ページの先頭です。
メニューを飛ばして本文へ
-
-
-

検索コーナー

城山公民館 令和元年度の市民講座の様子

  • 印刷用ページを表示する
  • 更新日:2019年5月15日更新

令和元年度の市民講座の様子

令和元年度に城山公民館で実施した市民講座の様子をお伝えします。

城山公民館 ひよこくらぶ

スプリングコンサート

レコードコンサート

城山公民館 あひるくらぶ

城山公民館 ひよこくらぶ

講座の概要

未就園児と保護者を対象に、小さいお子さんをお持ちのお父さん、お母さん、おじいちゃん、おばあちゃん、お子様と一緒に楽しい時間を過ごす機会をつくり、親子の絆と共に参加者同士の交流を図ります。

また、託児付きの講座を企画し、お子さんは託児ボランティアの地域住民とふれあう時間を楽しみ、お母さんは心身ともにリフレッシュしてまた優しい気持ちで子育てに向き合えるような講座を企画します。

講座の様子

第1回 英語であ・そ・ぼ!
内容

小学校の授業に取り入れられたと話題になって以来、ママ達の関心の高いEnglish。乳幼児のお子さんを持つご家庭でもなじんでいただけるように、英語のわらべ歌や手遊び・絵本を通じて響きやリズムを楽しみ、頭ではなく体で感じる英語を味わって、親子でリラックスした時間を過ごしていただきました。

記録

令和の時代を迎えた5月9日、わがひよこくらぶの新年度が始まりました。第1回の「英語であそぼ!」には、地区を超えた多くの皆さまに関心を寄せていただき、5月の心地よい空気の中、こいのぼりにも負けないくらい元気な15組の乳幼児の親子の方々が、お集まり下さいました。

講師は、児童英語講師として26年間。乳幼児から中高大生までの長いスタンスで子どもの英語の発育にかかわってきた、ラボ国際交流センターインターナショナルボランティアリーダーの矢島まり子さんです。

朝、お部屋をのぞくと・・・はらぺこあおむしの大好きないちごやプラムの大きな絵が壁一面に!あおむしが金曜日に食べたチョコレートケーキやカップケーキ、アイスクリームなどは床の上。お友達とママは、近寄ったり、そっと触ったりしています。みんなの体の何倍もある大きな絵で、なんだか小さな青虫さんになった気分でしたね。

“ Good morning good morning.  And how do you do?

Good morning good morning.  I’m fine. How are you?“

英語のご挨拶も、歌のリズムにのせると自然に口をついて出てきます。歌の最後には、ママに「高い高い!」をしてもらって、みんなニコニコです。

マザーグースには、手遊び・触れ合い遊び・わらべ歌等々、英語圏のお子さんが小さい頃から慣れ親しんできたものが多くあります。言語は違っても、子どもとの距離を縮め、スキンシップで笑顔になるのは一緒。ハンプティダンプティの卵がひっくり返り、ママに大切そうに抱えられてころげたお友達はキャーキャーとうれしそう。割った卵とお砂糖と粉を混ぜてこねて焼いて。できたケーキを食べるお歌を歌いながら触れ合う親子の姿に、英語へのハードルは感じられませんでした。はらぺこあおむしの絵本を見た後、みんなでHungry Cataerpillarになって動いてみました。“Still hungry! まだまだおなかはぺっこぺこ!”みんなが、立派なさなぎを経て大きなちょうちょに育っていく姿が想像され、頼もしい限りです。ママ達もすっかり童心に返り、開放された笑顔が輝いてみえました。

「英語のお勉強」と構えるのではなく、ママがリラックスして楽しむことの大切さを感じた、ひよこくらぶのスタートとなりました。

英語であ・そ・ぼ!

スプリングコンサート

講座の概要

春のうららかなひとときを、穏やかなコカリナとギターの演奏を通して参加者の皆さんで交流を図りました。

講座の様子

4月24日、あいにくの小雨模様のお天気となりましたが、多くの皆さんにお越しいただき、スプリングコンサートが開催されました。

今回のコンサートは、日ごろ、城山公民館でコカリナの演奏を練習されている「めぐみコカリナの会」の皆さんに披露していただきました。

「さくらさくら」といった童謡を中心に、心安らぐコカリナを演奏してくださいました。
ハンガリーの楽器「コカリナ」は、長野オリンピックを契機に、黒坂氏が中心となって全国に広まっていったことなどをお話していただきながら、コンサートは進んでいきました。

コカリナの演奏の後は、井澤聖次さんにギターの弾き語りを披露してくださいました。昭和歌謡曲を3曲演奏してくださり、会場は、昭和初期のレトロな雰囲気に包まれました。

その次に、めぐみコカリナの会の皆さんと井澤聖次さんによるコカリナとギターのアンサンブルをたっぷりと味わいました。
最後は、「故郷」を参加者全員で合唱して本編は終了となりました。参加者からのアンコールに応え、「野ばら」が演奏され、会場は穏やかな雰囲気に包まれました。

