ページの先頭です。
メニューを飛ばして本文へ
-
-
-

検索コーナー

現在地 トップページ > 分類でさがす > 市民の皆さんへ > 消防・防災 > 地震 > 善光寺地震をご存じですか?

善光寺地震をご存じですか?

  • 印刷用ページを表示する
  • 更新日:2011年10月1日更新

 1847年5月8日(弘化4年3月24日)、晴天の善光寺の町は、善光寺の御開帳に訪れた諸国からの大勢の参詣者で終日ごった返し、周辺の宿屋は7000人から8000人の泊まり客で満員となっていました。 夜の10時頃、突然すさまじい鳴動とともに大地震が発生。震源地は長野市直下(東経138.2度、北緯36.7度)で、規模はマグニチュード7.4 程度と推定されています。余震は松代藩領内で翌日にかけて大小80回感じられ、 その後1年以上も続きました。

震災

 善光寺は、本堂の内陣造作などが大破し、門、経堂が小破しましたが、本堂をはじめ山門経堂、鐘楼などは災害から免れました。大勧進では万善堂、護摩堂、聖天堂など7か所が大破しました。善光寺領では、3069戸あった民家のうち2385戸が倒壊したといわれています。(「虫倉日記」) 松代藩士の家は、全壊38戸、半壊286戸、大破654戸、城下町の民家は、全壊176戸、半壊105戸、大破114戸の被害を受けました。(「松代町史」下巻)

 市内長野県庁から信州大学教育学部にかけてと篠ノ井共和小松原地籍では、地震により2mにも達する段差をもった断層が生じ、小松原の断層付近の家屋は全部倒壊して死者74人を出したと記録されています。

火災

 第1震後まもなく大門町、横町、東之門町で火災が発生し、次いで西之門町から出火しました。大本願境内の諸堂は残らず焼失、仁王門、寛慶寺、武井神社、46の宿坊、大門町旅籠家街はことごとく焼失しました。善光寺町の花町権堂村(長野市権堂町)では、戸数304戸、人口1163人のうち274戸が焼失、死者89人、けが人111人を出しました。(徳武文書)

 善光寺町は3日2晩燃え続け、10日の昼頃ようやく鎮火しました。横沢町を残して東西900m、南北1100m区域の2194戸はすっかり焼けてしまい、町内(善光寺領分)の死者、住民1457人、旅人1029人のほとんどは焼死者でした。

地すべり

 善光寺領を囲む松代藩領内では、地震に伴う地すべりが4万2000か所も発生しました。現在の中条村、戸隠村、小川村、鬼無里村にまたがる虫倉山に発生した地すべりは、大きな被害を出しました。念仏寺村(中条村)では130戸のうち、埋没3戸、全壊85戸、半壊30戸、死者30人を出しました。黒沼村(七二会倉並)では、山上から幅300−400m、長さ1200−1300mにわたって地すべりが発生、41戸のうち埋没22戸、全壊11戸、半壊6戸、死者60人を出しました。東の坪根村(七二会)も山崩れに襲われ、61戸のうち埋没2戸、全壊30戸、半壊16戸、死者10人を出しました。(虫倉日記)

水害

 地震発生から20日後の1847年5月28日(弘化4年4月13日)の午後4時頃、大音響とともに岩倉のせき止めが決壊して、ダム湖の水は、一気に善光寺平に押し寄せました。善光寺平の入り口ともいえる水内郡小市村(長野市安茂里)では濁流の深さが約20m(6丈8尺)に達し、それが善光寺平に広がって次々に家を押し流していきました。松代藩では流失家屋1841戸、半壊家屋2802戸の被害を出しました。それでも溺死者が22人と少なかったのは、決壊を予測して住民の多くが避難し、さらに決壊のとき鐘やのろしで合図したからと思われます。南は埴科郡屋代村(更埴市)から北は水内郡飯山町(飯山市)まで北信濃一帯は大洪水となり、陣屋中野、飯山藩領では、洪水のためそれぞれ1500人前後の死者が出たといわれています。

 この善光寺地震では、地震動による一次災害のほかに、善光寺町、水内郡新町村、埴科郡稲荷山村、水内郡飯山町の火災、水内、更級の2郡にわたる山崩れ、善光寺平の洪水などの2次、3次の災害が発生しました。そのため、死者は善光寺町2,486人、松代藩2717人、飯山藩1515人、松本藩67人、須坂藩17人、陣屋中野602人、 上田藩1177人、 高田藩5人で 計8586人。 また、住宅全壊2万883戸、 住宅半壊1万1364戸、非住宅全壊1万3223戸、 非住家半壊4460戸、さらに 山崩れ4万2528か所の被害が あったと推定されています。(虫倉日記)

より良いホームページにするため、皆さまのご意見をお聞かせください
このページの情報は役に立ちましたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?

このページに対するご意見・ご要望を記入してください(個人に関する情報は記入しないでください)。
なお、お答えが必要なご意見等はこちらではお受けできません。直接担当部署または市へのご意見・ご提案へお願いします。

※いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします

このページに関するお問い合わせ先
〒380-8512 長野市大字鶴賀緑町1613番地
直通
Tel:026-224-5006
Fax:026-224-5109
お問い合わせはこちらから
前のページに戻る ページトップに戻る