ページの先頭です。
メニューを飛ばして本文へ
-
-
-

検索コーナー

環境こどもサミット

  • 印刷用ページを表示する
  • 更新日:2018年9月28日更新

広報ながの2018年10月号掲載記事

第23回 長野市環境こどもサミット
~命のつながり 支えあう自然 見つめてみよう 生き物たちの世界

本年の環境こどもサミットは、生物多様性をテーマに、身近にいる希少動植物や外来生物などについて学び、命の大切さや強さを感じ、動植物とどのように接するべきか自分で考えることができるよう、学習会や体験ブース、環境標語コンテストなどを行います。

皆さんも一緒に、聞いて、考えて、やってみましょう!

とき

10月28日(日曜)10時~14時(開場9時45分) 参加無料、申し込み不要

ところ

リサイクルプラザ(松岡二丁目)

※駐車場に限りがあります。できるだけ公共交通機関をご利用ください。

環境学習発表会(10時10分~)

日頃、学校で行っている環境活動を、児童・生徒の皆さんが発表します。

湯谷小学校

中庭の池の浄化

長沼小学校

エコキャップ回収・アルミ缶回収

篠ノ井東小学校

私たちのゴミ減量大作戦

広徳中学校

どんぐりを動物園に届けたい

学習会(11時~)

生物多様性ってなに? 支えあい つながる命

クジラのような大きな生き物から、目には見えない小さな生き物まで、地球上にはたくさんの生き物がいます。生き物たちが、どのように自然の中でつながり、お互いにバランスを取りながら生きているのか、分かりやすくお話しします。

また、私たちの身近にいる、貴重な鳥やチョウについて紹介します。

身近な生き物と生物多様性

講師 長野県環境保全研究所

市内で出会える鳥たち

講師 日本野鳥の会長野支部・信州の緑と野鳥を守る会

希少種ゴマシジミ(チョウ)の一生

講師 浅川地区住民自治協議会ゴマシジミ保護・育成チーム

※紙芝居「がんばれ ゴマシジミ」も上演します。

展示

身近にいる希少動植物・外来生物のパネル展示など

  • 信里のシナイモツゴ
  • 裾花川のハヤブサ
  • 柳沢池のモリアオガエル
  • 市内に繁茂するアレチウリ

体験ブース

  • 森の材料でオリジナルのオブジェを作ろう
  • 動物の骨や毛皮に触ってみよう
  • ペットボトルのキャップでスタンプ作り
  • 国立公園クイズに挑戦
  • 手形でオリジナルカードを作ろう

※このほかにも、楽しく学べるブースを用意してお待ちしています。

生活必需品フードドライブを開催します

家庭で消費されない食品や子ども用品の寄贈にご協力ください。

寄贈を希望するもの

  • 食品 菓子、缶詰、レトルト食品、カップ麺などで、賞味期限が1カ月以上あるもの
  • 用品 学用品、児童書・絵本、子ども用の衣類・かばんなど

みんなの手でつくろう美しいまち 秋のゴミゼロ運動

  • とき 10月14日(日曜)

ごみのない美しい環境をつくるため、毎年5月、10月を大掃除月間と定め「ゴミゼロ運動」を推進しています。本年は10月14日(日曜)を環境美化運動の日として、皆さんのお住まいの地区でも、公園や道路などの一斉清掃が行われますので、ご協力をお願いします。

※各地区の日程は、回覧などでご確認ください。

掲載内容に関する問い合わせ

長野市環境こどもサミット実行委員会事務局(環境保全温暖化対策課内)

より良いホームページにするため、皆さまのご意見をお聞かせください
このページの情報は役に立ちましたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?

このページに対するご意見・ご要望を記入してください(個人に関する情報は記入しないでください)。
なお、お答えが必要なご意見等はこちらではお受けできません。直接担当部署または市へのご意見・ご提案へお願いします。

※いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします

このページに関するお問い合わせ先
〒380-8512 長野市大字鶴賀緑町1613番地
広報担当
Tel:026-224-5004
Fax:026-224-5102
前のページに戻る ページトップに戻る