合併直前の鬼無里村ホームページをアーカイブとして掲載しています。掲載されている内容は最新の情報ではなく、更新されませんのでご注意ください。また、ご覧になれないページもございますがご了承ください。

鬼無里で伝説・文学してみませんか

[[[■鬼女紅葉(きじょもみじ)
 今から千年ほど前のこと、会津の伴笹丸・菊世夫婦は第六天の魔王に祈って娘呉葉(くれは)を授かりま
した。娘が才色備えた美しい女性に成長したとき、一家は都に上って小店を開き、呉葉は紅葉(もみじ)と
名を変えて琴の指南を始めました。
 ある日、紅葉の琴の音に足をとめた源経基(みなもとの つねもと)公の御台所は、紅葉を屋敷に召して
侍女といたしました。紅葉の美しさ経基公の耳にも届き、公は紅葉を召して夜を共にしました。経基公の子
を宿した紅葉は、公の寵愛を自分のものだけにしようと、邪法をつかい御台所を呪い殺そうと謀りました。
しかし比叡山大行満津師の法力で企みが露出し、紅葉は捕えられ、経基公は生まれ来る子を哀れんで、
罪を減じて彼女を信濃戸隠へ流しました。
 信濃に至り、川をさかのぼると、根上り(ねあがり)の山里に出ました。「我は都のもの。御台所の嫉妬で
追放の憂き目にあいなった」と語る麗人を純朴な里人は哀れみ、内裏屋敷を建てて住まわせました。紅葉
は喜び、里人が病に苦しむと占いや加持祈祷をもって病を治してあげたのでした。
 紅葉は、付近の里に東京(ひがしきょう)、西京(にしきょう)、二条、三条、四条、五条などの名をつけて
都を偲んでおりましが、月満ちて玉のような子を産むと、一目経基公に見せたい思いにかられました。そし
て、兵を集め、力ずくで都へ上ろうと考えました。
 そこで、良く尽してくれた根上りの里人には「経基公より迎えが参ったので京にもどります」と言いおき、
戸隠の荒倉山の岩屋に移ると、戸隠山中の山賊を配下にし、村々を襲わせて軍資金を集めました。
 その悪事が冷泉天皇の知るところとなり、天皇は平維茂(たいらの これもち)に紅葉討伐を命じました。
維茂軍は山賊どもを打ち破り、紅葉の岩屋へ押し寄せますが、紅葉が妖術をつかうと、たちまち道に迷
いました。妖術を破るには神仏の力にすがるよりほかないと維茂は悟り、別所温泉北向観音堂に籠って満
願の日に一振りの宝剣を授かりました。意気あがる維茂軍を、またも紅葉は妖術で退けようとしましたが、
術が利きません。やむなく雲に飛乗って逃げ出ました。
 このときに、維茂が宝剣を大弓につがえて放つと、紅葉の胸に刺さり、紅葉は地面に落ちて息絶えました。
享年33歳と伝わります。
 維茂は水無瀬(みなせ)の厳上に一堂を建立し、紅葉の持仏の地蔵尊を祀り、五輪塔を建てて「釜石紅
葉大禅尼」の法名をおくり紅葉の菩提を弔いました。

[[[■岩下の機織石(いわしたのはたおりいし)
 戸隠の西方の山中に岩下という人里がある。その里の近くを流れている
裾花川のほとりの西に「機織石」と呼んでいる大きな岩がある。
 それはちょうど機織のときに使う道具の「杼石(ひいし)・筬石(おさいし)・
ちぎり石」にそれぞれの形がよく似ているところから名づけられたものだと
いうことである。
 それらの名は、雨が降りだそうという天気状況になると、カラカラと音をた
てることがあって、その音が機を織るときの音とよくにていることから、土地
の人たちは「機織石」と呼ぶようになったと伝えていて、この音が聞えると、
晴れていた空もいつのまにか曇ってきて、2・3日のうちには必ずといって
よいほど雨が降ったというこどである。
 これは天保5年(1834年)に佐久臼田の井出道貞が書いた名著「信濃の
奇勝禄(きしょうろく)」に紹介されている信州の代表的な伝説のひとつである。
機織石

