ページの先頭です。
メニューを飛ばして本文へ
-
-
-

検索コーナー

養育支援訪問事業

  • 印刷用ページを表示する
  • 更新日:2017年1月11日更新

養育支援訪問事業

概要

出産後1年以内の養育者で、児童の養育について支援が必要でありながら、積極的に支援を求められない状況にある家庭に過重な負担がかかる前に、育児・家事等の支援を行います。

対象者

主に、「はじめまして赤ちゃん事業」を通じて把握される要支援家庭のうち、一般の子育てサービスを利用することが難しい家庭を対象とします。
支援者の有無、健康状態、家族構成、家事能力、育児能力などから事業の利用可否を判断します。
 
例えば  ◇育児ストレス、産後うつ状態、育児ノイローゼ等により、子育てに対して強い不安感や孤立感を抱える家庭
       ◇食事、衣服、生活環境等について、不適切な養育状態にある家庭
       ◇多胎児、未熟児等の子育てをしている家庭 など

訪問内容

育児支援訪問員(ヘルパー)が利用者の自宅を訪問し、育児支援等を行います。

支援内容 ◇育児(沐浴、子どものお世話)
       ◇家事(食事作り、掃除、洗濯)
       ◇育児不安の解消や養育技術の提供等のための相談・支援 など

利用期間・時間

原則1ヶ月(最長3ヶ月)
午前6時から午後9時までのうち、1日につき2時間、1週間につき2日を限度

利用料

無料
*ただし、実費(生活用品の購入代金等)は利用者負担となります。

利用方法

お近くの保健センターまたは子育て支援課にお問い合わせください。
より良いホームページにするため、皆さまのご意見をお聞かせください
このページの情報は役に立ちましたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?

このページに対するご意見・ご要望を記入してください(個人に関する情報は記入しないでください)。
なお、お答えが必要なご意見等はこちらではお受けできません。直接担当部署または市へのご意見・ご提案へお願いします。

※いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします

このページに関するお問い合わせ先
直通
Tel:026-224-5031
Fax:026-224-7698
お問い合わせはこちらから
前のページに戻る ページトップに戻る