ページの先頭です。
メニューを飛ばして本文へ
-
-
-

検索コーナー

カムバックtoながの

  • 印刷用ページを表示する
  • 更新日:2018年7月31日更新

広報ながの2018年8月号掲載記事

カムバックtoながの
Uターンに向けた取り組みを紹介します

市外にお住まいのご家族やお知り合いに、市の取り組みをぜひお伝えください。

人口の現状は?

 全国的に東京一極集中の流れが続いています。そして、その多くを15~29歳の若年層が占めています。長野市でも10年ほど前から転出が転入を上回る状態が続き、県外転出者のうち、約55パーセントが東京圏へ転出しています。

 また、出生数も減少しているため、未来を担う世代の力が弱まることが懸念されています。

なぜUターンしてもらいたいの?なぜUターンの後押しをしてくれるの?

 未来を担う皆さんに、長野市のより良い未来を一緒に創るための原動力になってほしいのです。

 本市では、「“ながの”に戻って働きたい」「“ながの”に住みたい」「やっぱり“ながの”に帰ってきて良かった」と思ってもらえるよう「カムバックtoながの」を合言葉に、Uターンを後押しするさまざまな取り組みを行っています。

どうすればUターンしてくれるかな?

 まずは「戻ってきてもらいたい」という気持ちをお子さんらに伝えることから始めてみませんか。

 Uターンでは、仕事、住まい、ライフスタイルなど、大きく環境が変わりますので、県外にいる本人の気持ちを尊重しながら後押しをすることが大切です。そして、“ながの”に戻ってきたときには、「おかえり」と温かく迎えられるといいですね。

Uターンをした人の声をお届けします

長野市にUターンして、活躍している2人を紹介します。

青木さん (30代男性)

 東京のホテルや料亭、ラーメン店で修業し、平成29年4月に篠ノ井駅近くに飲食店をオープンしました。

 高校時代に飲食店でのアルバイトを経験し、いつか長野で自分の店を持つための糧になればと、20年前に就職を機に上京しました。上京して感じたふるさとの魅力は、「街と自然のバランスが良いこと」。長野を出てからの方が、ふるさとの魅力をより一層感じました。

 今は、自分の店を持つという夢を地元長野市で実現し、経営するラーメン店では、家族の協力も得ながら、地域の皆さんに喜んでもらえるおいしい一杯を提供できるよう日々努力しています。

岡田さん (30代女性)

 東京圏からUターンし、今年の5月から市内の損害保険会社で働き始めました。

 進学を機に県外へ出て、そのまま東京圏で就職をしました。将来を考える中で、長野の企業の人と話すうちにその企業に魅力を感じたこと、そして親の近くで少しでも親孝行ができればと思いUターンを決断しました。長野に戻ってきて、親もとても喜んでくれていますし、生活費も都会に比べてかからず、貯蓄もできています。

 私も東京圏に魅力を感じ就職しましたが、県外で長野の素晴らしさに気付き、自分のルーツに誇りが持てるようになりました。やりたいことを見つけることも大切ですが、どこでどう生きるかの選択に自分のふるさとを加えてみるのも良いことだと思います。

「カムバックtoながの」の主な取り組み

職とのマッチング

 長野地域の企業情報や求人情報などを積極的に発信し、地域の職の魅力を若い世代に知ってもらい、本人だけでなく親世代へもアプローチすることで、長野出身者と地元企業との職のマッチングを進めています。

東京圏で!
<ナガノのシゴト博>10月28日(日曜)開催

 地元企業が東京に集結し、“ながので働く”をPRします。

<移住相談会>

 相談員が親身に相談に応じます。

<インターンシップ説明会>11月10日(土曜)開催

 インターンシップ開催企業が合同説明会を開催します。

<企業の魅力発見ワークショップ>8月22日(水曜)、9月7日(金曜)、平成31年2月15日(金曜)開催

 “ながの”での就職や暮らしの魅力を伝えます。

インターネットで!
就職情報サイト<おしごとながの>

 長野地域の企業情報発信中!社会人採用情報も多数掲載しています。

おしごとながの(新しいウインドウが開きます)

長野で!
<親向けセミナー>

 今どきの就活情報、地元の企業情報が満載です。

<起業支援>

 移住者起業支援金などの補助制度も充実。ぜひご相談ください。

地域への愛着の醸成

 進学などで長野を離れた後も、本人はもちろんのこと、家族も含め、さまざまな機会を通じて地域の魅力を伝え続けることで、ふるさと“ながの”への興味・関心の持続を図っています。

<シティプロモーション>

 長野市の魅力を見つけて・魅(み)せます。

ながのシティプロモーション(新しいウインドウが開きます)

移住情報サイト<Nターンのすすめ>

 移住した人から見た長野市の魅力を紹介しています。

Nターンのすすめ(新しいウインドウが開きます)

<インスタグラムでの情報発信>

 長野市の魅力を写真で発信しています。

長野市公式インスタグラム(新しいウインドウが開きます)

長野地域連携中枢都市圏内市町村職員社会人経験者採用共同選考のお知らせ

 長野県外在住の社会人経験者を対象とした平成31年度採用の第1次選考を長野市、小布施町、信濃町が共同で実施します。

 第1次選考は共同で実施するため、採用を志望する自治体を第2志望まで選択して受験の申し込みができます。第1志望の自治体で不合格の場合でも、第2志望の自治体で合格となる場合があります。

※申し込み方法など、詳しくは市ホームページをご覧ください。

第1次選考

長野会場

  • とき 9月16日(日曜)
  • ところ 信州大学工学部(若里四丁目)

東京会場(先着90人)

  • とき 9月17日(月曜)
  • ところ 東京八重洲ホール(東京都中央区)

掲載内容に関する問い合わせ

カムバックtoながのに関すること

人口増推進課

社会人経験者採用共同選考に関すること

職員課

より良いホームページにするため、皆さまのご意見をお聞かせください
このページの情報は役に立ちましたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?

このページに対するご意見・ご要望を記入してください(個人に関する情報は記入しないでください)。
なお、お答えが必要なご意見等はこちらではお受けできません。直接担当部署または市へのご意見・ご提案へお願いします。

※いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします

このページに関するお問い合わせ先
〒380-8512 長野市大字鶴賀緑町1613番地
広報担当
Tel:026-224-5004
Fax:026-224-5102
前のページに戻る ページトップに戻る