ページの先頭です。
メニューを飛ばして本文へ
-
-
-

検索コーナー

地域きらめきニュース

  • 印刷用ページを表示する
  • 更新日:2021年11月30日更新

広報ながの2021年12月号掲載記事

地域きらめきニュース

長野市出身 藤澤選手・堀越選手メダル獲得おめでとうございます!

藤澤潔選手

巧みな車いす操作で相手をけん制し、決勝戦でもシュートを決めるなど、活躍を見せてくれました。

藤澤潔選手の写真

「自分で自分に納得したかった」~選考合宿での葛藤

大会に向けての選考合宿で、自分がこう在りたいと思う姿でいるべきか、代表に残るためのバスケをするべきか、そこの折り合いがすごく難しかったです。自分の武器であるシュートは絶対に持ち味として出したいけど、シュートだけ打っていれば選考されるかといえばそうではありません。むしろ日本代表はディフェンスのチームなので。

でもやはり後悔したくないし、誰もが納得するような存在でいなきゃいけないし、自分で自分に納得したかったので、持ち味は最大限出すべきだと思いました。そして、結果それがうまくいき、(大会中の)要所でのシュートにつながりました。自分の武器を貫いたからそういうシーンをつくることができたと思います。納得感が得られる大会でした。

藤澤潔選手の写真

堀越信司選手

ゴールの瞬間、思わずガッツポーズが出たそうです。今まで何百本とレースを走ってきた中で、一番気持ちの良いゴール、本当に最高の瞬間だったと語ってくれました。3年後のパリパラリンピックに向けて、既に練習を開始しているとのことです。

堀越信司選手の写真

「今回の大会は『ブレなかった』ことに尽きます」

あらかじめレースプランを、「ずっとこれで行く」と決めていました。レース中はやはり駆け引きが多かったですが、決めていたプランのとおり走りました。信念を貫き通したということが一番の勝因です。

また今年に入ってから、故障で2カ月くらい走れない期間がありました。やはり動揺するし、負の感情に押しつぶされそうなときもありましたが、「本当にそれでいいのか」「できることをやるしかないだろ」とずっと自分に言い聞かせてやってきました。

レースプランのとおり走り切ったことも、故障中の心の持ち方のことも、今回の大会は「ブレなかった」ことに尽きます。

堀越信司選手の写真

掲載内容に関する問い合わせ

広報広聴課

より良いホームページにするため、皆さまのご意見をお聞かせください
このページの情報は役に立ちましたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?

このページに対するご意見・ご要望を記入してください(個人に関する情報は記入しないでください)。
なお、お答えが必要なご意見等はこちらではお受けできません。直接担当部署または市へのご意見・ご提案へお願いします。

※いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。

このページに関するお問い合わせ先
〒380-8512 長野市大字鶴賀緑町1613番地
広報担当
Tel:026-224-5004
Fax:026-224-5102
お問い合わせはこちらから
前のページに戻る ページトップに戻る