ページの先頭です。
メニューを飛ばして本文へ
-
-
-

検索コーナー

水道の冬支度

  • 印刷用ページを表示する
  • 更新日:2021年11月30日更新

広報ながの2021年12月号掲載記事

水道管の凍結にご注意ください

最低気温が氷点下になることが多いこれからの季節は、日が当たらない場所、風が強く当たる場所などで、水道管が凍結しやすくなります。

低温注意報が発表されたときや、旅行などで長期間水道を使わないときは、特に注意が必要です。早めに水道管の冬支度をして、寒い冬に備えましょう。

凍結を防ぐには

水道管を電熱帯(凍結防止帯)で保温する

屋外の水道管は凍結しやすいため、電熱帯を巻いて保温してください。電熱帯の電源の入れ忘れに注意しましょう。

不凍栓を閉める

長期間水道を使わないときは、不凍栓を閉め、水道管内の水を抜いてください。長期の不在などで、家のブレーカーを切る際も同様です。

水抜きの手順
  1. 不凍栓を完全に閉める。
  2. 蛇口を開ける(水道管内に空気が入り、水が排出されます)。
  3. 蛇口の先に手のひらを当て、空気の吸い込みを確認する。

水道管が凍結してしまったら

凍結したと思われる部分にタオルを巻いて蛇口を開き、30~40度ぐらいのぬるま湯をゆっくり掛けるか、ドライヤーなどで温風を当てて、水道管内の氷を溶かしてください。

※水道管に熱湯を掛けて急激に温めると、破裂する恐れがあります。

水道管が破裂してしまったら

水が噴き出した場合は、不凍栓か水道メーターボックス内の止水栓を閉めてください。破裂した部分に布やテープを巻き、その上からひもや針金などで縛って、水が噴き出さないようにしてください。

水道管の解氷・修理

水道管の解氷や破裂などの修理は、ご自宅の水道を工事した長野市指定給水装置工事事業者へ依頼してください。借家にお住まいの皆さんは、家主か管理会社へお問い合わせください。

掲載内容に関する問い合わせ

上下水道局水道維持課

より良いホームページにするため、皆さまのご意見をお聞かせください
このページの情報は役に立ちましたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?

このページに対するご意見・ご要望を記入してください(個人に関する情報は記入しないでください)。
なお、お答えが必要なご意見等はこちらではお受けできません。直接担当部署または市へのご意見・ご提案へお願いします。

※いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。

このページに関するお問い合わせ先
〒380-8512 長野市大字鶴賀緑町1613番地
広報担当
Tel:026-224-5004
Fax:026-224-5102
お問い合わせはこちらから
前のページに戻る ページトップに戻る