN ID の取得

Yahoo!JAPAN のホームページでIDを取得してください。 

※手続き等の経過により、ヤフ-株式会社及び長野市から電子メ-ルを送信する場合があります。迷惑メ-ルと認識されないよう設定等をお願いします。  

2 入札参加「仮申し込み」手続き

  1. 申し込みに、ガイドライン及び誓約書の内容に同意していただくことが必要です。
  2. 長野市インターネット公有財産売却(外部サイト)」のページの物件詳細画面から仮申し込みを行ってください。開催中でないと閲覧できない場合があります。
  3. 物件毎に入札参加申込みが必要です。
  4. 手続き終了後、仮申込完了メールが届きます。

3 入札参加「本申し込み」手続き

【不動産・自動車の場合】

 申込書(不動産) [PDFファイル/78KB]申込書(自動車用) [PDFファイル/68KB]誓約書 [PDFファイル/72KB] と、「印鑑登録証明書(個人の場合)」「印鑑証明書(法人の場合)」を、長野市財政部管財課へ提出してください。(郵送、持参どちらも可)

  1. 不動産の場合、仮申し込みの際、入札保証金納入で銀行振込を選択された方には、納入書を送付しますので、納期限までに指定金融機関窓口で納付してください。
  2. 「申込書」 「誓約書」 と、「印鑑登録証明書(個人の場合)」「印鑑証明書(法人の場合)」の到達及び入札保証金の納付を確認後、本申込完了メールを送信します。
  3. 申込書等は締切日必着でお願いします。不動産の場合等、納入書で納入する入札保証金は納期限までに納入をお願いします。入札保証金の納期限は、入金後、長野市が確認できるまで4営業日かかるため、入札開始日の4日前(土曜日、日曜日及び祝祭日は含みません。)を期限としています。締切り当日まで、長野市がすべての書類と入札保証金を確認できなかった場合は本登録が完了しないため、入札参加の資格を付与できません。締切り間際の申し込みはご注意してください。

【動産の場合】

予定価格が50万円未満の場合は、申込書(動産) [PDFファイル/74KB]誓約書 [PDFファイル/72KB] を印刷し、必要事項を記入・押印後、個人の場合は「公的機関発行の証(運転免許証、パスポ-ト等)のコピ-」、法人の場合は「現在事項全部証明書の写し」の提出を添付のうえ、長野市が指定する日時(必着)までに提出してください。(郵送、持参どちらも可)

  1. 予定価格が50万円以上の場合は、個人の場合「印鑑登録証明書」、法人の場合「印鑑証明書」の提出が必要になり、申込書等への押印は「実印」となります。(郵送、持参どちらも可)
  2. 締切り当日までに、長野市がすべての書類を確認できなかった場合は、本申し込みが完了しないため、入札に参加することができません。締切り間際の申し込みはご注意してください。

4 入札期間

  1. 入札額を入力してください。入力は1回限りです。
  2. 納付された入札保証金は、落札されなかった場合はお返しします。クレジットカードを選んだ場合、入札金額として押さえてあった与信枠を外しますので、お金のやりとりはありません。(カードの種類、決済の時期等により、いったん引落としを行い、翌月以降に返還となる場合があります。)

5 開札【落札者決定】

  1. 落札者及び落札されなかった方に対して、開札結果通知メールを送信します。
  2. 落札者には、契約書や納入通知書などの必要書類を入札確定日後に送付します。
  3. 落札されなかった方に対して入札保証金の返還手続きを開始します。(クレジットカードの場合は与信枠を外します。)
  4. 落札者の入札保証金は、契約保証金に全額充当します。(「入札保証金を契約保証金へ充当申出書」を提出していただきます。)

6 売買契約の締結(不動産及び自動車、落札金額が50万円以上の動産は契約書を作成します)

  1. 契約書をお送りします。(落札金額50万円未満の動産の場合は契約書を作成しません。)
  2. 契約書には「実印」を使用してください。
  3. 契約書2通のうち1通に貼る印紙代は、落札者の負担となります。
  4. 契約を結ばなかった場合は、契約保証金(入札保証金を充当したもの)は没収となります。

