ページの先頭です。
メニューを飛ばして本文へ
-
-
-

検索コーナー

血圧管理で健康に

  • 印刷用ページを表示する
  • 更新日:2019年8月28日更新

広報ながの2019年9月号掲載記事

血圧管理~脳、心臓、腎臓を守る

 血圧は、家庭でも簡単に測定でき、健康状態の指標にもなります。自身の健康が気になる皆さん、まずは血圧を測ることから始めてみませんか。

常に変動する血圧

 血圧は1日の中でも、食事をしたり、体を動かしたりすると変わります。また、季節によっても変動します。それは、私たちにとって重要な臓器を守るためです。

大切な臓器に血液を送るための血圧

 私たちの生命の維持に必要な脳、心臓、腎臓は、他の臓器と比べ、血圧が低くても血流が維持できるよう、太い血管から急に細い血管になったり、直角に曲がったりする構造になっています。

 しかし、この構造のために、血圧が高いと、血管が傷みやすいという弱さがあります。

 血圧の高い状態が続くと、血管は絶えず傷むことになり、そこから血液をもらって働いている脳、心臓、腎臓にも大きな負担が掛かります。

自分の血圧の特徴を知ろう

 血圧を適切な数値に保つことは、体にとって重要な臓器である脳、心臓、腎臓を守ることにつながります。そのため、普段の自分の血圧の数値を知ることから始めてみましょう。

 血圧の上がる時間帯は、一人一人違います。自分の状態を知るためには、家庭での血圧を定期的に測ることが重要です。今年、「高血圧治療ガイドライン」が5年ぶりに改定され、診断には家庭での血圧も重視するとしています。

 血圧の数値で、受診の目安に困ったときは、お近くの保健センターに御相談ください。

※治療中の人の降圧目標は、人によって異なりますので、主治医に確認をしましょう。

掲載内容に関する問い合わせ

市保健所健康課

より良いホームページにするため、皆さまのご意見をお聞かせください
このページの情報は役に立ちましたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?

このページに対するご意見・ご要望を記入してください(個人に関する情報は記入しないでください)。
なお、お答えが必要なご意見等はこちらではお受けできません。直接担当部署または市へのご意見・ご提案へお願いします。

※いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします

このページに関するお問い合わせ先
〒380-8512 長野市大字鶴賀緑町1613番地
広報担当
Tel:026-224-5004
Fax:026-224-5102
前のページに戻る ページトップに戻る