ページの先頭です。
メニューを飛ばして本文へ
-
-
-

検索コーナー

現在地 トップページ > 分類でさがす > 市民の皆さんへ > 消費生活情報 > 消費者啓発 > 震災に便乗した「悪質商法」や「詐欺」にご注意ください

震災に便乗した「悪質商法」や「詐欺」にご注意ください

  • 印刷用ページを表示する
  • 更新日:2015年12月1日更新

 平成26年11月22日に発生した長野県神城断層地震で被害に遭われたみなさまに、心よりお見舞い申し上げます。
 過去の震災では、被災者の不安につけ込む悪質商法や、被災地を支援したいという善意の心を悪用する詐欺が発生していますので、十分ご注意ください。実際にあった事例を紹介します。

住宅修理サービスなどの「訪問販売」 にご注意!

  • 突然自宅を訪問してきて、「屋根の瓦が壊れている」、「すぐに修理しないと大変なことになる」などと不安をあおり、不必要な工事をさせ、後で高額な費用を請求する。
  • 「家屋の耐震診断をします」というチラシを配布して勧誘し、高額な契約をさせる。
  • 電力会社を名乗った者が「地震後の点検です」と訪問し、修理と称して高額な費用を請求する。

対処法

  • その場ですぐに契約せず、家族や近所に相談してから決めましょう。
  • 知らない事業者が突然訪問してきても、すぐに家に入れたりしないで電話番号を聞き、あらためて連絡するようにしてください。
  • 契約の前に他の事業者からも見積りを取り、比較してみましょう。

「地震災害の保険申請を代行します」 にご注意!

  • 「契約している損害保険会社への申請は当社が代行するので、震災で破損した所を修理しないか」と勧誘され、申し込むと、修理代金を前払いで請求され、契約書面は交付されない。
  • 前払いで修理代を支払ったのに工事をしない。解約を申し出ると高額な違約金を請求される。
  • 「全額保険で修理できる」と言われたのに高額な自己負担が発生した。

対処法

  • 事業者の説明を鵜呑みにせず、必要のない勧誘はきっぱり断りましょう。
  • 契約している保険の内容は自分で確認し、わからないときは保険会社に相談しましょう。
  • 訪問販売や電話勧誘販売で契約した場合は、クーリング・オフできることもあります。

義援金詐欺 にご注意!

  • 実在する福祉団体や報道機関、公的機関を思わせる名称をかたって、「自宅を訪問する」、「ハガキを送る」、「電話をする」などの方法で義援金名目のお金をだまし取る。

対処法

  • 個別に募金を求められた場合は、募金先が信頼できる団体かどうか必ず確認しましょう。
  • 少しでも不安に感じたら、すぐに応じたりせず、最寄りの警察か消費生活センターに相談してください。

問い合わせ先

 長野市 消費生活センター 
 長野市新田町1485-1 もんぜんぷら座4階
 Tel 224-5777


より良いホームページにするため、皆さまのご意見をお聞かせください
このページの情報は役に立ちましたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?

このページに対するご意見・ご要望を記入してください(個人に関する情報は記入しないでください)。
なお、お答えが必要なご意見等はこちらではお受けできません。直接担当部署または市へのご意見・ご提案へお願いします。

※いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします

このページに関するお問い合わせ先
〒380-0385 長野市大字南長野新田町1485番地1 長野市もんぜんぷら座4階
直通
Tel:026-224-5777
Fax:026-223-1818
お問い合わせはこちらから
前のページに戻る ページトップに戻る