ページの先頭です。
メニューを飛ばして本文へ
-
-
-

検索コーナー

現在地 トップページ > 新型コロナウイルス感染症に関する情報 > 新型コロナウイルス感染症に関する長野市長メッセージ

新型コロナウイルス感染症に関する長野市長メッセージ

  • 印刷用ページを表示する
  • 更新日:2022年9月30日更新

~新型コロナウイルス感染症 Withコロナの新たな段階に向けて~市長メッセージ

 7月から9月にかけて全国的に感染が拡大し、県においては確保病床使用率が50%を超えたことを受け、8月8日に「医療非常事態宣言」を、8月24日には「BA.5対策強化宣言」を発出し、市内の新規感染者も8月19日には過去最多の817人となりました。

 市民・事業者の御協力や医療・福祉関係者の御尽力などにより、その後、感染者数は減少傾向となり、9月13日に「医療非常事態宣言」が「医療特別警報」へ、9月22日には「医療警報」に移行し、長野圏域の感染警戒レベルは「6」から「4」に引き下げられました。
 この間の関係各位の御理解・御協力に、改めて厚くお礼申し上げます。

 国は、Withコロナの新たな段階への移行に向け、オミクロン株対応ワクチンの接種推進、感染者自宅療養期間の短縮、9月26日からの感染者に関する全数届出の見直し等を決定しました。県もWithコロナを見据えた取組を進めるとしています。

 市内では未だに新規感染者数が多く、冬に向けて季節性インフルエンザの流行も危惧されるところです。コロナ禍で傷んだ社会経済活動を活性化していくためにも、国・県の方針も踏まえ、私から、市民・事業者の皆様に次の3点の御協力をお願いいたします。

1 「感染しない、させない」ため、適切なマスク着用・手洗い・換気・三密回避など、基本的な感染防止対策の徹底を継続してください。

2 「重症化や後遺症から守る」ため、その時に接種が可能なワクチンの速やかな接種(1回目~4回目)を検討してください。

3 発熱等の症状が見られたら外出を控え、高齢者等の重症化リスクがある方は早めに受診し、それ以外の方は自己検査や症状が続く場合の受診等により感染を確認し、医療機関等からの指導に基づき適切に療養してください。

長野市は、これからも国・県と連携し、感染状況に応じて、ながのビッグプレミアム商品券事業などの経済活性化対策も含め、できる限りの取組を実行してまいりますので、御理解と御協力をいただきますようお願いいたします。


                                         令和4年9月22日
                                         長野市長 荻原 健司

市長メッセージ動画

1.感染拡大防止の対策

​市民事業者の皆さまへのお願い

​ 体調がすぐれない場合の対応

  • 高齢者と基礎疾患がある方、症状の強い方は、速やかに、かかりつけ医等身近な医療機関へ相談の上、受診してください。
  • 高齢者以外で、基礎疾患がなく、症状が軽い方は、外出を控え、症状が続く場合は、かかりつけ医等身近な医療機関へ相談の上、受診してください。
  • 救急車や、休日・夜間の急病センター・救急外来は、症状が強く、急を要する場合に利用し、それ以外の場合には、平日の昼間に一般の医療機関を受診してください。【軽い症状の目安】歩ける、飲める・食べられる、息が苦しくない
  • 高齢者以外で基礎疾患がなく、症状が軽い方は、できるだけ自分で検査を行い、陽性となった場合は「長野市新型コロナ自己検査オンラインシステム」をご活用ください。
  • 高齢者施設等の利用者または従事者ご本人はもとより、同居のご家族に発熱等の症状がある場合は、施設の利用・従事をできるだけ控えてください。

基本的な感染防止対策の徹底

「ご自身が感染しない。他者を感染させない」ために、基本的な感染防止対策の徹底をお願いします。
高齢者や基礎疾患がある方と接する方は、特に十分な対策をお願いします。

  • 不織布マスクを正しく着用

 近距離(2m以内程度)で人と会話をするときや屋内では、不織布マスクを着用。
 屋外において近距離で会話しないときは、必ず着用いただく必要はありません。熱中症にも注意。

  • 手洗い・手指消毒
  • エアコン使用時もこまめな換気

 一般的な家庭用エアコンの多くは運転中の換気を行っていませんので、定期的に窓を2か所開けるなどの対策が必要です。自動車内でもこまめに換気してください。

  • 会話時等の人との距離(できれば2m、最低1m)の確保
  • 次の「三つの密」を避けることが感染リスクを低減します。

 (1)密閉空間(換気の悪い密閉空間である)、(2)密集場所(多くの人が密集している)、(3)密接場面(互いに手を伸ばしたら手が届く距離での会話や発声が行われる)

○マスクを外しての会話や換気が不十分な場所等、感染リスクの高い場面・場所をできるだけ避け、感染しない・感染させない行動を徹底してください。

  • 重症化リスクの高い方及びその同居者と身近に接する方は、特に注意してください。
  • 感染リスクの高い場面は、8・9ページの県作成リーフレットをご覧ください。

