ページの先頭です。
メニューを飛ばして本文へ
-
-
-

検索コーナー

浄化槽の適正な維持管理

  • 印刷用ページを表示する
  • 更新日:2019年5月31日更新

広報ながの2019年6月号掲載記事

浄化槽管理者の皆さんへ 適正に維持管理をしましょう

浄化槽は、微生物の力により家庭の生活雑排水を浄化する施設です。適正に管理していないと、浄化槽本来の機能が発揮されず、処理水を放流している河川などの水質の悪化や、悪臭による苦情の原因となります。

河川などの水質の悪化を防止し、良好な生活環境を保全するため、浄化槽は適正に維持管理しましょう。

法定検査は必ず受けましょう

年に1回の法定検査を受けることは、浄化槽管理者の義務です。

検査を行うことで、日常の維持管理が適正か、浄化槽の機能が十分発揮されているか、確認することができます。

定期的な保守点検と清掃を実施しましょう

装置の点検や補修、消毒薬の補充のほか、浄化槽内にたまった汚泥のくみ取りや装置の洗浄などは、市の登録事業者に委託し、定期的に実施しましょう。

浄化槽の使用上の注意

◆台所で使った油、野菜くずなどは流さない

内部の目詰まり、機能低下の原因になります。

◆洗濯洗剤、トイレ洗浄剤は、メーカーが指定する適量を使用する

使い過ぎると、微生物の働きが弱まってしまいます。

◆空気を送る装置の電源(ブロア)を切らない

電源を切ると、微生物の働きが弱まってしまいます。

単独処理浄化槽をお使いの皆さんへ

し尿のみを処理する単独処理浄化槽は、生活排水全般を処理する合併処理浄化槽と比べて処理能力が劣ります。また、生活雑排水が未処理で放流されることで、河川などの水質が悪化してしまうことから、現在は新たな設置を認めていません。

単独処理浄化槽を使用している人は、地域の状況に応じて、下水道に接続するか、合併処理浄化槽への転換をお願いします。

掲載内容に関する問い合わせ

環境保全温暖化対策課

より良いホームページにするため、皆さまのご意見をお聞かせください
このページの情報は役に立ちましたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?

このページに対するご意見・ご要望を記入してください(個人に関する情報は記入しないでください)。
なお、お答えが必要なご意見等はこちらではお受けできません。直接担当部署または市へのご意見・ご提案へお願いします。

※いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。

このページに関するお問い合わせ先
〒380-8512 長野市大字鶴賀緑町1613番地
広報担当
Tel:026-224-5004
Fax:026-224-5102
前のページに戻る ページトップに戻る