ページの先頭です。
メニューを飛ばして本文へ
-
-
-

検索コーナー

野生鳥獣による被害の防止

  • 印刷用ページを表示する
  • 更新日:2022年6月30日更新

広報ながの2022年7月号掲載記事

野生鳥獣による農業被害・人身被害を防止しましょう

市内では、イノシシ、シカ、サル、カラスなどによる農作物被害が多く報告されているほか、住宅敷地内でのキツネ、タヌキ、ハクビシンの目撃も相次いでいます。野生鳥獣から農作物を守るためには、加害獣の捕獲も必要ですが、環境対策や防除が重要となります。

また、今年も中山間地域では、人身被害を起こす可能性が高いクマの目撃情報が寄せられています。

野生鳥獣対策に「これを行えば大丈夫」といった特効薬はありません。被害を防ぎ、減少させるためにも、まずは市民の皆さん一人一人が対策をするとともに、地域全体で野生鳥獣を寄せ付けない環境づくりに取り組んでいきましょう。

寄せ付けない

家庭の生活ごみ(野菜くずや生ごみ)を畑などの農地や住宅敷地内に捨てないようにしましょう。また、柿などの果樹を放置していると、野生鳥獣の餌場やねぐらになる傾向があります。地域で合意の上、できるだけ伐採するなどして、野生鳥獣を寄せ付けない環境をつくりましょう。

隠れ場所をつくらない

耕作放棄地や農地周辺の「やぶ」は、野生鳥獣の格好の隠れ場所です。所有者ごとの対策のほか、地域ぐるみでも定期的に刈り払いなどを行い、野生鳥獣が近づきにくい環境をつくりましょう。

また、空き家や神社など、すみかになりやすい場所の見回りや侵入防止策をお願いします。野生鳥獣は、頭が入る隙間があれば侵入するため、天井裏や床下などの侵入口をふさぐなどの対策を取りましょう。

防護柵や電気柵などで侵入防止

農地の周囲に防護柵や電気柵などを設置して、野生鳥獣の侵入を防ぎましょう。侵入された場合、破損した箇所はそのままにせず、修理をするなど、対策を取りましょう。

また、防護柵内の野生鳥獣の前脚が届きそうなところには、野生鳥獣が好まないトウガラシやピーマンなどの野菜の作付けをお勧めします。

電気柵に触らない

市内には、中山間地域の農地周辺を中心に、多くの電気柵が設置されています。電気柵は、獣害対策として効果はありますが、取り扱い方法を間違えると、最悪の場合には感電死する可能性があるため、近づかないように注意しましょう。

また、電気柵を設置している皆さんは、感電や火災の恐れがないよう、次のとおり適切な設置や管理をお願いします。

  • 危険であることを表示をする。
  • 道路際に設置する場合は、歩行者などが誤って触れないように注意する。
  • 感電防止のため出力電流が制限される電気柵用電源装置を使用する。
  • 使用電圧30ボルト以上の電源から電気を供給する場合は、漏電遮断器を設置する。
  • 容易に開閉できる箇所に、専用の開閉器を設置する。

電気柵の写真

クマの出没にご注意ください!

行楽シーズンを迎え、郊外に出掛ける機会が増えるこれからの時季は、クマと遭遇しないよう、次の点にご注意ください。

音の出る物を持ち、周囲に注意する

山に入るときは、クマに人の存在を知らせるため、単独行動は避け、ラジオ、鈴、笛など、音の出る物を携帯しましょう。特に早朝と夕方は、クマの活動が活発になります。万が一クマに遭遇したら、慌てずに目をそらさず、ゆっくりと後ずさりしながらその場を離れてください。

特に子連れの母クマに注意する

子グマの近くには母グマがいる可能性があります。子グマには絶対に近づかないでください。

残飯などは絶対に捨てない

一度人間の食べ物の味を覚えたクマは、人里などに出没するようになります。残飯などは絶対に山や森林に捨てないでください。

掲載内容に関する問い合わせ

森林いのしか対策課

より良いホームページにするため、皆さまのご意見をお聞かせください
このページの情報は役に立ちましたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?

このページに対するご意見・ご要望を記入してください(個人に関する情報は記入しないでください)。
なお、お答えが必要なご意見等はこちらではお受けできません。直接担当部署または市へのご意見・ご提案へお願いします。

※いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。

このページに関するお問い合わせ先
〒380-8512 長野市大字鶴賀緑町1613番地
広報担当
Tel:026-224-5004
Fax:026-224-5102
お問い合わせはこちらから
前のページに戻る ページトップに戻る