ページの先頭です。
メニューを飛ばして本文へ
-
-
-

検索コーナー

ムクドリ・カラス対策

  • 印刷用ページを表示する
  • 更新日:2019年5月31日更新

広報ながの2019年6月号掲載記事

ムクドリ・カラス対策にご協力を

ムクドリ対策

近年、ムクドリの大群が市街地に集まり、鳴き声やふんの苦情が寄せられています。

ムクドリは、6月ごろから徐々に飛来し、集団化していきます。市街地に飛来させず、また、大集団にさせないためには、小集団のうちに追い払うことが効果的です。

ムクドリの集団を見つけたときは、大きな音を出すなどの追い払いとともに、市への情報提供をお願いします。

 

大きな音を出す例(ムクドリが小集団のうちは、効果があります)

  • 手をたたく
  • バケツの裏などをたたく など

カラス対策

市街地でもカラスが目立つようになり、生ごみの食い散らかしや鳴き声、ふんの苦情が寄せられています。カラス対策にもご協力ください。

野天のごみ集積所への生ごみの出し方を工夫する

  • カラスは目で餌を確認するため、生ごみは水切りをして、見えないように新聞やチラシなどに包み、ごみ指定袋に入れる。
  • ごみは収集日当日に出し、可燃ごみ全体を覆うカラスよけネットを使用する。

※カラスよけネットの購入には市の補助制度があります。また、本年度から住民自治協議会、行政連絡区への有償頒布を開始しました。詳しくは生活環境課へお問い合せください。

巣を作らせない

せん定枝や草、ビニール、針金などがカラスの巣の材料になります。家庭での管理徹底をお願いします。

カラスの嫌がる音や光を出す

音や光を頻繁に変えると、より効果的です。

掲載内容に関する問い合わせ

ムクドリ対策について

環境保全温暖化対策課

カラス対策について

生活環境課

より良いホームページにするため、皆さまのご意見をお聞かせください
このページの情報は役に立ちましたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?

このページに対するご意見・ご要望を記入してください(個人に関する情報は記入しないでください)。
なお、お答えが必要なご意見等はこちらではお受けできません。直接担当部署または市へのご意見・ご提案へお願いします。

※いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。

このページに関するお問い合わせ先
〒380-8512 長野市大字鶴賀緑町1613番地
広報担当
Tel:026-224-5004
Fax:026-224-5102
前のページに戻る ページトップに戻る