ページの先頭です。
メニューを飛ばして本文へ
-
-
-

検索コーナー

現在地 トップページ > 広報ながの > 災害は突然やってくる

災害は突然やってくる

  • 印刷用ページを表示する
  • 更新日:2015年8月31日更新

 広報ながの2015年9月号掲載記事

 災害は突然やってくる

9月1日は「防災の日」

 自然災害は、いつ、どこで起こるか分かりません。災害による被害を小さくするためには、日頃の備えと、災害時の適切な判断や落ち着いた行動が極めて重要になります。
 私たち一人一人が災害に備えることの大切さを自分のこととして受け止め、行動に移しましょう。

地震に備える

自分や家族を守るために

  • 住宅の耐震診断を受け、必要があれば、耐震補強を行う。
  • 家具や大型家電などは、金具や固定器具を使い、転倒・落下などの防止対策をする。
  • 寝室や居間、廊下には大きな家具を置かないようにし、高い所には重い物を置かないようにする。
  • 枕元には、懐中電灯、眼鏡、履物、笛などを準備しておく。

備蓄品を準備しましょう

 地震、台風、大雪などにより大規模災害が発生した場合には、道路やライフラインが寸断され、必要な食料品などが手に入りにくくなることがあります。市では、「防災備蓄倉庫」を設置し、非常用の食料などを備蓄していますが、必要な物資の全てを賄うことはできません。
 いざというときのために、「備蓄品」を3日分程度用意しておきましょう。備蓄品は、特別なものを用意しなくても、生活の中で工夫して用意できます。

避難行動

 「避難」は、災害から命を守るための行動です。従来の避難所への避難(立ち退き避難)だけでなく、家屋内にとどまって安全を確保(屋内安全確保)することも「避難行動」の一つです。
 具体的には、私たち一人一人が、自らの判断で行動することが重要で、次の全ての行動が「避難行動」です。

  • 指定避難場所への移動
  • 避難場所以外の安全な場所への移動
  • 近隣の安全な建物(丈夫な建物)などへの移動
  • 建物内の安全な場所への待避(土砂災害の多くは木造建物の1階で被災しています)

防災行政無線について

 屋外スピーカーの放送内容は、「フリーダイヤル0120-479-231」で再度確認することができます。

※豊野・戸隠・鬼無里・大岡・信州新町・中条支所からの放送には対応していません。

掲載内容に関する問い合わせ

危機管理防災課

  • 電話番号 026-224-5006
  • ファクス番号 026-224-5109
  • Eメール kikibousai@city.nagano.lg.jp
より良いホームページにするため、皆さまのご意見をお聞かせください
このページの情報は役に立ちましたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?

このページに対するご意見・ご要望を記入してください(個人に関する情報は記入しないでください)。
なお、お答えが必要なご意見等はこちらではお受けできません。直接担当部署または市へのご意見・ご提案へお願いします。

※いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします

前のページに戻る ページトップに戻る