ページの先頭です。
メニューを飛ばして本文へ
-
-
-

検索コーナー

レジ袋有料化

  • 印刷用ページを表示する
  • 更新日:2020年5月29日更新

広報ながの2020年6月号掲載記事

7月1日(水曜)からレジ袋が有料化されます

 7月1日(水曜)から、スーパーやコンビニエンスストアなど、ほぼ全ての小売業において、レジ袋が有料化されます。できるだけ無駄なレジ袋を少なくし、環境問題解決の一歩になるよう、過剰な使用の抑制に皆さんのご協力をお願いします。

有料となるレジ袋

  • 消費者が購入した商品を持ち運ぶために用いる、持ち手の付いたプラスチック製買い物袋

2020年6月号 レジ袋有料化

有料化の対象外となるレジ袋

 全てのプラスチック製買い物袋を減らしていくことが望ましいですが、環境に影響の少ない一部のプラスチック製買い物袋は、有料化の対象外となります。

  1. 厚さが50マイクロメートル以上
  2. 海洋生分解性プラスチックの配合率が100パーセント
  3. バイオマス素材の配合率が25パーセント以上

「プラスチック・スマート」への取り組み

 プラスチックによる海洋汚染が世界で問題になっています。世界全体で日々大量に発生する海洋プラスチックごみは、長期にわたって海に残存し、地球規模での環境汚染が懸念されています。一方、プラスチックは軽くて丈夫な性質のため、さまざまな容器包装に使われていて、私たちの生活に必要不可欠なものです。プラスチックとの賢い付き合い方を考え、実践することが「プラスチック・スマート」という取り組みです。

2020年6月号 レジ袋有料化

※環境省ホームページより

プラスチックと賢く付き合うための行動を提案します

  • マイバッグを持ち歩き、レジ袋はもらわない
  • マイボトルを持ち歩き、ペットボトルやプラスチックのカップを減らす
  • マイを持ち歩き、プラスチックのスプーンやフォークを減らす
  • プラスチック製のストローの使用を控える
  • 詰め替え用ボトルなど、繰り返し使えるものを選ぶ
  • 買い物のときには簡易包装を頼む

◎太文字は、プラスチックごみを減らすためのキーワード!

掲載内容に関する問い合わせ

環境保全温暖化対策課

より良いホームページにするため、皆さまのご意見をお聞かせください
このページの情報は役に立ちましたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?

このページに対するご意見・ご要望を記入してください(個人に関する情報は記入しないでください)。
なお、お答えが必要なご意見等はこちらではお受けできません。直接担当部署または市へのご意見・ご提案へお願いします。

※いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。

このページに関するお問い合わせ先
〒380-8512 長野市大字鶴賀緑町1613番地
広報担当
Tel:026-224-5004
Fax:026-224-5102
前のページに戻る ページトップに戻る