○家庭内でも日頃からこまめな換気・手洗いを行うとともに、同居の方に体調不良の方、濃厚接触者等がいる場合には、お互いにマスクを着用するなど十分注意してください。

新型コロナウイルス感染拡大防止チラシゼロ密を目指そうチラシ

​ワクチン接種の検討

○4回目接種の対象の方(60歳以上の方、基礎疾患を有する方等で、3回目接種から5か月を経過した方)は重症化予防のため速やかな接種を積極的に検討してください。
○3回目までの接種を受けていない方も、感染・重症化・後遺症予防のために、ぜひ接種をご検討ください。
○9月下旬から10月下旬にかけて、追加接種に使用するワクチンがオミクロン株対応型に順次切り替わりますが、現在使用しているワクチンでも重症化予防等一定の効果が得られますので、特に重症化リスクの高い方はオミクロン株対応ワクチンを待つことなく、今接種できるワクチンの速やかな接種をご検討ください。

社会活動を維持するためのお願い

状況に応じた「メリハリのある行動」(基本的な感染対策はとるが社会経済活動は継続する)を心がけてください。

会食
  • 県が呼びかける「新たな会食のすゝめ」に従い、「信州の安心なお店」等感染対策をとっている店を選び、大声での会話や長時間の利用を控えるなど、対策を講じてください。
  • 「マスク会食」や「黙食」は継続してください。

食べる時はマスクを外し、会話する時はマスクを着用する。マスクを着用しない場合は会話を控えてください。
   あらたな会食のすゝめ [PDFファイル/608KB]

旅行
  • 県が呼びかける「新たな旅のすゝめ」に従い、感染リスクが高い行動はできるだけ控え、基本的な感染防止対策を徹底するとともに、訪問先の都道府県等からの呼びかけに注意して行動してください。
  • 重症化リスクの高い方、重症化リスクの高い方と身近に接する方は特に注意してください。
  • ワクチン接種や検査の活用も検討してください。

   あらたな旅のすゝめ [PDFファイル/1.08MB]

イベント
  • 主催者の呼びかける感染防止対策にご協力いただくとともに、人混みなどの三密を避けてお楽しみください。イベント前後の感染防止対策もお忘れなくお願いします。
    イベント主催者は、県の通知に基づき感染防止対策を講じて開催してください。

ア  参加人数が5,000 人超かつ収容率50%超のイベントは「感染防止安全計画」を策定し、イベント開催日の2 週間前までを目途に県に提出
イ  ア以外のイベントについては、感染防止策等を記載した「チェックリスト」を作成の上、ホームページ等で公表するとともに、当該チェックリストを1 年間保管

○ 施設・店舗等では、業種別感染拡大予防ガイドラインに基づく感染防止対策を徹底してください。
○ 感染者が新たに療養を開始する際の検査結果を証明する書類や、感染者が職場復帰する際の陰性確認のための検査とその証明書を従業員に求めないようにお願いします。

長野市の取組

的確な状況把握と迅速な対策の強化

市内の感染状況を正しく把握するともに、県が発表する「感染警戒レベル」・「医療アラート」等を受け、市内の感染状況を正しく把握するとともに、時機を逸することなく適切な対策を行います。

外来診療の負担軽減

○ 重症化リスクが低い方に対する診療・検査医療機関受診前の自己検査を促進します。(診療・検査医療機関等に対しては、検査キットを配布)

○ 重症化リスクが低いと考えられる中学生以上65歳未満で医療機関の受診が必要ない方を対象に、「長野市新型コロナ自己検査オンライン登録システム」を継続します

・このシステムは、検査キットの入手方法にかかわらず、自己検査によって陽性となった場合に利用できます。

○ 診療・検査医療機関の増加や検査の実施拡大などへの協力を医療機関に要請します。

○ 感染者と同居等の濃厚接触者が有症状となった場合に、医師の判断により検査を行わず臨床症状で診断する「みなし陽性(臨床診断)」を継続します。

○ 医療機関、医療団体と緊密に連携し、当番医の拡充や診療状況に関する情報共有、必要な対策を検討する等、地域を挙げて外来診療の負担軽減に取り組みます。

入院医療体制の強化

〇 県と連携し、病床確保に取り組みます。

〇 高齢者など重症化リスクの高い感染者の適切な療養先の選定を進めます。

○ 県と連携し、入院している感染者の速やかな転院、退院に取り組みます。

○ 高齢者施設等での感染拡大の防止につながるよう抗原定性検査キットを配布または従業者等を対象とした検査に対して補助し、施設 における積極的な検査の実施を支援するとともに、感染者が発生した場合、速やかに感染拡大防止対策の実施を支援します。

