ページの先頭です。
メニューを飛ばして本文へ
-
-
-

検索コーナー

認知症の相談窓口

  • 印刷用ページを表示する
  • 更新日:2019年5月31日更新

広報ながの2019年6月号掲載記事

1人で悩んでいませんか?
認知症の相談は、お近くの地域包括支援センターへ

認知症は、早めの「気付き」が大切です

認知症を引き起こす病気には、早めに治療をすれば改善できるものもあります。認知症の初期症状に気付いたら、お近くの地域包括支援センターや医療機関へ相談しましょう。
本人が受診や検査を拒んでいるときにも、1人で悩まずにお近くの地域包括支援センターへ気軽にご相談ください。

認知症相談会をご利用ください

認知症についての不安や疑問に対し、専門医などがお答えします。
事前に申し込みが必要です。開催日などは、広報ながの「くらしのチャンネル」でお知らせします

  • 市役所(月1回開催) 申し込み・問い合わせ 中部地域包括支援センター電話026-224-7174(6月の開催日は「くらしのチャンネル 健康」をご覧ください)
  • 篠ノ井交流センター(9月・12月に開催)申し込み・問い合わせ 中部地域包括支援センター・篠ノ井支所駐在電話026-292-3358

次のような「気付き」はありませんか?

周囲の人の気付き

  • 同じことを何回も尋ねる。
  • 短気になった、あまり外出しないなど、以前と違う様子が見られる。
  • きちょうめんできれい好きな人だったのに、家がひどく散らかっている。など

本人の気付き

  • 「さっきも言ったでしょ」と言われることが多くなった。
  • 気分が落ち込み、不安感が強くなった。
  • 車の運転が不安
  • 仕事や家事でうっかりミスが増えた。など

「本人ミーティングながの」を開催しています

本人ミーティングとは、認知症の本人が集い、本人だからこその気付きや意見を本人同士で語り合い、自分たちのこれからのより良い暮らしや、暮らしやすい地域の在り方を話し合う場です。
付き添いのご家族は、ご家族同士で話し合うことができます。

  • とき 6月22日、7月20日、8月17日、9月21日、10月19日、11月16日、12月21日、令和2年1月18日、2月15日、3月21日(土曜)13時30分~2時間程度
  • ところ ふれあい福祉センター4階(大字鶴賀緑町)
  • 内容 ウエルカムメッセージ、参加者の紹介、話し合い〔本人と家族(パートナー)は別に行います〕、話し合いの振り返り など
  • 対象 認知症と診断を受けた人、認知症を心配している本人とその家族など
  • 申し込み・問い合わせ 事前に電話で長野県若年性認知症支援コーディネーター伝田景光さん(電話026-292-2243)へ

参加者の声

本人

  • 不安を抱えて過ごしている。
  • 同じ立場で話せるのが嬉しい。話せて元気が出てきた。
  • 働きたい。私たちにできることもたくさんある。

家族(パートナー)

  • 本人が自分から話している姿を見て驚いた。
  • 他の人の話が聞けて、参考になる。
  • 本人が安心して過ごせる方法を考えよう。

掲載内容に関する問い合わせ

地域包括ケア推進課 中部地域包括支援センター

より良いホームページにするため、皆さまのご意見をお聞かせください
このページの情報は役に立ちましたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?

このページに対するご意見・ご要望を記入してください(個人に関する情報は記入しないでください)。
なお、お答えが必要なご意見等はこちらではお受けできません。直接担当部署または市へのご意見・ご提案へお願いします。

※いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。

このページに関するお問い合わせ先
〒380-8512 長野市大字鶴賀緑町1613番地
広報担当
Tel:026-224-5004
Fax:026-224-5102
前のページに戻る ページトップに戻る