 ※詳しくは落札者にお送りします案内書をご覧ください。

7 売買代金の納付

不動産及び自動車の場合

  1. 契約保証金は全額売買代金へ充当します。(「契約保証金を売買代金へ充当申出書」を提出していただきます。)
  2. 契約締結後、売買代金納入書を送付します。納入書に記載されている金額は、契約保証金を差し引いた金額となります。納期限が記載されていますので、期限内にお支払いください。
  3. 売買代金を納期限までに納入されなかった場合は、契約保証金は没収となります。

動産の場合

  1. 契約保証金は全額売買代金へ充当します。(「契約保証金を売買代金へ充当申出書」を提出していただきます。)
  2. 落札金額が50万円未満の場合は、入札確定後に、また、落札金額が50万円以上の場合には、契約締結後、売買代金納入書を送付します。
  3. 納入書に記載されている金額は、契約保証金を差し引いた金額となりますので、納期限までに金融機関で納入をお願いします。
  4. 売買代金を納期限までに納入されなかった場合は、契約保証金(入札保証金を充当したもの)は没収となります。

8 所有権移転

不動産の場合

1.売買代金全額の納入が確認できましたら、長野市管財課で所有権移転の登記を行います。なお、物件の使用は「7 売買代金の納付」の納入書による納入後、使用してかまいません。

2.必要書類は次のとおりです。

個人の方

  • 「住民票」(外国人の方は、「外国人登録原票記載事項証明書」)
  • 「身分証明書」 本籍地の市区町村で発行しています。
  • 「登記されていないことの証明書」 お近くの各都道府県法務局の本局(支局等は不可)で発行しています。
     ※「登記されていないことの証明書」についてはこちら 長野法務局(外部サイト)

法人の方

  • 「現在事項全部証明書」

3.所有権移転登記にかかる「登録免許税」は購入者の負担となります。税額は長野市管財課からお知らせします。

 ※2,3の書類等は、売買代金納入が済みましたら、売買代金領収証書と一緒に長野市管財課まで送付またはお持ちください。

自動車の場合

 落札者ご本人様が登録手続きを行います。権利移転に伴う費用は落札者のご負担となります。なお、譲渡証明書や登録識別情報等通知書といった移転手続きに必要な書類については、請求に基づき長野市から発行します。譲渡証明書に記載する譲渡人の名義は、落札者本人となります。落札者本人以外はの名義にはできません。

9 引渡し

不動産の場合

 所有権移転登記が完了しましたら、「登記識別情報」と「引渡書」をお送りしますので、同封されている「引受書」に署名、押印して長野市管財課へ送付してください。

自動車、動産の場合

 公有財産の引渡しを受ける際には、落札者本人確認のため、本人確認ができる公的機関発行の証(運転免許証、マイナンバーカード、パスポートなど)、落札者へ送付された電子メールを印刷したものを提示してください。なお、代理人の方が引き取りにくる場合、落札者本人が署名、押印した委任状と、代理人の本人確認ができる公的機関発行の証、及び落札者へ送付された電子メールを印刷したものが必要となります。   

  インターネット様式集

 インターネット公有財産一般競争入札に必要な書類はこちらからダウンロードできます。

 様式集

  共同入札、代理人について

 共同入札、代理人についてはこちらを参照してください。

 共同入札  代理人 

 

より良いホームページにするため、皆さまのご意見をお聞かせください
このページの情報は役に立ちましたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?

このページに対するご意見・ご要望を記入してください(個人に関する情報は記入しないでください)。
なお、お答えが必要なご意見等はこちらではお受けできません。直接担当部署または市へのご意見・ご提案へお願いします。

※いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします

このページに関するお問い合わせ先
〒380-8512 長野市大字鶴賀緑町1613番地
財産運用担当
Tel:026-224-5016

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

前のページに戻る ページトップに戻る