ページの先頭です。
メニューを飛ばして本文へ
-
-
-

検索コーナー

もう一度確認しよう 犬の飼い方

  • 印刷用ページを表示する
  • 更新日:2019年8月28日更新

広報ながの2019年9月号掲載記事

9月20日~26日は動物愛護週間 もう一度確認しよう 犬の飼い方

 この機会に、日頃の犬の飼い方を確認してみましょう。

正しい飼い方チェックリスト

 基本的なことですが、ご家族の皆さんで確認してみましょう。

  • 犬と遊んだり、しつけをしたりする時間は確保できていますか
  • 毎日欠かさず餌と水を与え、飼育場所を清掃していますか
  • 定期的に予防接種や健康診断を受けさせていますか
  • 鳴き声などで近隣に迷惑を掛けていませんか
  • 散歩中にふんや尿をしたときに、きれいに片付けていますか

散歩中のマナー

 散歩中の犬のふんを片付けることは、飼い主にとって最低限のマナーです。

 まちの美化を保つためにも、飼い主は次のようなふん尿処理グッズを携帯しましょう。

  • 犬用エチケット袋→犬のふんを片付けるための袋です。バッグとビニール袋が一体となったものも市販されています。
  • ペットボトル→水を入れ、ふんを片付けた後や尿をした所に流しましょう。

放し飼いの禁止

 犬が苦手な人にとっては、小型犬であっても放し飼いの犬が近寄ってくることは、とても怖いものです。

 飼い主から放れた犬が人をかむことや、攻撃する気はなくても人に近寄ることで、犬の苦手な人が驚き、転んで骨折などのけがをするという事故も発生しています。

 また、放れた犬が交通事故に遭ってしまうこともあります。

 飼い犬は、人に危害、迷惑を与えない場所で飼育し、散歩のときは必ず丈夫な首輪(胴輪)とリードを着け、飼い主がしっかり持つようにしましょう。

「犬の飼い主マナーアップ」動画をぜひご覧ください

「犬の飼い主マナーアップ」動画はこちら

掲載内容に関する問い合わせ

市保健所動物愛護センター

より良いホームページにするため、皆さまのご意見をお聞かせください
このページの情報は役に立ちましたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?

このページに対するご意見・ご要望を記入してください(個人に関する情報は記入しないでください)。
なお、お答えが必要なご意見等はこちらではお受けできません。直接担当部署または市へのご意見・ご提案へお願いします。

※いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします

このページに関するお問い合わせ先
〒380-8512 長野市大字鶴賀緑町1613番地
広報担当
Tel:026-224-5004
Fax:026-224-5102
前のページに戻る ページトップに戻る