ページの先頭です。
メニューを飛ばして本文へ
-
-
-

検索コーナー

介護保険料の納入通知

  • 印刷用ページを表示する
  • 更新日:2020年5月29日更新

広報ながの2020年6月号掲載記事

介護保険料の納入通知書をお送りします

 65歳以上の人に納めてもらう令和2年度の介護保険料納入通知書を、6月中旬にお送りします。お手元に届きましたら、内容をご確認ください。

介護保険の仕組み

 介護保険は、介護や予防が必要な被保険者に必要なサービスを提供して、被保険者自身とその家族を支えることを目的とする社会保険制度です。

 介護サービスにかかる費用は、利用者が1割から3割を負担して、残りを介護保険料と公費(国・県・市)で半分ずつ負担する仕組みとなっています(表1)。

2020年6月号 介護保険料の納入通知

第1号被保険者と第2号被保険者

 介護保険の加入者は、65歳以上の第1号被保険者と、40歳から64歳までの第2号被保険者に分かれています。第2号被保険者の介護保険料は、加入している医療保険と合わせて納めます。

 65歳の誕生日を迎え、第1号被保険者になると、介護保険料の納め方が変わり、医療保険とは別に一人一人が直接市に納めます。65歳になった月(誕生日の前日の属する月)分から変更になります。

 第2号被保険者の介護保険料は、加入している医療保険ごとの算定方法に従って決められます。詳しくは、加入している医療保険にお問い合わせください。

介護保険料の決め方

 第1号被保険者の本年度分の介護保険料は、世帯の課税状況と本人の所得などに応じて決めています。6月中旬に納入通知書がお手元に届きましたら、内容をご確認ください。

 なお、所得の申告期限の延長や令和元年東日本台風災害、新型コロナウイルス感染症などの影響により減免され、保険料が変更となる場合は、7月以降に改めて通知します。

第1号被保険者の介護保険料の納付方法

 第1号被保険者の介護保険料の納付方法には、特別徴収と普通徴収の2種類があり、受給している公的年金の種類や金額により異なります。納付方法をご自身で選択することはできません。

特別徴収 [公的年金から差し引かれて納付]

  • 対象 老齢基礎年金、老齢年金、遺族年金、障害年金を年額18万円以上受給している人
  • 納付方法 年金支払の月(4・6・8・10・12・2月)に、年金から差し引かれます(手続きは不要です)。

普通徴収 [納付書・口座振替で納付]

  • 対象 特別徴収の対象にならない人
  • 納付方法 6月から翌年3月までの10回の納期限に分けた納付書をお送りします。ご確認の上、金融機関(郵便局含む)、コンビニエンスストア、ペイジー対応ATM、インターネットバンキング、介護保険課(第二庁舎1階)、各支所で納めてください。口座振替の手続きをした場合は、指定の口座から振り替えとなります。
次のような場合には、受給している公的年金が年額18万円以上でも、一時的に普通徴収になります。
  • 年度途中で65歳(第1号被保険者)になった
  • 他の市区町村から転入した
  • 年度途中で年金の受給が始まった
  • 受給している年金の受給権に変更があった
  • 確定申告、修正申告など保険料算定の所得が変更になり、保険料段階が変わった など

※特別徴収開始の要件が整ったときは、一定期間経過後に特別徴収に切り替わります(手続きは不要です)。

口座振替なら便利で確実

 納付書で保険料を納める人には、納め忘れがなく便利で確実な口座振替のご利用をお勧めします。

 口座振替を希望する人は、納付書に同封の口座振替依頼書に必要事項を記入して返送するか、預貯金通帳、通帳の届け出印、介護保険料納入通知書を持参の上、金融機関、ゆうちょ銀行・郵便局か介護保険課(第二庁舎1階)、各支所で手続きをしてください。

保険料の徴収猶予・減免

 令和元年東日本台風災害や、新型コロナウイルス感染症の影響を受け、収入が減少した場合には、介護保険料の減免を実施していますので、介護保険課までご相談ください。

 このほか、収入が少なく生活が困難な人で、一定の要件に該当する場合も、介護保険料の徴収猶予や減免を受けられることがあります。納付についても随時相談を受け付けていますので、介護保険課までご相談ください。

保険料を納めないと

 未納の期間に応じて、次の措置を講じることがあります。未納期間が長くなると、段階的に自己負担が重くなります。

 現在は介護サービスを利用していなくても、介護保険料の未納が将来のサービス利用に影響しますので、ご注意ください。

  • サービスにかかる費用を全額いったん自己負担
  • 申請により払い戻される保険給付の一部か全部を、一時的に差し止め
  • 利用者負担割合の引き上げ

保険料の還付金詐欺にご注意ください

 市内では、市職員を装い、介護保険料の還付金があると偽り、特定の電話に連絡させ、金融機関やコンビニエンスストアのATMを操作させ、現金を振り込ませようとする事案が発生しています。これは詐欺ですので、十分にご注意ください。

あんしんいきいきプラン21
~第8次長野市高齢者福祉計画・第7期長野市介護保険事業計画の見直しについて~

 「あんしんいきいきプラン21」は、本市の「高齢者に関する福祉及び介護保険事業の指針」「具体的施策の実施」「介護保険料額の算定基礎となるサービス見込み量」などについて定めています。

 この計画は、市民の皆さんから幅広い意見や提案をいただきながら策定作業を進め、3年ごとに見直しを行っています。

現在の計画

計画期間 

 平成30年度~令和2年度(最終目標を令和2年度に設定)

基本理念 

 住み慣れた地域で支え合い、自分らしく健やかで生きがいを持って生活できるまち“ながの”

基本的な政策目標 

 「健康保持増進の取り組みを推進」「住民主体の介護予防の場を充実」「『地域包括ケアシステム』の深化・推進」「必要に応じて適切な介護サービスが提供される体制の確保や充実」を目標に掲げ、各事業を実施しています。

新しい計画

計画期間 

 令和3年度~令和5年度(最終目標を令和5年度に設定)

見直しの考え方 

 現在の計画に基づく事業の現状把握と課題分析を行った上、各事業の見直しを行うものです。既に各種調査を行い、意見・提案をいただいていますが、より実効性の高い計画とするため、新しい計画の素案ができる12月ごろに、意見公募(パブリックコメント)を実施する予定です。皆さんのご協力をお願いします。

掲載内容に関する問い合わせ

介護保険課

  • 保険料額、あんしんいきいきプラン21などに関すること 電話 026-224-7991
  • 納付に関すること 電話 026-224-7931
  • ファクス 026-224-8694
  • 介護保険課へのお問い合わせ
より良いホームページにするため、皆さまのご意見をお聞かせください
このページの情報は役に立ちましたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?

このページに対するご意見・ご要望を記入してください(個人に関する情報は記入しないでください)。
なお、お答えが必要なご意見等はこちらではお受けできません。直接担当部署または市へのご意見・ご提案へお願いします。

※いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。

このページに関するお問い合わせ先
〒380-8512 長野市大字鶴賀緑町1613番地
広報担当
Tel:026-224-5004
Fax:026-224-5102
前のページに戻る ページトップに戻る