ページの先頭です。
メニューを飛ばして本文へ
-
-
-

検索コーナー

現在地 トップページ > 広報ながの > 文化財めぐり

文化財めぐり

  • 印刷用ページを表示する
  • 更新日:2015年8月31日更新

広報ながの2015年9月号掲載記事

八橋流筝曲(やつはしりゅうそうきょく)

  4人の女性がお琴をひいている様子

市指定無形文化財(平成15年指定)

  • 所在  松代町

 八橋流筝曲は、江戸時代初期に八橋検校(けんぎょう)が創始した流派で、古八橋流・新八橋流などがありましたが、衰退し、現在は松代に伝えられた系統だけが残っています。

 この筝曲は、八橋検校の直伝を受けた小野のお通(二代目お通)が、松代藩二代藩主真田信政に嫁いだことから松代に伝えられました。その後、八代藩主真田幸貫の時代には、学芸が奨励され、筝曲は藩士や子女のたしなみとして盛んになりました。

 明治以降、八橋流は衰え、戦後には、継承者が途絶えたとされましたが、真田志(し)んが伝承者であることが分かり、国の無形文化財保持者に認定されました。その後、娘の淑子が八橋流を継承し、現在は、門下生である八橋流筝曲保存会が、その特色ある筝曲を伝承しています。

  ※この文化財への行き方など詳しい情報は、 「文化財データベース」をご覧ください。 

記載内容に関するお問合せ

 文化財課

  • 電話番号 026-224-7013
より良いホームページにするため、皆さまのご意見をお聞かせください
このページの情報は役に立ちましたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?

このページに対するご意見・ご要望を記入してください(個人に関する情報は記入しないでください)。
なお、お答えが必要なご意見等はこちらではお受けできません。直接担当部署または市へのご意見・ご提案へお願いします。

※いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。

前のページに戻る ページトップに戻る