ワクチン接種の実施

国及び長野県と連携し、関係機関や医療関係者の協力のもと、個別接種・集団接種により接種を希望する人の早期接種を進めます。

新型コロナウイルスワクチン接種に関する情報

市有施設等の対応

各施設の特性を踏まえ、利用制限や入場制限等を含め、施設利用者等の感染対策を徹底して利用を継続します。

学校・保育所等の対応

  • 学校においては、県の感染レベルに応じて、十分な感染症対策を行ったうえで、可能な限り教育活動を継続します。感染等に不安があり登校を見合わせる児童生徒や、学級閉鎖等により長期に渡ってやむを得ず登校できない児童生徒には、オンライン等を活用し、学びの保障を行います。
  • 保育所については感染防止策を講じた上で開所します。放課後子どもプラン施設においても同様とします。

​​市主催イベント等の対応

  • 大人数が集まるイベント等を開催する場合は、県の対応方針を踏まえ、感染防止安全計画又は  チェックリストの作成等所要の手続きを行い、消毒の徹底、マスクの着用等、基本的感染対策を講じた上で開催します
  • 集会や会議等の開催に当たっては、予めの意見聴取やリモートによる参加等の設定や不参加も許容されることの周知などを検討します。
  • 急激な感染拡大が生じた場合等にあっては、イベントの中止や施設の休館等が必要な場合も想定されるため急な事態にも常に備えることとします。

感染者への迅速な対応と感染拡大防止の徹底

  • 高齢者など重症化リスクの高い感染者の適切な療養先の選定を進めます。
  • 高齢者施設等で感染者が確認された場合、速やかに調査と必要な検査を実施し、感染拡大防止に努めます。

医療提供体制や検査体制の強化

患者の増加に備えた診療・検査医療機関及び入院医療機関の拡充、医療資材の供給等による医療提供体制の確保について、長野県と連携して取組を継続します。

市有施設等の対応

  • 各施設の特性を踏まえ、利用制限や入場制限等を含め、施設利用者等の感染対策を徹底して利用を継続します。
  •  施設における対策の徹底が困難な場合等には休止・休館等の措置を検討します。

学校・保育所等の対応

  •  学校においては、県の感染レベルに応じて、十分な感染症対策を行ったうえで、可能な限り教育活動を継続します。感染等に不安があり登校を見合わせる児童生徒や、学級閉鎖等により長期に渡ってやむを得ず登校できない児童生徒には、オンライン等を活用し、学びの保障を行います。
  • 保育所については感染防止策を講じた上で開所します。放課後子どもプラン施設においても同様とします。

市主催イベント等の対応

  • 大人数が集まるイベント等を開催する場合は、県の対応方針を踏まえ、感染防止安全計画又はチェックリストの作成等所要の手続きを行い、消毒の徹底、マスクの着用等、基本的感染対策を講じた上で開催します。
  • 集会や会議等の開催に当たっては、予めの意見聴取やリモートによる参加等の設定や不参加も許容されることの周知などを検討します。
  • 急激な感染拡大が生じた場合等にあっては、イベントの中止や施設の休館等が必要な場合も想定されるため急な事態にも常に備えることとします。

地域の支え合いによる消費の促進

国・県の事業者等に対する支援策と連携し、大きな消費の落ち込みの影響を受けている事業者を応援するとともに、地域の事業活動における消費の促進を支援します。

市の業務体制

  • 「新型コロナウイルス感染症対策」や「市民の生命・財産への影響が大きい業務」の執行体制を確実に確保した上で、これ以外の業務については、執務室のレイアウト変更、時差出勤やテレワーク等の実施により各所属の執務室における感染リスクの低減を継続します。
  • 会議の開催は、会場が密になることを避け、できるだけオンラインで行うものとします。

情報発信・広報

 市民に対し、正確かつ有効な情報を届け、適切な行動を促すため、感染拡大防止の対応等に係る機動的な情報発信に努めます。

感染症対策啓発ポスター(日本語・英語・中国語)

 長野市では、市民や観光客の皆さまに安心して店舗や施設をご利用いただける環境づくりの支援を目的に、新型コロナウイルス対策のポスターを作成しました。
 事業者の皆さんには、市民の皆さまが安心して店舗や施設を利用できますよう、ポスターをご活用いただくとともに、感染症対策にお取り組みいただきますようお願いします。

  新型コロナウイルス感染症対策ポスター日本語版

マスク会食啓発ポスター

 長野市では飲食店を利用される皆さまに「マスク会食」を啓発するためのポスター及び卓上ポップを作成しました。
 飲食店を経営される皆さまには、是非とも啓発ポスター等を店内に掲出していただき、お客様にマスク会食の啓発を促し、新型コロナウイルス感染防止に努めていただきますようお願いします。

  マスク会食啓発ポスター

より良いホームページにするため、皆さまのご意見をお聞かせください
このページの情報は役に立ちましたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?

このページに対するご意見・ご要望を記入してください(個人に関する情報は記入しないでください)。
なお、お答えが必要なご意見等はこちらではお受けできません。直接担当部署または市へのご意見・ご提案へお願いします。

※いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。

このページに関するお問い合わせ先
〒380-8512 長野市大字鶴賀緑町1613番地
直通
Tel:026-224-5006
Fax:026-224-5109
お問い合わせはこちらから

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

前のページに戻る ページトップに戻る