ページの先頭です。
メニューを飛ばして本文へ
-
-
-

検索コーナー

狭あい道路の拡幅にご協力を

  • 印刷用ページを表示する
  • 更新日:2019年7月31日更新

広報ながの2019年8月号掲載記事

狭あい道路の拡幅にご協力をお願いします

 道路は、人や車両が安全に通行するだけでなく、沿線の住宅などの日照や通風の確保、緊急時の円滑な消防・救急活動を行う空間として、重要な役割を果たしています。

 しかし、市内には幅員4メートル未満の道路(狭あい道路)も多いため、市では、その沿線にお住まいの皆さんが安全に、安心して暮らせる道路環境づくりを目指して、狭あい道路を解消するための拡幅整備を進めています。

道路後退とは

 都市計画区域内で建築物を建てる場合、建築基準法により、その敷地は幅員4メートル以上の市道などに接している必要があります。そのため、幅員4メートル未満の狭あい道路に接している敷地で建築物を建てる場合には、道路中心から敷地側に2メートル分後退した位置を道路境界とすることで、この規定に適合しているとみなされます。

 このように、道路境界が敷地側に後退することを「道路後退」といいます。

狭あい道路整備事業とは

 道路後退によってできた後退用地を市が買い取ったり、市に寄付をしてもらったりして市道などとし、路面の舗装や排水施設を整備する事業のことを「狭あい道路整備事業」といいます。

 用地の買い取りなどに係る測量や契約、分筆登記や整備工事に係る費用は、市が負担します。

 ただし、塀や庭木などの支障物の除去、移設は自己負担となります。

 用地の買い取り単価は、下表をご覧ください。

道路後退用地の買い取り単価
用途地域

1平方メートル当たりの単価

住居・工業系 6,500円
商業系16,500円
市街化調整区域 3,000円
飯綱地域  800円

※隅切り部分の単価は、各用途地域単価の2倍の額になります。

道路後退用地の提供をお願いします

 道路後退用地の提供については、建築確認を申請する際などの機会に、当該土地の所有者と協議をして、買い取りや寄付のお願いをしています。こうした機会に限らず、提供の申し出は随時受け付けています。

 道路の円滑な交通を確保するためには、一部の拡幅や整備だけでは不十分です。道路沿線の皆さんがお隣同士で声を掛け合い、狭あい道路整備事業にご協力いただくことで、沿線の一体的な拡幅整備が実現します。

 皆さんがお住まいの地域の安全なまちづくりのために、狭あい道路整備事業にご協力をお願いします

 後退用地の提供の申し出や事業の詳細、相談などは、建築指導課道路環境改善担当へお問い合わせください。

掲載内容に関する問い合わせ

建築指導課道路環境改善担当

より良いホームページにするため、皆さまのご意見をお聞かせください
このページの情報は役に立ちましたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?

このページに対するご意見・ご要望を記入してください(個人に関する情報は記入しないでください)。
なお、お答えが必要なご意見等はこちらではお受けできません。直接担当部署または市へのご意見・ご提案へお願いします。

※いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。

このページに関するお問い合わせ先
〒380-8512 長野市大字鶴賀緑町1613番地
広報担当
Tel:026-224-5004
Fax:026-224-5102
前のページに戻る ページトップに戻る