ページの先頭です。
メニューを飛ばして本文へ
-
-
-

検索コーナー

認知症の相談窓口

  • 印刷用ページを表示する
  • 更新日:2020年6月30日更新

広報ながの2020年7月号掲載記事

認知症や介護に関するご相談は地域包括支援センターへ

 新型コロナウイルス感染症の影響による自粛生活に伴い、高齢の人は、「動かないこと(生活不活発)」による脳の働きの低下や、それに伴う介護や支援など、家族の負担増加が心配されます。地域包括支援センターが皆さんをサポートします。

家族が認知症かも・・・どこに相談すればいいの?

認知症初期集中支援チーム

 日常生活に大きな支障が出ない段階からご相談いただけるよう、中部地域包括支援センターに医師などの専門職で構成された支援チームを設置しています。

 チームの相談員が訪問などで心配事などをお聴きし、自分らしく安心して暮らせるよう、早期に医療や介護サービス・生活面のサポートにつなげます。

長引く外出自粛による影響も…介護ストレスたまっていませんか?

 毎日の介護を頑張り過ぎていませんか?1人で抱え込まないように、適切な支援を受けることが大切です。

 次の項目で思い当たることはないかチェックしてみましょう。

  • 介護は主に自分1人で行っている
  • 介護の悩みを聴いてくれたり、相談に乗ってくれたりする人がいない
  • 友達付き合いや趣味の時間が取れなくなった
  • 介護は自分が頑張らなければと思う
  • 介護生活の先行きが見えず、不安になる

 当てはまる項目があるようでしたら、1人で悩まずに、お気軽に地域包括支援センターへご相談ください。

地域包括支援センター

 高齢の人や、その家族からの医療・介護・福祉に関するさまざまな相談に専門職が応じます。お住まいの地域を担当する地域包括支援センターがご不明の場合は、地域包括ケア推進課へお問い合わせください。市ホームページにも掲載しています。

掲載内容に関する問い合わせ

地域包括ケア推進課 中部地域包括支援センター

より良いホームページにするため、皆さまのご意見をお聞かせください
このページの情報は役に立ちましたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?

このページに対するご意見・ご要望を記入してください(個人に関する情報は記入しないでください)。
なお、お答えが必要なご意見等はこちらではお受けできません。直接担当部署または市へのご意見・ご提案へお願いします。

※いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。

このページに関するお問い合わせ先
〒380-8512 長野市大字鶴賀緑町1613番地
広報担当
Tel:026-224-5004
Fax:026-224-5102
前のページに戻る ページトップに戻る