ページの先頭です。
メニューを飛ばして本文へ
-
-
-

検索コーナー

健康情報コーナー

  • 印刷用ページを表示する
  • 更新日:2019年7月31日更新

広報ながの2019年8月号掲載記事

粋いきライフ3カ条「動く」「食べる」「つながる」 
心臓病とフレイル

 年齢を重ねるとよく自覚される、息切れや疲れやすいなどの症状は、心臓の働きと関連があります。
 長野市の介護保険で要支援の認定を受けた人のうち、心臓病がある人の割合は67.0パーセントに上り、筋・骨疾患の64.6パーセントを上回っています。

長野市介護保険要支援者有病状況

心臓病とフレイル(虚弱)の関係

 狭心症や心筋梗塞、心房細動(不整脈の一種)、心不全などの疾病で心臓の機能が低下し、全身に十分な血液が流れなくなると、日常生活の中で、食欲不振、筋肉の減少や質の変化を引き起こし、フレイルに陥ることが分かっています。

心臓病の予防でフレイルを防ぐ

 心臓病の原因として、高血圧、糖尿病、脂質異常症などの生活習慣病を挙げることができます。心臓病は、健診などを受け、自分の体の状態を確認し、食事や運動など生活習慣の改善や、適切な治療をすることで防ぐことができます。また、すでに心臓病がある人は、薬の飲み忘れ、塩分の取り過ぎ、過労、ストレスなどによる再発や悪化を防ぐことも大切です。

掲載内容に関する問い合わせ

国民健康保険課

より良いホームページにするため、皆さまのご意見をお聞かせください
このページの情報は役に立ちましたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?

このページに対するご意見・ご要望を記入してください(個人に関する情報は記入しないでください)。
なお、お答えが必要なご意見等はこちらではお受けできません。直接担当部署または市へのご意見・ご提案へお願いします。

※いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。

このページに関するお問い合わせ先
〒380-8512 長野市大字鶴賀緑町1613番地
広報担当
Tel:026-224-5004
Fax:026-224-5102
前のページに戻る ページトップに戻る