ページの先頭です。
メニューを飛ばして本文へ
-
-
-

検索コーナー

本人通知制度の実施について

  • 印刷用ページを表示する
  • 更新日:2016年1月1日更新

住民票等の写し等の不正取得に係る本人通知制度の実施について

 長野市では平成26年11月1日から、住民票の写し等の不正取得が行われたことが明らかになった場合に、本人の権利や利益を保護し、不正取得の抑止を図るため、不正取得されたご本人にその旨を通知する制度を導入いたしました。

通知する場合

  • 住民基本台帳法第47条第2号または戸籍法第133条に規定する罰金に処せられた場合若しくは戸籍法第134条の規定により過料に処せられた場合
  • 国や地方公共団体の機関からの通知により、不正取得が行われたことが明らかになった場合

通知の対象となる証明書

  • 住民基本台帳法に規定する住民票等
  • 戸籍法に規定する戸籍(除籍)全部事項証明書等

 

より良いホームページにするため、皆さまのご意見をお聞かせください
このページの情報は役に立ちましたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?

このページに対するご意見・ご要望を記入してください(個人に関する情報は記入しないでください)。
なお、お答えが必要なご意見等はこちらではお受けできません。直接担当部署または市へのご意見・ご提案へお願いします。

※いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします

このページに関するお問い合わせ先
〒380-8512 長野市大字鶴賀緑町1613番地 第一庁舎2階
証明担当
Tel:026-224-7238
Fax:026-224-7631
お問い合わせはこちらから
前のページに戻る ページトップに戻る