一夜山 [[[■一夜山の鬼(いちやさんのおに)
 昔むかし、天武天皇は信濃遷都を計画し、三野王(みぬのおう)、小錦下
釆女臣筑羅(うねめのおみつくら)らを信濃に遣わしました。使者は信州各
地を巡視して候補地を探し、水内(みのち)の水無瀬(みなせ)こそもっとも
都にふさわしい地相をそなえた山里だということになりました。そこでこの
地の図を作って奉り、天皇に報告しました。
 これを知った土着の鬼どもは大いにあわて、「都など出来たら俺たちの
棲み家がなくなってしまう」「都が出来ぬよう、山を築いて邪魔しよう」と、す
ぐさま一夜で山を築いてしまいました。
これでは遷都はできません。鬼を憎んだ天皇は、阿部比羅夫(あべのひら
ふ)に命じて、鬼どもを退治させました。
 このときから、この山里に鬼は居無くなり、鬼無里(きなさ)と呼ばれるよ
うになりました。

[[[■夫婦石(めおといし)
 上水内郡鬼無里村檜木沢の、北安曇郡との郡境となる嶺方峠には道を
はさんで2つの大石があり、夫婦石と呼ばれ、縁結びの神様として信奉さ
れてきました。結婚したい者が安曇側の石に腰かけ、水内側の石に手を
触れると水内から嫁や婿を迎えることができ、水内側の石に腰かけて安
曇側の石に手を触れると、安曇から嫁や婿を迎えることができると言われ
ておりました。
 あるとき、村人の一人がこの山道を通ると、谷底から泣き声がしました。
何事かと下りると、なんと見覚えある夫婦石の一つが落ちているではあり
ませんか。村人は里へもどって仲間を集めもとの場所にもどしてあげました。
 夫婦石は、やはり不思議な力を持った石だったのです。
夫婦石

木曽殿アブキ [[[■木曽殿アブキ(きそどのあぶき)
 木曽殿アブキは、裾花川源流部にある間口60メートル・奥行20メートル
の巨大な岩屋です。江戸時代の「信濃の奇勝録」によれば、昔はもっと大
きくて「経80間(約145m)、奥の深さ40間(約73m)もあり、岩屋の上から水
簾(すいれん)の滝が落ちていた」そうです。
 木曽義仲は北陸進攻の際、この岩屋に兵馬300騎を休めて、野営し、
木曽殿アブキの名はそれゆえと伝わります。(アブキはアイヌ語で岩窟の
意という説も)

[[[■「浦見(うらみ)の山」歌碑
  たづねばや 心のすゑは しらずとも
   人をうらみの 山のかよひぢ

 鎌倉時代、藤原長清が撰集した夫木和歌抄(ふぼくわかしょう)におさめ
られた、授三位為実の歌です。同時代の歌論書「八雲御抄(やくもみしょう)
」に浦見の山は信濃とあります。さらに江戸時代の善光寺道名所図会は、
浦見の山は、土倉村嶺(とうげ)を越えて戸隠山を右に見て、鬼無里から越
後ヘ抜ける間道より見たものと論じています。
 歌の意味は、「人の心は、どのように変ってゆくかわからない。たとえ行く
道が険しく、その先につらく厳しい現実があるとしても、わたしは、つれなくな
ってしまったあなたの元を訪ねようと思う。」 書は岡野弘彦先生です。
「浦見の山」歌碑

万葉歌碑 [[[■万葉歌碑
庭立麻手刈干布暴
東女乎忘賜名
(庭に立つ麻手刈り干し
布さらす
東女を忘れたまうな)

 昔、鬼無里には「麻蒔(おま)き桜に肥辛夷(こぶし)」の農事暦があり、
里人は、コブシの花がほころぶ頃、畑に肥料を撒き、山桜の花の頃、麻
の種を蒔きました。
 麻は重要な換金作物でしたが、化学繊維の普及などにより、今日、鬼
無里に麻畑はありません。しかし昔の人が雪国のハンデを逆手にとった
雪晒(ゆきざら)しで最上の畳糸を生みだし、その畳糸が鬼無里に繁栄
をもたらしたことを、鬼無里の人が忘れることはないでしょう。 書は松本
出身の上篠信山先生です。

[[[■「月夜の陵(はか)」詩歌
 内裏屋敷跡から山道を100メートルほど登った高台に、天武天皇時代、
都造営のための検地使者としてこの地に赴いて客死した皇族某(なにが
し)のものと伝わる古墳があり、月夜よの陵という美しい名が伝えられて
います。
 詩人田中冬二は鬼無里を訪れてこの伝承を知り、詩を作りました。

