ページの先頭です。
メニューを飛ばして本文へ
-
-
-

検索コーナー

市長年頭あいさつ

  • 印刷用ページを表示する
  • 更新日:2018年12月28日更新

広報ながの2019年1月号掲載記事

新年のごあいさつ 長野市長 加藤久雄

明けましておめでとうございます。

市民の皆さまにおかれましては、健やかに新年をお迎えのこととお喜び申し上げます。また、日頃は市政に対しご理解とご協力を賜り、心から感謝申し上げます。

今年は、平成の時代から新しい時代へつなぐ大切な年であります。

本市は、将来世代へ負担を先送りしないことを念頭に置き、「YOBOU(予防、呼ぼう)」をテーマに、防災・減災をはじめ、健康や子育て、産業や観光などの施策に取り組んでまいります。

これからの時代は、年齢や性別に関係なく、誰もが活躍できる社会の実現が必要であり、昨年9月に「人生100年時代を見据えた新しい高齢者の定義」について、菅谷昭松本市長と共同提言をいたしました。内容は「75歳以上を高齢者と呼びましょう」というものです。私が先頭に立ち、女性・高齢者活躍社会の実現に向け、手本を示してまいります。

また、市民の健康は本市の財産であり、健康寿命の延伸に向け、「ながのベジライフ宣言~ハッピーかみんぐ1・2・30(いち・に・さんじゅう)」を合言葉に、飲食店への協力も呼び掛けながら、健康的な生活習慣を市民の皆さまとともに実践してまいります。昨年4月には、歩行喫煙を条例で禁止したところであり、今後は受動喫煙対策も進めてまいります。

さらに、高度経済成長期に整備した公共施設や都市インフラの老朽化による維持・更新に対応するため、公共施設の縮減や公有財産の利活用など、公共施設マネジメントに取り組んでまいります。公共施設の35パーセントに当たる学校施設については、トイレの洋式化などの改修を進めるとともに、夏の猛暑への対応として「長野市立小中学校クール化プロジェクト」により、できる限り早く冷房設備の設置を進め、子どもたちの良好な学習環境を整備してまいります。

今年4月には、長野保健医療大学と清泉女学院大学の看護学部が新たに開設されます。昨春開学した長野県立大学とともに、市内外から学生が集まり、まちにさらなる活気が生まれるものと期待しており、若者たちが学生時代に長野への愛着を深め、卒業後も長野で活躍していただけることを楽しみにしております。

今年も、市民の皆さまが幸せを実感できる長野市の実現に向け、全力で取り組んでまいります。

結びに、今年一年の皆さまのご多幸とご健康を心からお祈り申し上げ、新年のごあいさつといたします。

より良いホームページにするため、皆さまのご意見をお聞かせください
このページの情報は役に立ちましたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?

このページに対するご意見・ご要望を記入してください(個人に関する情報は記入しないでください)。
なお、お答えが必要なご意見等はこちらではお受けできません。直接担当部署または市へのご意見・ご提案へお願いします。

※いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします

このページに関するお問い合わせ先
〒380-8512 長野市大字鶴賀緑町1613番地
広報担当
Tel:026-224-5004
Fax:026-224-5102
前のページに戻る ページトップに戻る