ページの先頭です。
メニューを飛ばして本文へ
-
-
-

検索コーナー

現在地 トップページ > 分類でさがす > 市民の皆さんへ > 子ども > ひとり親 > 長野市のひとり親家庭(母子・寡婦・父子家庭)に対する施策について

長野市のひとり親家庭(母子・寡婦・父子家庭)に対する施策について

  • 印刷用ページを表示する
  • 更新日:2018年7月1日更新

平成30年度母子・寡婦・父子福祉制度について

 制度の概要はこちらです。

 母子・寡婦・父子福祉制度について [PDFファイル/159KB]

(1) 児童扶養手当について

ひとり親家庭等の18歳到達の年度末(障害児のときは20歳未満)までの児童を対象とし、その児童を監護し生計を同一にする父または母、養育者に支給されます。父母または児童の住所が国内にないとき、児童が児童福祉施設等に入所したときは支給されません。また、手当受給者及び生計を同じくする者の所得が一定額以上のときは手当の全額または一部が支給停止となります。 ※手当は受付日(申請書受理日)の翌月分から対象となります。

年間所得限度額
※下記は所得申告上
扶養親族数1人の場合
支給月額
第1子分第2子分第3子以降
870,000円未満42,500円

10,040円

6,020円

870,000円以上
2,300,000円未満
42,490円
~10,030円

10,030円
~5,020円

6,010円
~3,010円

 ※父子家庭に対する児童扶養手当は平成22年8月(支給は平成22年12月から)に開始となりました。

 申請先

 子育て支援課 または下記支所

 篠ノ井・松代・若穂・川中島・更北七二会・信更・豊野・戸隠・鬼無里大岡・信州新町・中条支所

 詳しくはこちらをご覧ください。長野市ホームページ 児童扶養手当について

(2) 児童手当について

 受給者の変更の手続きが必要となることがあります。詳しくはお問い合わせください。

 長野市ホームページ 児童手当について

(3) ひとり親家庭児童高等学校通学費援護金

  ひとり親家庭の児童が高等学校への通学に要する費用の一部を援助します。(※回数券は対象外です。)

支給額

バス・電車の一ヶ月定期乗車券の額の半額

1月を超える月数の定期乗車券、学校で発行する学期定期の場合は、その額を通用期間月数で除した額の半額

※自宅から学校の間が2km以上で、鉄道及び路線バスを利用している場合(所得制限があります。)

申請先

各高等学校

詳しくはこちらをご覧ください。長野市ホームページ ひとり親家庭児童高等学校通学費援護金

(4) 自立支援教育訓練促進給付金事業

教育訓練講座を受講し職業能力の開発を自主的に行うものに対して教育訓練終了後給付金を支給します。

対象者

児童扶養手当支給水準の母子家庭の母または父子家庭の父

支給額

対象講座の受講料の4割または6割(12,000円以上 上限200,000円)

申請先

子育て支援課・福祉政策課篠ノ井分室(支給には諸条件があります。詳細はご確認ください)

詳しくはこちらをご覧ください。長野市ホームページ 自立支援給付金

(5) 高等職業訓練促進給付金事業

 1年以上の養成機関で修業する場合に生活の負担の軽減を図るため、3年を上限とし高等職業訓練促進給付金を支給することにより、資格取得を容易にします。

対象者

児童扶養手当支給水準の母子家庭の母または父子家庭の父 

対象資格

看護師、准看護師、介護福祉士、保育士、理学療法士、作業療法士、その他市長が認める資格

修業支援手当

市町村民税非課税世帯:月額100,000円 課税世帯:月額70,500円

申請先

子育て支援課・福祉政策課篠ノ井分室(支給には諸条件があります。詳細はご確認ください)

詳しくはこちらをご覧ください。長野市ホームページ 自立支援給付金

(6)ひとり親家庭高等学校卒業程度認定試験合格支援事業

高等学校を卒業していないひとり親家庭の親または子が、高等学校卒業程度認定試験の合格を目指すために民間事業者などが実施する対策講座を受講する場合、その受講料の一部を支給します。

対象者

児童扶養手当支給水準の所得で過去に当給付金を受給していない、ひとり親家庭の親または子

支給額

対象講座の受講料の2割(4,000円以上 上限10,000円)、高卒認定試験全科目に合格した場合はさらに対象講座の受講料の4割(最大、受講費の6割 上限150,000円)を支給します。

申請先

子育て支援課・福祉政策課篠ノ井分室(支給には諸条件があります。詳細はご連絡ください。)

(7)ひとり親家庭子どもの生活・学習支援事業(母子・父子関係)

