ページの先頭です。
メニューを飛ばして本文へ
-
-
-

検索コーナー

先輩職員からのご案内

  • 印刷用ページを表示する
  • 更新日:2016年8月3日更新

私たちと一緒に働きませんか?

(保育士) 保育・幼稚園課 豊野さつき保育園 前島桃子(平成27年度入庁)

 保育士は体力仕事ですが、子どもたちからたくさんのエネルギーをもらい、やりがいのある仕事です。毎日の保育では、生まれてきた生命の大切さを感じたり、子どもの心と体の成長が見られたりします。子どもの成長を間近で見られるときが、保育士をやっていて本当によかったと感じるときです。保育士を目指す皆さんとこの感動を共有し、一緒に働けることを楽しみにしています。

保育園児と遊ぶ前島桃子保育士 

 

(土木職) 河川課 櫻井健大(平成26年度入庁)

 河川課は、浸水被害解消のための雨水排水路の整備などを行っています。その中で私の担当業務は、工事の設計監督などです。現地の測量調査や地域の人との協議など苦労も多いですが、完成後に設計したものが形になり、地域の人から感謝の言葉を頂くととてもうれしく、やりがいを感じます。このような仕事に興味を持たれたら、ぜひ一緒に働きませんか。

工事現場の状況を確認する櫻井健大技師

 

(消防士) 消防局 春日理帆 (平成24年度入庁)

  「身近で女性の消防隊員を見かけたことがないけれど、女性も消防隊はできるのだろうか?」そんな疑問がきっかけでこの仕事に興味を持ち、今では長野市消防局で数少ない女性職員の一人として働いています。女性も男性と同じように、市民のみなさんの生命、身体及び財産を火災から保護するため日々訓練を重ね、消防車両を運転したり、火災現場でも第一線で放水をすることができます。

 消防局全体を見ても女性の消防職員はまだ少人数ですが、近年はこの仕事を志す女性が増えています。男女関係なくこの仕事に興味を持っていただき、一緒に働くことができたら嬉しいです!

春日理帆消防士

 

(土木職) 農業土木課 立野菜緒(平成23年度入庁)

 人や物の流れを活発にする道路整備や豪雨からまちを守る河川整備、おいしい水を提供する水道整備など、市民の皆さんが安心して暮らせるまちづくりを進めることが私たち技術職の使命です。具体的には、現場の測量を行い設計図面を作製し、工事発注、現場監督までを担います。ゼロから100まで現場のすべてを任されるため苦労を伴いますが、構造物が完成し地域の皆さんに「ありがとう」と言っていただいたときはとてもうれしいです。ものづくりの醍醐味(だいごみ)を味わえる技術職は、やりがいのある仕事だと感じています。

 女性の技術職員はまだまだ少人数ですが、近年は技術職を志す女性が増えています。男女の垣根を取り払い、多くの人に技術職について興味を持ってもらい、一緒に働くことができたらうれしいです。

先輩職員の仕事の様子

 

(化学職) 上下水道局浄水課 矢島悠一(平成27年度入庁)

 大学院を修了してから3年間、東京で公務員として働いていましたが、地元の長野市に戻って地域に密着した仕事がしたいと考え、長野市役所への転職を決めました。

 私たち化学職の仕事は、保健所・浄水場・浄化センターでの水質分析業務や、環境部での事務などです。

 私は現在、水質分析の業務に就いています。大学で学び、研究した水環境分野に関連する業務なので、とても面白いです。また、先輩職員は知識や経験が豊富で、とても刺激になります。市民の皆さんが安心して水道水を飲むことができるように、がんばりたいです。

 化学職は、理系の知識を生かして仕事に取り組むことができます。環境問題や水質・衛生問題に取り組みたい人は、ぜひ一緒に働きましょう。

先輩職員の仕事の様子

 

 

就職情報サイト(おしごとながの)

 就職情報サイト(おしごとながの)では、先輩職員の一日を掲載しています。こちらもご覧ください。

 就職情報サイト(おしごとながの)


より良いホームページにするため、皆さまのご意見をお聞かせください
このページの情報は役に立ちましたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?

このページに対するご意見・ご要望を記入してください(個人に関する情報は記入しないでください)。
なお、お答えが必要なご意見等はこちらではお受けできません。直接担当部署または市へのご意見・ご提案へお願いします。

※いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします

このページに関するお問い合わせ先
〒380-8512 長野市大字鶴賀緑町1613番地 第二庁舎4階
直通
Tel:026-224-5003
Fax:026-224-7964
お問い合わせはこちらから
前のページに戻る ページトップに戻る