ページの先頭です。
メニューを飛ばして本文へ
-
-
-

検索コーナー

非課税所得

  • 印刷用ページを表示する
  • 更新日:2018年6月5日更新

 

 

非課税所得

 

 

 次のような所得は、収入金額の多少にかかわらず非課税所得として他の所得と区分され、課税の対象になりません。

 

代表的な非課税所得

  1. 傷病者や遺族などの受け取る恩給、年金(遺族年金)や障害者年金など
  2. 給与所得者の出張旅費、通勤手当(通勤手当は最高月額15万円まで)
  3. 損害保険金、損害賠償金、慰謝料など
  4. 雇用保険の失業等給付、健康保険や国民健康保険の療養給付など
  5. 障害者等の少額預金(元本の合計額が350万円まで)及び少額公債(額面の合計額が350万円まで)の利子

 

 ※ 非課税所得を申告する際は、市民税県民税申告書の「非課税所得」欄に収入金額を記載してください。
   誤って課税所得の欄に記載しないようご注意ください。(例えば、遺族年金を「公的年金等」の欄に記載する など)

より良いホームページにするため、皆さまのご意見をお聞かせください
このページの情報は役に立ちましたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?

このページに対するご意見・ご要望を記入してください(個人に関する情報は記入しないでください)。
なお、お答えが必要なご意見等はこちらではお受けできません。直接担当部署または市へのご意見・ご提案へお願いします。

※いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします

このページに関するお問い合わせ先
〒380-8512 長野市大字鶴賀緑町1613番地
第一庁舎三階
直通
Tel:026-224-5017
Fax:026-224-7346
お問い合わせはこちらから
前のページに戻る ページトップに戻る