前のスライドを表示
次のスライドを表示
 
前のスライドを表示
次のスライドを表示
 
前のスライドを表示
次のスライドを表示

ホーム > 健康・医療・福祉 > 医療 > 感染症 > 新型コロナウイルス感染症関連情報 > 市民の皆さんへ > お知らせ > 新型コロナウイルス感染症の「みなし陽性(臨床診断)」の運用について

更新日:2023年3月11日

ここから本文です。

新型コロナウイルス感染症の「みなし陽性(臨床診断)」の運用について

新型コロナウイルス感染症の「みなし陽性(臨床診断)」の運用について

1.概要

「みなし陽性(臨床診断)」は、新型コロナウイルス感染者と同居等の濃厚接触者が有症状となった場合に、医師の判断により検査を行なわず臨床症状で新型コロナウイルス感染症と診断する取り扱いを言います。
この場合でも、抗ウイルス薬の使用や入院・宿泊療養が必要となる場合は、検査が必要となります。

リーフレット(みなし陽性(臨床診断)の取扱い)(PDF:471KB)

2.運用期間

令和4年8月5日(金曜日)から当面の間
※診療・検査機関への受診に一定の時間を要している間の臨時的措置です。

3.その他

  • 「みなし陽性」を実施するかどうかは医師が判断するもので、濃厚接触者ご自身が判断するものではありません。また、医療機関への受診が必要です。
  • 「みなし陽性(臨床診断)」が確定するまでは医療費の自己負担が生ずることがあります。

お問い合わせ先

保健福祉部
長野市保健所健康課感染症対策担当

長野市若里6丁目6番1号

ファックス番号:026-226-9982

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?