ページの先頭です。
メニューを飛ばして本文へ
-
-
-

検索コーナー

間伐の実施について

  • 印刷用ページを表示する
  • 更新日:2011年10月1日更新

間伐を実施しましょう!

人工林には間伐が必要です!

 森林は、水を蓄える、土砂の流出を抑える、二酸化炭素を固定する、安らぎの場となるなど、私たちの生活を豊かにする様々な働きをしています。このような働きのことを、森林の「公益的機能」と呼びます。しかし、人の手で植栽されたスギ、カラマツなどの人工林は、間伐を中心とした手入れを行わないと、公益的機能を充分に発揮できません。

あなたの山林の様子はどうですか?

 山林を所有している方は、林の様子を下の写真と比べてみてください。混みあっている、下草が少ない、最後に間伐を行ってから10年?20年以上たつ様な林は、早めの間伐をおすすめします。

間伐が行われていない森林

間伐の行われていない森林の写真

・森林の中は真っ暗。
・木が植えられたままの間隔でびっしりとはえている。
・木の成長が悪く、直径が細い。
・地面には草や低木がほとんどない。
・木が細く弱いため、風倒や雪折れの危険がある。
・土や水を守る能力が低い。
・生育する動植物が少なく、自然環境として貧弱。

間伐が充分に行われた森林

間伐の行われている森林の写真

・森林の中は明るい。
・木と木の間隔が比較的開いている。
・木の成長が良い。
・木の下には草や低木が適度にはえている。
・木が太く、風や雪に強い。
・水や土を守る能力が高い。
・生息する動植物の種類が多く、自然環境として優れている。

間伐を補助する制度があります!

国、県、市では、間伐の推進のため様々な補助制度を用意しています。これらの補助制度を利用することで、山林所有者は軽い負担で間伐を実施することが出来ます。

間伐に関するご相談は、森林整備課までお願いします。



より良いホームページにするため、皆さまのご意見をお聞かせください
このページの情報は役に立ちましたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?

このページに対するご意見・ご要望を記入してください(個人に関する情報は記入しないでください)。
なお、お答えが必要なご意見等はこちらではお受けできません。直接担当部署または市へのご意見・ご提案へお願いします。

※いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします

このページに関するお問い合わせ先
〒380-8512 長野市大字鶴賀緑町1613番地
直通
Tel:026-224-5040
Fax:026-224-7818
お問い合わせはこちらから
前のページに戻る ページトップに戻る