ページの先頭です。
メニューを飛ばして本文へ
-
-
-

検索コーナー

現在地 トップページ > 分類でさがす > 市民の皆さんへ > まちづくり > 道路 > 土地改良事業分担金について
現在地 トップページ > 分類でさがす > 事業者の皆さんへ > 産業振興 > 農業 > 土地改良事業分担金について

土地改良事業分担金について

  • 印刷用ページを表示する
  • 更新日:2017年5月22日更新

分担金について

 土地改良事業は事業の種類により、工事費の一部を地元分担金として地元(受益者)に負担していただくことが必要な事業があります。

 具体的な事業の種類、事業採択基準、地元分担金の地元負担率は下記の表のとおりです。

事業の種類

採択基準等

負担率

農道事業新設・改良受益者が2人以上あり、受益面積が0.3ha以上の事業
ただし、舗装幅員2.5m以上(全幅3.0m以上)
0%
舗装農道台帳に記載された農道で、受益者が2人以上あり、受益面積が0.3ha以上の事業
ただし、舗装幅員2.0m以上(全幅2.5m以上)
0%
水田かんがい
排水事業
農業用排水施設
(ため池・管理道路含む)
(新設・改良・補修・浚渫)
受益者が2人以上あり、受益面積が0.3ha以上の事業事業費の
5%
ただし、下記の場合、負担率を0%とする。
1.都市雑排水の著しい混入があり、受益者が限定されない場合
2.環境や親水性に配慮する場合
3.公共的用途がある場合
0%
農地防災事業危険ため池受益者が2人以上あり、受益面積が0.3ha以上のため池で、人命・人家・公共施設等に影響を及ぼす災害の発生する危険性の高いため池の改修事業事業費の2.5%
安全柵ため池及び用排水路への転落防止を目的とする事業
ただし、不特定多数の通行があり、危険性が高い場合は、負担率を0%とする。
同上
土砂崩落防止事業(農業用施設)被害者が2人以上の事業
ただし、事業費200万円を限度とする。
事業費の5%
ほ場及び畑地帯
整備事業
客土受益者が2人以上あり、受益面積が連田、連畑で1.0ha以上の事業事業費の
20%
暗渠排水受益者が2人以上あり、その受益者が限定されている暗渠排水で受益面積が連田、連畑で1.0ha以上の事業事業費の
20%
ほ場整備受益者が2人以上あり、受益面積が連畑で1.0ha以上の事業事業費の
20%
畑地帯整備受益者が2人以上あり、受益面積が連畑で1.0ha以上の事業事業費の
20%
畑地かんがい事業農業用排水施設受益者が2人以上あり、受益面積が連田で1.0ha以上の事業
公共部分
事業費の
5%
非公共部分事業費の
20%
災害復旧事業国庫補助
災害復旧
国又は県の補助事業として認定を受けた災害
(道路・水路…受益者2人以上)
施設復旧
0%
農地復旧
事業費の
10%以内  
市単独
災害復旧
補助対象外の災害
(道路・水路…受益者2人以上)
ただし、事業費の限度額は、国庫補助災害復旧事業に準ずるものとする。
施設復旧
0%
農地復旧
事業費の
10%  

     

    土地改良事業分担金徴収条例

    土地改良事業分担金の徴収猶予及び減免

      土地改良事業に係わる分担金の徴収猶予及び減免に関する申請様式は次のとおりです。

    より良いホームページにするため、皆さまのご意見をお聞かせください
    このページの情報は役に立ちましたか?
    この情報をすぐに見つけることができましたか?

    このページに対するご意見・ご要望を記入してください(個人に関する情報は記入しないでください)。
    なお、お答えが必要なご意見等はこちらではお受けできません。直接担当部署または市へのご意見・ご提案へお願いします。

    ※いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします

    このページに関するお問い合わせ先
    〒380-8512 長野市大字鶴賀緑町1613番地
    土地改良担当
    Tel:026-224-7039

    Adobe Reader

    PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
    Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

    前のページに戻る ページトップに戻る