ページの先頭です。
メニューを飛ばして本文へ
-
-
-

検索コーナー

現在地 トップページ > 分類でさがす > 市民の皆さんへ > 税金 > 公売 > 落札後の手続き(不動産)

落札後の手続き(不動産)

  • 印刷用ページを表示する
  • 更新日:2016年4月1日更新

落札後の手続きについて 

長野市への電話連絡をお願いします

公売終了後に長野市が落札者(最高価申込者)などへメールを送信し、その物件の区分番号、引渡し時の必要書類などをお知らせします。
メールを確認後、できるかぎり早く長野市(下記連絡先)へ電話連絡し、権利移転手続についての説明を受けてください。

買受代金などの納付

  1. 落札価格-公売保証金額=納付する金額(買受代金)
  2. 登録免許税相当額

買受代金の納付方法

  • 長野市の指定する口座へ銀行振込
  • 現金書留による送付(金額が50万円以下の場合)
  • 郵便為替による納付(郵便為替証書は発行日から起算して175日を経過していないものに限ります。また、郵便為替証書は書留郵便にて長野市に送付してください)
  • 現金または銀行振出小切手を直接お持ちいただく(小切手は長野手形交換所管内のもので、かつ振出日から起算して8日を経過していないものに限ります。受付時間は平日の午前9時から午後5時までです)

※ 必要な費用は、一括にて納付してください。また、買受代金納付期限までに、長野市が納付を確認する必要があります。
※ 上記以外に必要な書類の郵送料、振込手数料、その他所有権移転などに伴う費用は落札者の負担となります。

提出いただく書類

  • 長野市から落札者の方へ送信したメールをプリントアウトしたもの
  • 落札者が個人の場合、住民票の写し
  • 落札者が個人の場合、公的機関が発行した身分証明書のコピー(運転免許証のコピー等)
  • 落札者が法人の場合、商業登記簿謄本
  • 所有権移転登記請求書
  • 郵便切手1,000円程度(登記識別情報通知書の郵送料)
  • 収入印紙(登録免許税の納付で使用しますが、不動産の評価額に応じて登録免許税額が変わります)
  • 地方税法第422条の3通知書(評価証明書) 
  • 共有合意書(共同入札の場合のみ)
  • 権利移転の許可証または届出受理書(農地の場合)

様式の印刷はこちら

※上記書類については、買受代金納付期限までに長野市へ提出してください。

物件の権利移転について

権利移転手続

長野市が買受代金の納付および必要書類の到着を確認した後に、権利移転の手続(所有権移転登記等の嘱託)を行います。所有権移転の登記手続完了までには、開札日より1ヵ月程度の期間を要します。
所有権移転の際に「売却決定通知書」の正本が必要な場合がありますので、長野市でいったん「売却決定通知書」を預ることがあります。なお、預った「売却決定通知書」は登記完了後、返還します。

※ 長野市は落札者への不動産登記簿上の所有権移転の登記は行いますが、実際の物件の引き渡しは行いません。

落札者(落札者が法人の場合は代表者)以外の方が権利移転手続を行う場合

落札者本人(落札者が法人の場合はその代表者)が買受代金の納付または公売物件の引き取りを行えない場合、代理人が買受代金の納付または公売物件の引き取りを行えます。その場合、委任状、落札者本人の印鑑証明および代理人の本人確認書面が必要となります。

※ 落札者が法人で、法人の従業員の方が納付または引き取りを行う場合もその従業員が代理人となり、委任状が必要となります。

権利移転の時

買受代金を納付した時点で、その物件の所有権などの権利は落札者に移転します。

※ 公売物件が農地の場合は、都道府県知事などの許可を受けた時点となります。

※ 落札後の手続におきましては、必ず落札後の注意事項をご確認ください。


より良いホームページにするため、皆さまのご意見をお聞かせください
このページの情報は役に立ちましたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?

このページに対するご意見・ご要望を記入してください(個人に関する情報は記入しないでください)。
なお、お答えが必要なご意見等はこちらではお受けできません。直接担当部署または市へのご意見・ご提案へお願いします。

※いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします

このページに関するお問い合わせ先
〒380-8512 長野市大字鶴賀緑町1613番地
長野市役所第一庁舎3階
特別滞納整理室
Tel:026-224-8418
Fax:026-224-7346
前のページに戻る ページトップに戻る