ページの先頭です。
メニューを飛ばして本文へ
-
-
-

検索コーナー

公衆トイレの利用マナー

  • 印刷用ページを表示する
  • 更新日:2018年7月31日更新

広報ながの2018年8月号掲載記事

公衆トイレを利用する皆さんへ マナーを守って清潔で快適に使いましょう

市では、公衆トイレの定期的な清掃と巡回を行っています。しかし、一部の心ない利用者によるごみの置き捨てやたばこの吸い殻などの投げ捨て、異物混入による便器の詰まりや汚れ、さらに、設備へのいたずらなどの被害が後を絶たず、多くの苦情が寄せられています。

誰もが清潔で快適に利用できるように、次のことを守りましょう。

いたずらされた事例

蹴破られた出入り口扉

  • 蹴破られた出入り口扉

洋式トイレ便座の破損

  • 洋式トイレ便座の破損

空き缶の投棄

  • 空き缶の投棄

ごみの置き去り

  • ごみの置き捨て

施設などを破損する行為や備品の持ち出しなどの禁止

  • 設備を破損したり、放火や落書きなどをしたりしない。
  • 備え付けのトイレットペーパー以外は使用しない。
  • 紙おむつなど、便器詰まりの原因となるものは絶対に流さない。
  • トイレットペーパーや消耗品を持ち帰らない。

迷惑行為の禁止

  • トイレ内で喫煙しない。
  • たばこの吸い殻を便器に捨てない。heisei
  • 紙おむつや家庭ごみ、空き缶などのごみを置き捨てしない。

多目的トイレの利用

多目的トイレは、車いすの利用者や子ども連れなど、そのトイレしか利用できない人が優先です。

  • トイレの使用目的以外での利用(長時間の居座りなど)はしない。
  • トイレ内の非常通報装置は、緊急時に外にいる人へ知らせるためのものです。流すボタンと間違えて押さないよう注意してください。
  • 非常時にブザーが鳴っているときは手を貸してください。また、連絡先が掲示してある場合には、連絡先への連絡をお願いします。
  • 一部の多目的トイレには「オストメイト対応設備」が備えてあります。紙おむつなどは絶対に流さないでください。

※オストメイト対応設備とは、人工肛門や人工膀胱(ぼうこう)を保有する人が、装具の洗浄や排せつ物の処理などをする設備です。

公衆トイレは、長野市を訪れる観光客をはじめ、多くの人が利用します。思いやりの心を持ち、ルールやマナーを守って、誰もが清潔で快適に利用できるようにご協力をお願いします。

公衆トイレの所在地や名称など、詳しくは市ホームページをご覧ください。

掲載内容に関する問い合わせ

衛生センター

より良いホームページにするため、皆さまのご意見をお聞かせください
このページの情報は役に立ちましたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?

このページに対するご意見・ご要望を記入してください(個人に関する情報は記入しないでください)。
なお、お答えが必要なご意見等はこちらではお受けできません。直接担当部署または市へのご意見・ご提案へお願いします。

※いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします

このページに関するお問い合わせ先
〒380-8512 長野市大字鶴賀緑町1613番地
広報担当
Tel:026-224-5004
Fax:026-224-5102
前のページに戻る ページトップに戻る