コカリナとギターの優しい音色に心が洗われました。楽しいひとときを過ごすことができました。

スプリングコンサート

レコードコンサート

講座の概要

スピーカーやアンプを持ち込んでの、本格的なレコード鑑賞会を行いました。ジャズ、クラシック、ポピュラー、歌謡曲など幅広いジャンルの曲を聴きながら参加者の皆さんで交流を図りました。

講座の様子

4月23日に開催されたレコードコンサートは、元川中島町公民館長の若林行正さんのご案内により、アントニオ・ルーチョ・ヴィヴァルディの代表曲の「四季」より「春」ではじまりました。

音楽知識の豊富な若林さんは、クラシックからジャズ、洋楽から邦楽などあらゆるジャンルの曲が選曲され、その曲の解説や時代背景などをお話してくださいました。

本格的なアンプやスピーカーから流れる音は、迫力十分で、圧倒されてしまいます。また、レコードプレイヤーから流れる音色は、どこか懐かしく、再生を重ねるにつれて鳴るパチパチといった雑音が曲に味を与えているように感じました。

参加された方の中には、レコードを蓄音機を持参された方もいました。レコードを大音量で、大勢の人たちと一緒に聴く機会はあまりなく、ノスタルジックなひと時を共有することができました。

参加された方からは、第二弾も、との声が多く寄せられました。平成から令和へと時代が移ろうなか、昭和にもどったかのような素敵な時間を過ごすことができました。

レコードコンサート

城山公民館 あひるくらぶ

講座の概要

主に小学生の親子を対象に、親子で協力してものを作ったり、共に考えたりしながら、親子のコミュニケーションを深めます。

また、この講座が自然、食、環境などの問題について考えるきっかけとなり、子ども同士、親同士、講師の方など、地域の人とのコミュニケーションの場をつくります。

講座の様子

第1回 家族の記念樹
内容

公民館周辺に生えている草や幼木を使ってミニ盆栽を作ります。親子で一緒に作り、自宅で「家族の記念樹」として大切に育て、生命の尊さや力強さを学びます。

記録

城山周辺の桜の花が開き始めた4月13日。当日は天気にも恵まれ、暖かな春という言葉がふさわしい日。平成31年度のあひるくらぶのスタートです。

第1回は昨年4月にも開催した「家族の記念樹」。好評のため今年度も開催しました。講師は引き続き、城山公民館の成人学校で講師を務めていただいている山本 千城子先生。

昨年度も参加してくださった方も数名おり、昨年作った盆栽を持ってきてくださいました。秋まできれいな紅葉を見せてくれていたそうですが、冬に花壇の土に植え替えたら枯れてしまったそうです。なかなかミニ盆栽と言っても育てるのは難しい。それを踏まえて今回は、講座の最後に作った盆栽を上手に育てる方法も教えていただきます。

まずは公民館の裏にたくさん生えている「スズメノヤリ」という多年草を親子で協力して掘り起こします。「スズメ」は「小さな」、「ヤリ」は「大名行列の槍」に似ていることからその名がついたそうです。前日まで少し天気が悪く、雨が降ったからか土が柔らかかったので、小さい子どもでも簡単に掘れました。

掘った「スズメノヤリ」をどのように盆栽にするのか先生に教えていただき、いざ実践です。掘った際についてきた余分な土を割りばしで落とし、鉢のサイズに合わせて入れ、上から新しい土(赤玉)を入れます。水が張ってあるタライに鉢ごと入れ、鉢の底から水がすぐに切れるまで繰り返します。これでミニ盆栽の完成です。皆さん楽しそうに協力して作っていました。

他に成人学校の受講生の方が用意してくださった、2016年実生の4年目の「コナラ」と2015年実生の5年目の「山桜」を使って親子でミニ盆栽を完成させました。

作った盆栽は、
1 寒さにあてない
2 水切れさせない
3 太陽のあたるところに置く
4 対流するのが重要なので、コンクリートなどに直におかない
5 毎日少しだけでも盆栽が元気かのぞいてみる事
が重要なのだと先生に教えていただきました。越冬の仕方としては、鉢ごと花壇の土の中に入れてしまえばいいそうです。

親子で5~6鉢作った方もいて、皆さん大切そうに持ち帰りました。これからじっくり時間をかけて、記念樹が大きくなるまで大切に育ててくださると嬉しいです。

家族の記念樹

より良いホームページにするため、皆さまのご意見をお聞かせください
このページの情報は役に立ちましたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?

このページに対するご意見・ご要望を記入してください(個人に関する情報は記入しないでください)。
なお、お答えが必要なご意見等はこちらではお受けできません。直接担当部署または市へのご意見・ご提案へお願いします。

※いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします

このページに関するお問い合わせ先
〒380-0852 長野市大字長野東之門町2462番地
城山公民館
Tel:026-232-3111
Fax:026-232-3112
お問い合わせはこちらから
前のページに戻る ページトップに戻る