ページの先頭です。
メニューを飛ばして本文へ
-
-
-

検索コーナー

ごみの減量・分別の徹底

  • 印刷用ページを表示する
  • 更新日:2019年6月28日更新

広報ながの2019年7月号掲載記事

ごみの減量・分別の徹底でSDGs(エスディージーズ)をスマートにこなしませんか?

ごみの減量・分別の徹底は、SDGsに大きく貢献します。特に、食品ロスの削減、プラスチック廃棄物の適正な処理は重要です。みんなで実践しましょう。

SDGsとは

「Sustainable Development Goals(持続可能な開発目標)」の略称です。平成27年9月、国連サミットで採択されたもので、2030年までに環境や貧困などの課題を解決するために掲げた世界共通の目標です。この中には、「食料廃棄を半減する」などの目標が含まれています。

家庭でできる「あるを尽くして」食品ロス削減5カ条

  1. 買い物前、食材チェックを忘れずに 食べ切る分の購入を心掛け
  2. 買い物中、ふと手にしたくなった物 期限も棚も手前から 地球にやさしいお買い物
  3. 週末は、残りの食材でエコ調理、残った料理はお弁当にリメイク
  4. 食べ切れないお中元とお歳暮は、期限前にフードドライブへ提供
  5. 宴会でも、家庭でも、「あるを尽くして」ごちそうさまでした

家庭でできる「プラスチックの3R(スリーアール)」

プラスチックは生活に必要不可欠なものです。賢く付き合っていくため、次の3Rを実践しましょう。

リフューズ(Refuse):できるだけ使わない

レジ袋やストローなどを使わない・もらわない・買わない。

レスポンシブル(Responsible):責任を持って使う

キャンプや釣り、バーベキューなどのごみを持ち帰る。

リボーン(Reborn):生まれ変わらせる

大切な資源であるプラスチックは、きちんと分別する。

掲載内容に関する問い合わせ

生活環境課

より良いホームページにするため、皆さまのご意見をお聞かせください
このページの情報は役に立ちましたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?

このページに対するご意見・ご要望を記入してください(個人に関する情報は記入しないでください)。
なお、お答えが必要なご意見等はこちらではお受けできません。直接担当部署または市へのご意見・ご提案へお願いします。

※いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。

このページに関するお問い合わせ先
〒380-8512 長野市大字鶴賀緑町1613番地
広報担当
Tel:026-224-5004
Fax:026-224-5102
前のページに戻る ページトップに戻る