ページの先頭です。
メニューを飛ばして本文へ
-
-
-

検索コーナー

多自然川づくり

  • 印刷用ページを表示する
  • 更新日:2014年6月23日更新

 良好な水辺の形成への取組みについて 

 近年の河川整備は、経済的・効率的な一定の水準が確保できるような人工物を基調とした画一的施設整備が進められてきた時代から、質の高い自然機能を充分に活用した「水と緑の空間」の確保等、人々の生活に密着したやすらぎと潤いのある施設整備の時代へと移行しております。
 このため、各河川の特性に応じた水辺環境の保全・創出を図るため、護岸の覆土による緑化、自然石を利用した河床及び護岸工、多種魚類の生息しやすい魚巣ブロック等の採用など、自然環境や多様な生態系に配慮した多自然川づくりを推進しています。また、河川環境に対する地域住民の理解を深めるため、河川に係わる広報活動を充実し、河川美化愛護の啓発普及に努めているところであります。 

市内の多自然水路

濁川

護岸は自然石を多用し、階段から下りると遊水地があります。
水深もひざ丈ほどで、河床には水草などが植生し、緑に囲まれた自然なせせらぎを感じることができます。

濁川自然石護岸写真

赤野田川 

コンクリートブロック護岸のため近づきがたかった川を身近に感じ、水、水生植物とのふれ合いが容易にできるように散策道、水辺テラス、ステップを設けております。

赤野田川親水性護岸写真

南八幡川

自然石を使った護岸は、川の流れを身近に感じながら歩ける歩道との調和を図りました。
河床は、川の浄化を図るため砕石を敷き詰め、隣接地との境には水生植物を植え、自然環境に配慮した川づくりを行いました。(第6回 長野市景観賞受賞)
南八幡川自然石護岸写真

せせらぎ水路

川中島町の今井ニュータウン内を流れている三田堰水路(通称:せせらぎ水路)では、歳月とともに美しくなるような安らぎと潤いのある自然環境が豊かな水路をつくっています。
地元の今井原区によって、ホタルの活動が行われています。

せせらぎ水路の画像
より良いホームページにするため、皆さまのご意見をお聞かせください
このページの情報は役に立ちましたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?

このページに対するご意見・ご要望を記入してください(個人に関する情報は記入しないでください)。
なお、お答えが必要なご意見等はこちらではお受けできません。直接担当部署または市へのご意見・ご提案へお願いします。

※いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします

このページに関するお問い合わせ先
〒380-8512 長野市大字鶴賀緑町1613番地
第二庁舎6階
Tel:026-224-5117
Fax:026-224-5112
前のページに戻る ページトップに戻る