前のスライドを表示
次のスライドを表示
 
前のスライドを表示
次のスライドを表示
 
前のスライドを表示
次のスライドを表示

ホーム > 市政情報 > 施策・計画 > 都市ブランディング > みらながプロジェクト > みらながプロジェクト・第1回ワークショップを開催しました!

更新日:2024年2月16日

ここから本文です。

みらながプロジェクト・第1回ワークショップを開催しました!

長野市では、都市ブランド(提供価値)を創出するための取組、「みらいの ながのを えがこうプロジェクト(略称:みらながプロジェクト)」を推進しています。

みらながプロジェクトロゴ1

プロジェクトの取組の一環である、ワークショップでは、市民の皆さんが誇りと愛着をもち、市内外から「選ばれる都市」として存在感を高めていくため、都市イメージづくりに向けて、多角的な視点からキーワード、アイディアを集めています。ワークショップは全4回開催します。

第1回ワークショップの様子

第1回ワークショップは、下記の日程で若手経営者・起業家などの若手プレイヤー、市長、市職員の計15名で実施しました。
​荻原市長も一人のプレイヤーとして参加し、長野市の魅力、未来に残したい価値などを参加者と一緒に考えました。

  • 日時:令和4年10月11日(火曜日)午後1時から午後3時まで
  • 場所:信州・学び創造ラボ(県立長野図書館3階)

集合写真市長挨拶

ファシリテーターはワークショップデザイナーとして経験豊富な、荒井慶悟さん。
まずはアイスブレイクで、参加者の緊張をほぐしていきます。
トークフォークダンス形式(フォークダンスのように一人ずつ交代していく形式)で自己紹介を行いました。
ファシリテーター トークフォークダンス

空気が和らいできたところで、グループに分かれて、長野市に暮らす背景や、暮らしてよかったこと・惜しいと思うことについて対話をしました。
参加者の皆さんの長野市に対する思いが少しずつ見えてきました。
グループ対話1 グループ対話2

ひとりひとり集中して、長野市らしさについて発想をひろげる個人ワークも。
自然との関わり・働く魅力・暮らしやすさなどの視点から連想するキーワードを次々と広げていき、長野市の魅力の新たな発見につながりました。​
個人ワーク1 個人ワーク2

個人ワークでアイディアを広げたところで、

  • 自分の考える長野市らしさ
  • 未来に残したくない、見たくない、らしくない長野市
  • 未来の子どもにプレゼントしたい長野市

についてグループディスカッションを行い、さらにアイディア・イメージを広げていきました。
皆さんのアイディアが各テーブルの模造紙いっぱいに広がりました。
グループワーク1 グループワーク2 グループワーク3

参加者からのアンケート結果

グループ対話、ディスカッションなどのワークを踏まえ、ワークショップの最後に、参加者からアンケートを提出していただきました。

その主な意見・提案は以下のとおりです。

長野らしさのキーワードは?

  • 歴史の積み重ね、古き良き歴史・文化、リノベーション文化
  • ハブ機能を持つまち、東京へのアクセスの良さ、新幹線、高速道、東京に近い
  • 自然の豊かさ・近さ、ちょうどいい田舎・都会
  • 食、新鮮な野菜・果物、美味しい食べ物
  • 多様性、チャレンジ精神
  • あたたかさとゆるさ、楽しさ

未来のこどもが当たり前に思う「長野市らしさ」とは?

  • おいしい空気を吸ってのびのび暮らせるまち
  • 自然あふれる都市、自然豊かな田園都市
  • おいしい野菜・果物が身近にあり、自然豊かなまち
  • 市街地だけではなく、中山間地域も含めた多様性のある長野市
  • 山あり、街あり、面白い人あり
  • 多様性の受入れ文化
  • 人のあたたかみ

こどもの未来のために必要なものは?

  • 女性にも魅力的な就業機会
  • 自分が始めようとしていることを共有できる場
  • この地に根差す人がつくる場(飲食店、コミュニティ、店舗)
  • 長野市にとって当たり前のことを、他では当たり前ではないと理解・発見してくれる人
  • 変わったことをさせてもらえる空気感
  • 他者を受け入れる許容範囲の広さ、心の余裕
  • ヒト(クリエイター)、モノ(PR媒体)、コト(クリエイター同士がつながるシステム)
  • 安定した医療機関、中心部に象徴となる商業施設

ワークショップで出された意見・アイディアは、今後、都市ブランド(提供価値)の素材として活用していきます。

第2回ワークショップ「市外在住者」は、10月26日(水曜日)開催予定です。

みらながプロジェクトロゴ2

お問い合わせ先

企画政策部
企画課都市ブランド推進室

長野市大字鶴賀緑町1613番地 第一庁舎6階

ファックス番号:026-224-5103

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?