ページの先頭です。
メニューを飛ばして本文へ
-
-
-

検索コーナー

交通事故にご注意ください

  • 印刷用ページを表示する
  • 更新日:2019年6月28日更新

広報ながの2019年7月号掲載記事

交通事故にご注意ください

全国で、子どもが犠牲となる痛ましい事故が相次いでいます。交通事故をなくすには、皆さん一人一人が交通事故の防止について考え、行動することが重要です。

今回紹介する傾向と対策を参考にして、未然に交通事故を防ぎましょう。

夏に発生しやすい交通事故

子どもの事故

夏休みに入ると、子どもたちが外出する機会が増えるため、急な飛び出しなど、子ども特有の事故が増加します。

飲酒事故

夏の解放感から、「少しなら大丈夫」といった誤った判断が重大な事故を引き起こし、被害者や本人だけでなく、家族やお酒の提供者など多くの人を巻き込むことになります。

~酔いがさめるまでの時間~

体重約60キログラムの人が1単位のお酒を30分以内に飲んだ場合、約3~4時間、2単位の場合では約6~7時間かかるとされています〔出典:(公社)アルコール健康医学協会〕。

※体格や性別などにより異なります

■1単位の目安(純アルコールにして20グラム、いずれか1種類)

  • ビール(度数5%) 500ml
  • 日本酒(度数15%) 180ml
  • ウイスキー(度数43%) 60ml
  • ワイン(度数14%) 180ml

交通事故を防ぐための対策

ルールとマナーを守りましょう

スピードの抑制や交差点での徐行・左右の安全確認を徹底しましょう。また、保護者の皆さんは、子どもたちに交通安全指導の徹底をお願いします。

飲んだら運転しない・させない

飲酒運転は悪質な犯罪です。飲んだら絶対に運転しない・させない意識を一人一人が持ち、飲み会では「ハンドルキーパー(お酒を飲まない人)」を決めるなど、飲酒運転を防ぐ意識を全員で高めましょう。

体調管理を万全に

暑さによる寝不足や疲れのため、体力が低下したり、注意が散漫になったりします。運転中に熱中症になることもあるので、体調が優れないと感じたら運転をやめ、休憩を取りましょう。

掲載内容に関する問い合わせ

地域活動支援課

より良いホームページにするため、皆さまのご意見をお聞かせください
このページの情報は役に立ちましたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?

このページに対するご意見・ご要望を記入してください(個人に関する情報は記入しないでください)。
なお、お答えが必要なご意見等はこちらではお受けできません。直接担当部署または市へのご意見・ご提案へお願いします。

※いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。

このページに関するお問い合わせ先
〒380-8512 長野市大字鶴賀緑町1613番地
広報担当
Tel:026-224-5004
Fax:026-224-5102
前のページに戻る ページトップに戻る