信州戸隠や鬼無里は はやい年には
十一月に もう雪が来る 鬼無里に月夜の陵といふ古蹟がある
白鳳の世に 皇族某(なにがし)が故あって
此処に蟄居したが その墳墓(ふんぼ)と云はれてゐる
その史実はもとより伝説さヘ 日に日忘却されやうとしてゐる
月夜の陵 何といふ美しく また悲しい名であろう

詩碑の揮毫(きごう)ほ、堀辰雄氏夫人多恵子先生です。
「月夜の陵」詩碑

大龍寺御詠歌碑 [[[■大龍寺御詠歌碑(だいりゅうじごえいかひ)
 大龍寺御詠歌は、「大湖の水が涸れた時、湖に棲んでいた大龍は
大岩に変った。岩の中に光る石があり、これを祀った堂が大龍寺の
始まり」との寺伝を詠ったものです。

大龍の腮(あぎと)の玉の光そふ 甍ならびし寺のとふとさ

 大龍寺は、平安時代に戸隠山の僧栄誉(えいよ)が現在の鬼無里村
町の高台に創建し、戦国時代、僧祐聖(ゆうしょう)が中興。天台宗本山
東叡山寛永寺直系として、高僧が住職に就く格の高い寺でしたが、昭和
15年焼失しました。
 御詠歌は信濃新四国札所としての大龍寺のもので、信濃新四国札所
は、江戸後期、大原村(現信州新町)の駒込伊兵衛(こまごめいへい)が、
四国八十八ケ所と坂東 西国・秩父百番観音霊場の計174ケ所の土を信
州の174寺に移土して始まりました。大龍寺には四国四十七番八坂寺の
土が移されました。

[[[■川端康成文学碑
 ノーベル文学賞受賞者川端康成は、鬼女紅葉伝説に興味をいだき、昭和
11年11月22日、鬼無里を訪れました。松巌寺境内の文学碑は、碑陰にその
紀行を記した小説『牧歌』の一説を刻み、碑文には、川端がノーベル文学賞
記念講演「美しい日本と私」の冒頭で引用した道元(どうげん)の和歌を川端
の自筆で刻んでいます。

春は花 夏ほとととぎす
秋は月 冬雪さえて
冷(すず)しかりけり
川端康成文学碑

舟繋ぎの樹の詩碑 [[[■舟繋(ふなつな)ぎの樹の詩歌
 寛政元年(1780)初夏、松代の長国寺(ちょうこくじ)(松代藩主真田家菩提寺)
住職千丈実巌(せんじょうじつがん)は、松巌寺で行われた戒会(かいえ)で戒師
(かいし)を勤めた帰途、中田の十二明神で興を休め、里人より茶菓のもてなしを
受けました。この折り実巌ぼ「船繋ぎの樹」の伝承を聞いて、創った詩がこれです。

傳聞盤古代 山聳燗泥中
  曾有停船客 今留繋纜蹤
  藤縄掛神木 雲氣接竜宮
  堪感滄桑変 誰能究劫空

(伝え聞く盤古の代 山答ゆ周泥の中
曾(かつ)て船を停め客有り 今、纜(ともすな)を繋ぎし蹤(あと)を留む
藤縄を神木に掛け 雲気竜官に接す
滄桑(そうこう)の変を感ずるに堪(たえ)たり 誰か能(よ)く劫空を究めん)
書は永平寺貫主の丹羽廉芳師

[[[■舟繋ぎの樹(ふなつなぎのき)
中田の十二神社は、鬼無里の谷が湖であった時に湊だった所で、南西
ヘ直線距離で7.5キロメートル離れた飯綱神社(現小川村飯綱山頂)と結
ぶ渡し船があったそうです。神社には根回り三丈八尺(11.5m)の槻の木
(ケヤキの古名)があって、舟の纜(ともづな)をこれに繋いだところから
「舟繋ぎの樹」と呼ばれました。
十二神社の紋章が「帆かけ船」で、鳥居を「波よけの鳥居」と呼ぶのもこ
の故事からです。代々の槻の木の子孫である大ケヤキは、太い藤蔓を
幹と枝に巻きつけて天にそびえています。
十二神社の別名は藤の宮。
舟繋ぎの樹

もどる