ページの先頭です。
メニューを飛ばして本文へ
-
-
-

検索コーナー

2020年3月のフォトニュース

  • 印刷用ページを表示する
  • 更新日:2020年3月30日更新

台風災害からの復旧・復興に向けて

 3月27日(金曜)、令和元年東日本台風災害における長野市災害復興計画案について、長野市災害復興計画検討委員会から答申を受けました。

 この計画案は、被災地区の住民の皆さんからの意見などを踏まえ、三つの基本方針「安全・安心の再生」「生業(なりわい)の再生」「賑(にぎ)わいの再生」を柱として、今後、おおむね5年間に取り組むべき施策などを体系的にまとめたものです。

 市では、この答申に基づき策定する計画を基に、被災された皆さんが1日も早く安心して暮らせるよう、全力で復旧・復興に取り組んでいきます。 

答申を受ける市長

子どもたちが議場で発表

 3月26日(木曜)、市役所で、長野市子ども議会を開催しました。

 市内の小・中学生と高校生総勢18人が、学校などでの活動を通して感じた意見や提案を発表したり、長野市のスポーツや観光などをテーマに、市議会の経済文教委員会委員と意見を交換したりしました。

子ども議会の様子

アンズの花が見頃です

 松代町東条では、アンズの花がきれいに咲いています。

 尼巌(あまかざり)山、奇妙山の南麓一帯に広がるアンズの花をお楽しみください。

東条のあんずの写真

  • 3月25日撮影

長野市の魅力を動画に

 3月23日(月曜)、長野市プロモーション動画コンクールの表彰式を行いました。

 このコンクールは、ながのシティプロモーションの一環として、本市の魅力を市内外に発信していくことを目的に実施したものです。今回、応募があった69作品の中から、最優秀賞を大蔦雅樹さん(写真中央)の作品、優秀賞を犬飼昌伸さん(写真右)の作品に決定しました。

 二つの動画は、ながのシティプロモーションのホームページで見ることができます。ぜひご覧ください。

ながのシティプロモーション(新しいウインドウが開きます)

表彰された二人

春の訪れを告げる黄色い花

 フクジュソウが見頃を迎えています。

 七二会地区や大岡地区のフクジュソウの群生地では、一面に咲いた黄色いフクジュソウを見ることができます。

七二会地区のフクジュソウの花

  • 七二会小坂集落のフクジュソウ(3月18日撮影)

バックヤードの動物を展示中

 茶臼山動物園では、3月29日(日曜)まで、特別展「バックヤードの動物たち」を開催しています。

 普段は展示していない、珍しい動物たちを見ることができます。

茶臼山動物園(新しいウインドウが開きます)

マタコミツオビアルマジロ

  • マタコミツオビアルマジロ

ナガクビガメ

  • オーストラリアナガクビガメ

今シーズンの結果を報告

 3月12日(木曜)、市スケート協会に所属し、国際大会に出場した選手や全国大会で優秀な成績を収めた選手が、今シーズンの結果報告のために来庁されました。

 選手を代表し、山中大地選手(写真中央)は、「今後も、それぞれの目標に向けチャレンジし、長野を盛り上げていきたい」とあいさつし、報告を受けた加藤市長は、「皆さんの活躍が長野に力を与えてくれている。さらに上を目指して活躍してほしい」と激励しました。

市長に決意表明する山中選手

選手たちの集合写真

親子で楽しめる動画を配信中

 こども広場「じゃん・けん・ぽん」は、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、3月31日(火曜)まで休業しています(電話での相談業務は実施中)。

 同施設では、開館時に行っている触れ合い遊びを家でも楽しんでもらえるようにと、休業期間中、フェイスブックで手遊びや歌などの動画を配信しています。ぜひご覧ください。

動画撮影をする職員

  • 動画撮影の様子

まちを彩るひな人形

 4月3日(金曜)まで、松代町内で「松代でひなまつり」が開催されています。

 期間中は、町内の文化施設や商店など約90カ所に、さまざまなひな人形が展示されていますので、まち歩きをしながら、お楽しみください。

松代のおひなさま

手洗い・うがいを心掛けましょう

 感染症を予防するために、まずは手洗い・うがいが重要です。

 小まめに手を洗うなど、できることから感染症予防対策を行いましょう。

手を洗っている写真

ロトウザクラが開花

 3月1日(日曜)、市立長野図書館のロトウザクラが開花しました。

 今年は、平年より17日ほど早い開花となり、記録のある中で最も早い開花日となりました。

咲き始めのロトウザクラ

  • 3月3日撮影

若者が長野について語り合う

 長野市は、県外の若者が市内に2週間ほど滞在し、企業などで仕事をしながら、長野の暮らしを体験する「ふるさとワーキングホリデー事業(ワーホリ@ながの)」を実施し、移住につながるきっかけづくりを行っています。

 2月29日(土曜)、この事業に参加し、滞在期間を終えた東京の大学生2人と地元の大学生などが集まり、鍋を囲みながら、それぞれの立場から見える「長野」について、熱く語り合いました。

学生たちが語っている様子

このページに関するお問い合わせ先
〒380-8512 長野市大字鶴賀緑町1613番地
直通
Tel:026-224-5004
Fax:026-224-5102
お問い合わせはこちらから
前のページに戻る ページトップに戻る