ページの先頭です。
メニューを飛ばして本文へ
-
-
-

検索コーナー

生活困窮者自立支援制度について

  • 印刷用ページを表示する
  • 更新日:2016年9月28日更新

 生活困窮者自立支援制度について

 概要

 市では、平成27年4月1日から施行の「生活困窮者自立支援法」に基づき、「長野市生活就労支援センター “まいさぽ長野市”(愛称)」で、様々な問題を抱えて生活に困窮している方に対し、地域の関係機関と連携しながら寄り添い型の相談支援を実施します。相談は無料で、秘密は守られますので、安心してご利用ください。

 市は、この事業の運営を、社会福祉法人 長野市社会福祉協議会に業務委託して実施します。

 生活困窮者自立支援制度専用サイト(外部サイト:厚生労働省)

長野市生活就労支援センターの利用

 センターの受付は月~金(休日を除く)8時30分~17時15分です。

 原則予約制のため、まずはお電話でおたずねください。

 長野市大字鶴賀緑町1714-5 ふれあい福祉センター2階

 Tel:026-219-6880

 Fax:026-219-6882

 e-mail:maisaponaganoshi6880@csw‐naganocity.or.jp

※アクセスなど詳細についてはこちら(長野市生活就労支援センターパンフレット [PDFファイル/1.11MB])をご覧ください。

自立相談支援事業 

 専門の相談員が暮らしや仕事などについての相談を受け、必要な支援を行います。

住居確保給付金事業

 65歳未満の方で、2年以内に離職し、住居を失った方、または失うおそれのある方に、3か月を限度に住居確保給付金を支給し、住居・就労機会の確保に向けた支援を行います。 

 注記:収入や資産などの要件があります。

家計相談支援事業

 専門の相談員が家計診断や家計管理のアドバイス、債務整理の支援などを行います。

学習支援事業

 生活困窮世帯の子どもの進学や中退防止に関する学習支援等、必要な支援を行います。

 生活困窮者学習支援事業の委託事業者募集

就労準備支援事業

 直ちに就労することが困難な方に、日常生活から社会生活に至るまでの自立過程の中で就労に向けた支援や就労機会の提供を行います。

就労訓練支援事業

 直ちに一般就労することが難しい方に、作業機会を提供しながら、一般就労に向けた支援(いわゆる「中間的就労」)を行います。

一時生活支援事業

 住居をもたない方等の不安定な住居形態にある方に、一定期間、宿泊場所や食事の提供を行います。

 生活困窮者一時生活支援事業の委託事業者募集

お問い合わせ先

〒380-8512

長野市大字鶴賀緑町1613番地

長野市役所 保健福祉部生活支援課 生活困窮者自立支援担当(第2庁舎2階)

Tel:026-224-7529

Fax:026-224-8377

より良いホームページにするため、皆さまのご意見をお聞かせください
このページの情報は役に立ちましたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?

このページに対するご意見・ご要望を記入してください(個人に関する情報は記入しないでください)。
なお、お答えが必要なご意見等はこちらではお受けできません。直接担当部署または市へのご意見・ご提案へお願いします。

※いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします

このページに関するお問い合わせ先
生活支援課
Tel:026-224-7529
Fax:026-224-8377
お問い合わせはこちらから

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

前のページに戻る ページトップに戻る