ひとり親家庭等の児童に対して学習支援員が基本的な生活習慣の習得及び学習支援等を行います。児童扶養手当受給世帯であることなどの条件があります。

(8) 福祉医療費給付金制度

ひとり親家庭で18歳未満の児童とその児童を扶養している方、父母のいない18歳未満の児童(ただし、高等学校在学中は20歳まで延長)が保険診療に要した自己負担額を給付します。 

申請先

福祉政策課(第2庁舎2階)・各支所 

お問い合わせ

福祉政策課(直)224-7829

詳しくはこちらをご覧ください。長野市ホームページ 福祉医療費給付金の申請について

(9) JR通勤定期乗車券の特別割引

児童扶養手当を受けている世帯の方には、JR通勤定期乗車券の特別割引(3割引)があります。

特定者用資格証明書

JRの通勤定期乗車券購入時に割引を受ける際に必要です。

申請に必要なもの
  • 児童扶養手当証書
  • 写真(6ヶ月以内に撮影した正面上半身のもの、縦2月5日センチ×横2センチ)
  • 印鑑
有効期限

発効日から一年間

特定者用定期乗車券購入証明書

JRの通勤定期乗車券購入時に割引を受ける際に提出する証明書です。(通勤定期券を購入するごとに申請が必要です)

申請に必要なもの
  • 特定者資格証明書
  • 児童扶養手当証書
  • 印鑑
有効期限

発効日から半年間

申請先

子育て支援課・福祉政策課篠ノ井分室

(10) 母子・父子・寡婦福祉資金貸付金

児童の就学支度、修学資金等の貸付制度です。貸付条件がありますので電話予約のうえ相談が必要になります。

母子・父子福祉貸付金

  • 児童(20歳未満)を扶養している母(父)子家庭の母(父)
  • 父母のない児童
  • 母子父子福祉団体

寡婦福祉資金

  • 20歳以上の子を扶養している寡婦
  • 扶養する子がない寡婦※(前年の所得が203万6千円以下)
  • 配偶者のない40歳以上の女子(前年の所得が203万6千円以下)
  • 母子福祉団体

※この場合の「寡婦」とは、配偶者のない女子であって、かつて配偶者のない女子として児童(20歳未満)を養育していたことのある方をいいます。

申請先

子育て支援課または福祉政策課篠ノ井分室

※子育て支援課または福祉政策課篠ノ井分室の母子・父子自立支援員に電話でご相談ください。

くわしくはこちらをご覧ください。長野市ホームページ 母子父子寡婦福祉資金貸付金

(11) 母子・父子相談・女性相談・家庭児童相談の各種相談事業

母子・父子自立支援員・女性相談員・家庭児童相談員が、各種相談に応じます。

場 所

子育て支援課及び福祉政策課篠ノ井分室 

相談日

 平日 午前8時30分~午後5時15分

詳しくはこちらをご覧ください。長野市ホームページ 母子・女性・家庭児童相談

(12) ハローワーク長野マザーズコーナー

子育てをしながら仕事を探している方、仕事と家庭の両立を目指している方を対象に、専門の相談員等が就職についてのきめ細かな相談や職業紹介に応じています。お子様をつれてお仕事の相談ができます。

〔ハローワーク長野マザーズコーナー(228-0333) 長野市新田町1485-1 もんぜんぷら座4階〕

(13) 母子福祉施設について

母子家庭及び寡婦の休養及びレクリェーション、交流の場としてご利用ください。

施設名

母子休養ホーム

使用料

無料

場所

長野市茂管100-1

お問い合わせ

電話 234-3434

開館日

土・日・月曜日及び祝祭日(年末・年始除く)の午前9時30分~午後4時00分

その他

詳しくはこちらをご覧ください。

長野市ホームページ 母子休養ホーム

(14) その他諸制度

このほか、県営水道料金の減免(対象地域:篠ノ井・川中島・更北・信更地区の一部、申請先:水道局)、小中学校の就学援助制度(申請先:各小中学校)、高等学校の授業料等の減免制度(申請先:各高等学校)、生活福祉資金貸付制度(申請先:市社会福祉協議会)等がありますので、詳しくは、それぞれの窓口に直接お問い合わせください。

より良いホームページにするため、皆さまのご意見をお聞かせください
このページの情報は役に立ちましたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?

このページに対するご意見・ご要望を記入してください(個人に関する情報は記入しないでください)。
なお、お答えが必要なご意見等はこちらではお受けできません。直接担当部署または市へのご意見・ご提案へお願いします。

※いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします

このページに関するお問い合わせ先
直通
Tel:026-224-5031
Fax:026-224-7698
お問い合わせはこちらから

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

前のページに戻る ページトップに戻る