ページの先頭です。
メニューを飛ばして本文へ
-
-
-

検索コーナー

特殊詐欺の被害防止

  • 印刷用ページを表示する
  • 更新日:2018年7月31日更新

広報ながの2018年8月号掲載記事

激増!特殊詐欺被害

もう一度、ご家庭・ご近所で詐欺対策を話し合いましょう。

 特殊詐欺被害者の中で、オレオレ詐欺にだまされた人の全員(100パーセント)が、具体的な手口を知っていながら被害に遭っています。また、特殊詐欺被害者全体の7割は、同居する家族がいたにも関わらず、家族に相談していた人はいなかったことも分かりました。(長野県警察アンケート調査結果より)

最近寄せられた相談事例から

事例1

 「総合消費料金未納分訴訟最終通知書」と書かれたはがきが届いた。はがきに書かれた番号に電話すると、民事訴訟管理センター職員を名乗る男から弁護士の連絡先を教えられた。その番号に電話すると、弁護士を名乗る男に「訴訟の取り下げに10万円が必要」と言われたが、支払った方がいいか。

事例2

 携帯電話に「インターネットの有料サイトの未納金がある」とメールが届き、連絡先の電話番号にかけると、20万円を請求され、コンビニのプリペイドカードを購入して支払った。その後、再度、未納金を請求されたため、不審に思い消費生活センターに相談した。

センターからのアドバイス

 「総合消費料金未納分訴訟最終通知書」と書かれたはがきを送りつけ、お金を要求する架空請求詐欺は、昨年から急増しています。本年に入ってから市内では、このはがきを使った手口とメールによる未納料金の架空請求で、一千万円を超える被害に遭った人も複数出ています。
 このような、身に覚えのない請求を受けた場合は決してかかわらず、連絡先と書かれた電話番号に連絡することは絶対にやめましょう。 
 電話やメールで「お金」の話が出たら、まずは家族や近所の人に相談しましょう。1人で判断してしまうことは絶対にしないでください。

詐欺の電話、はがき、メールは、ある日突然、あなたに届きます!

消費生活センターは身近な相談窓口です

 私たちの暮らしの中には、さまざまな契約、金銭貸借などの消費者トラブルがあります。消費生活センターでは、生活の中で生じる問題の相談に無料で応じ、適切なアドバイスを行っています。
 また、必要な場合は、相談者と事業者との間に入って調整も行い、問題解決に取り組んでいます。1人で悩まず、まずは消費生活センターにご相談ください。

 消費者ホットライン電話188  ※お近くの相談窓口につながります 

消費生活相談

 商品やサービスの購入に関する苦情や問い合わせ、契約を巡るトラブルについて、電話や面談で相談に応じます。

  • 訪問販売、マルチ商法、催眠商法、点検商法などの悪質商法にだまされた。
  • クーリングオフの手続き方法を知りたい。
  • 身に覚えのない請求書や商品が送られてきた(架空請求・不当請求)。
市民相談

家庭内や近隣のもめ事、税金や各種手続きなどの相談に、専門家が面談で応じます。

法律相談(弁護士)
  • 相続、離婚、金銭貸借、借地借家、損害賠償、交通事故、近隣間のトラブル、多重債務相談など
  • とき 毎週火曜日、毎月第2・4水曜日
登記相談(司法書士)
  • 土地・家屋の登記、相続などの各種登記手続き、多重債務相談など
  • とき 毎月第3木曜日
公証相談(公証人)
  • 遺言・契約などの公正証書に関する相談など
  • とき 毎月第1木曜日、第3水曜日
税務相談(税理士)
  • 所得税、相続税、贈与税など各種税金に関する相談など
  • とき 毎月第2・4木曜日
手続相談(行政書士)
  • 官公署に提出する書類の作成に関する相談など
  • とき 毎月第1水曜日

いずれも

  • ところ 市民相談室(もんぜんぷら座4階)

 ※詳しくは、消費生活センターにお問い合わせください。

出前講座をご利用ください

 悪質商法による被害の未然防止や、特殊詐欺に遭わないための知識を身に付ける出前講座を行っています。10人以上のグループに1回2時間以内で、無料で職員を派遣します。
 消費者トラブルの事例、クーリングオフの手続き方法、悪質商法の手口など、ビデオ上映を織り交ぜながら分かりやすくお話しします。お気軽に消費生活センターへお申し込みください。

掲載内容に関する問い合わせ

市民窓口課消費生活センター

 

より良いホームページにするため、皆さまのご意見をお聞かせください
このページの情報は役に立ちましたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?

このページに対するご意見・ご要望を記入してください(個人に関する情報は記入しないでください)。
なお、お答えが必要なご意見等はこちらではお受けできません。直接担当部署または市へのご意見・ご提案へお願いします。

※いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします

このページに関するお問い合わせ先
〒380-8512 長野市大字鶴賀緑町1613番地
広報担当
Tel:026-224-5004
Fax:026-224-5102
前のページに戻る ページトップに戻る