ページの先頭です。
メニューを飛ばして本文へ
-
-
-

検索コーナー

現在地 トップページ > 分類でさがす > 市民の皆さんへ > 教育・文化・スポーツ > 歴史・史跡 > ようこそ長野へ > 寺町商家利活用ワークショップに関するお知らせ
現在地 トップページ > 分類でさがす > 市民の皆さんへ > 教育・文化・スポーツ > 文化財 > ようこそ長野へ > 寺町商家利活用ワークショップに関するお知らせ
現在地 トップページ > 分類でさがす > 観光客の皆さんへ > 文化・スポーツ > 博物館・美術館 > ようこそ長野へ > 寺町商家利活用ワークショップに関するお知らせ

寺町商家利活用ワークショップに関するお知らせ

  • 印刷用ページを表示する
  • 更新日:2012年11月1日更新

寺町商家利活用ワークショップを開催しました

 1.開催のあらまし

1 日 時

下の表をご覧ください。(全4回)

時      間 

その他

第1回目

5月26日

(土曜日)

13時30分~17時30分   

 終了

第2回目

6月23日

(土曜日)

13時30分~17時00分 終了

第3回目

8月25日

(土曜日)

13時30分~17時00分 終了

第4回目

10月27日

(土曜日)

13時30分~17時00分

 終了

第5回目

12月15日

(土曜日)

14時00分~17時00分 終了

2 参加者

公募委員29人(現在、参加者の募集は行っていません)

3 開催の目的と成果

 長野市では、明治期初頭の商家(町屋)の暮らしぶりを伝える寺町商家(長野市所有)を文化財として一般公開するだけでなく、地域住民の相互交流や観光振興を目的とした「コミュニティレストラン」や土蔵ギャラリーとして利活用することを構想しています。

 この利活用構想を具体化し、本年度から始まる実施設計に反映させるため、施設の利活用をしてみたい方々の柔軟なご意見を求める機会としてワークショップを開催しました。

 寺町商家を保存することの意味と価値をどのように見出すか、「コミュニティレストラン」や土蔵ギャラリーとしてどのような利活用方法があるのか、参加者の皆さんからさまざまなご意見をいただきました。

 ※寺町商家(旧金箱家住宅):長野市松代町松代寺町1226‐2、1226-3

2.ワークショップ通信

当日の様子はこちらをご覧ください。

第1回目

第1回ワークショップ通信(表)

第1回ワークショップ通信(裏)

第2回目

第2回ワークショップ通信(表)第2回ワークショップ通信(裏)

第3回目

第3回ワークショップ通信(表)

第3回ワークショップ通信(裏)

第4回目

第4回ワークショップ通信(表) 第4回ワークショップ通信(裏)
第5回目第5回ワークショップ通信(表) 第5回ワークショップ通信(裏)

 



より良いホームページにするため、皆さまのご意見をお聞かせください
このページの情報は役に立ちましたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?

このページに対するご意見・ご要望を記入してください(個人に関する情報は記入しないでください)。
なお、お答えが必要なご意見等はこちらではお受けできません。直接担当部署または市へのご意見・ご提案へお願いします。

※いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。

このページに関するお問い合わせ先
〒380-8512 長野市大字鶴賀緑町1613番地
文化財保護担当
Tel:026-224-7013
Fax:026-224-5104
お問い合わせはこちらから
前のページに戻る ページトップに戻る