ページの先頭です。
メニューを飛ばして本文へ
-
-
-

検索コーナー

自転車利用時の保険加入の義務化

  • 印刷用ページを表示する
  • 更新日:2019年8月28日更新

広報ながの2019年9月号掲載記事

10月1日から長野県で「自転車損害賠償保険等」への加入が義務化されます

 全国で、自転車を運転する人が加害者となる事故により、数千万円の賠償を命じられた事例が発生しています。こうした背景から、被害者の生命や体に生じた損害への補償が確実に行われるようにするとともに、多額の賠償による加害者側の経済的な負担を回避することを目的に、「長野県自転車の安全で快適な利用に関する条例(以下『条例』)」が制定されました。

 10月1日(火曜)から、県内で自転車を利用する際は、保険などへの加入が義務化されます。

「自転車損害賠償保険等」とは

 条例第14条に規定されている「自転車の運転により生じた他人の生命又は身体の損害を塡補するための保険又は共済」のことです。人にけがをさせたときなどの補償が含まれている保険(対人賠償)に加入する必要があります。

自転車損害賠償保険の図

どんな保険があるの?

 自転車向け保険や、自転車安全整備士が点検した自転車に貼付されるTSマーク付帯保険があります。また、自動車保険や火災保険、傷害保険の特約で付帯した保険もあります。

 まずは、ご自身の加入状況を確認しましょう。確認の際は、長野県のホームページにある加入状況確認シートをご活用ください。

安全運転を実践しましょう

 保険は、あくまで交通事故を起こしてしまった後の救済手段にすぎません。重要なのは、自転車は車両であり、人の命を奪ったり、けがを負わせてしまったりする乗り物であることを認識し、交通ルールを守り、安全運転を実践することです。一人一人が交通安全意識を高め、事故の加害者にも、被害者にもならないようにしましょう。

掲載内容に関する問い合わせ

地域活動支援課

より良いホームページにするため、皆さまのご意見をお聞かせください
このページの情報は役に立ちましたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?

このページに対するご意見・ご要望を記入してください(個人に関する情報は記入しないでください)。
なお、お答えが必要なご意見等はこちらではお受けできません。直接担当部署または市へのご意見・ご提案へお願いします。

※いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします

このページに関するお問い合わせ先
〒380-8512 長野市大字鶴賀緑町1613番地
広報担当
Tel:026-224-5004
Fax:026-224-5102
前のページに戻る ページトップに戻る