ページの先頭です。
メニューを飛ばして本文へ
-
-
-

検索コーナー

城山公民館 令和元年度の市民講座の様子

  • 印刷用ページを表示する
  • 更新日:2019年10月15日更新

令和元年度の市民講座の様子

令和元年度に城山公民館で実施した市民講座の様子をお伝えします。

世界の料理教室

杜氏から見た あなたの知らない菌の世界

われらが愛する地附山

善光寺門前町の考古学

城山公民館 ひよこくらぶ

城山公民館 あひるくらぶ

中国伝統の弦楽器 二胡の演奏会と体験教室

子どもミステリーツアー

夏休み集中勉強会

紙の花風車づくり

サマーコンサート

夏休み自由研究のヒント 3つの環境のお話

麦わらで作る蛍籠

ドキュメンタリー映画 「原田 要 平和への祈り 元ゼロ戦パイロットの100年」 上映会

知って得する! 生ごみの減量・活用法!

地域をつなぐ「友情人形」のお話 ギューリック3世がやってくる

城山史跡巡りウォーキング講座

スプリングコンサート

レコードコンサート

世界の料理教室

講座の概要

市内在住の外国出身の方に自国の料理の作り方を教えていただき、異国の食文化を学びながら、参加者の皆さんとの交流を図ります。

講座の様子

第一弾 カナダ

カナダ出身で、若槻公民館 成人学校の英語講師を務めていらっしゃるイアン・ディビッドソンさんに、カナダの家庭料理を教えていただきました。

カナダの名産メープルシロップとサーモンを使った「メープルサーモン」、カナダを代表する名物料理「プーティン」、カナダの冬によく食べられる「チリビーンズ」の三品の作り方を教えていただきました。

豊かな自然に恵まれたカナダでは、サーモンをバーベキューにして食べることが多いそうです。「メープルサーモン」は、メープルシロップを刷毛を使って鮭の切り身にたっぷりと塗り、その上に塩コショウやスパイスなどをふり、レンジで焼きます。日本人の発想では、なかなかメープルシロップを鮭に塗って味付けをするという考えはでてこないと思います。メープルシロップのほんのりとした甘さがおいしい一品でした。

「プーティン」は、フライドポテトの上に粒上のチーズカードと肉汁などから作るグレイビーソースをかけて作るカナダの料理です。今回は、チーズカードのかわりにとろけるチーズを使いました。グレイビーソースはカナダで売っているものを使用しましたが、日本でも市販されています。インターネットで検索するとグレイビーソースの作り方を調べることもできます。

「チリビーンズ」は、ひよこ豆といった豆類をトマトソースとチリパウダーなどで煮込む、辛みの効いたおいしい一品です。辛さはお好みで調整できます。カナダの冬は寒く、「チリビーンズ」を食べて体を温めるそうです。長野の冬もカナダと同等に寒く厳しいので、「チリビーンズ」は長野の冬にピッタリな料理です。

この日は、10代から70代まで幅広い年齢層の皆さまが受講されました。5班に分かれ、それぞれの班の皆さんで協力しながら調理をされていました。講師のイアンさんは、各テーブルをくまなく回りながら声をかけてくださり、皆さん、楽しく交流を図ることができました。

今回の講座では、家庭でも気軽に作ることができる料理だったので、ぜひ、ご家庭でもカナダの食文化を味わっていただければと思います。

世界の料理教室 カナダ

第二弾 フィリピン

令和元年度の第二弾は、フィリピン出身の渡邉愛凛さんに、フィリピンを代表する家庭料理3品を教えていただきました。

「シニガン」は、フィリピンで親しまれている、酸味の効いたスープです。オクラや里芋、大根といった野菜や豚肉をふんだんに使った、具沢山のフィリピンを代表する家庭料理です。各家庭で使用する材料が違い、日本の味噌汁のように、おふくろの味とされているようです。愛凛さんの作るシニガンは、愛凛さんが日本に来てから初めて知ったというエノキダケを入れるそうです。世界でひとつだけのオリジナルのシニガンの作り方を教えていただきました。

「アドボ」は、フィリピンで日常的に食べられるフィリピンの国民食です。豚肉と鶏肉を煮込んで作ります。醤油や砂糖で味付けし、ローリエやレモンで香付けします。愛凛さんが各テーブルを回り、味を確認してくださいました。日本の煮物とは違う風味を感じました。ごはんがすすむ一品でした。

「バナナトュロン」は、フィリピンの定番おやつです。三温糖をまぶしたバナナを春巻きの皮で巻き、低温の油で焦げ付かないように揚げたものです。フィリピンの街角ではどこでも手に入るポピュラーなフィリピンスィーツです。揚げたてのバナナトュロンは、皮がサクサクしていて、一口食べると甘いバナナがたまらなくおいしかったです。

受講者の皆さんは、5グループに分かれて調理を行いました。初めて顔を合わせる方もいましたが、どのグループも協力しながら和気あいあいとした雰囲気で作業を行っていました。

愛凛さんも親身になって教えてくださいました。受講者のお一人が、愛凛さんに、「孫が遊びに来たらバナナトュロンを作って食べさせてあげたい」とうれしそうにお話しされていました。皆さんのおかげで、楽しい時間を過ごすことができました。

世界の料理教室 フィリピン

第三弾 スリランカ

第三回目の世界の料理教室は、スリランカ出身の南シャーミニさんに、スリランカの家庭料理を教えていただきました。

今回は、「レンズ豆のカレー」と「チキンカレー」の2種類のスリランカカレーと「ニンジンサラダ」の作り方を教えていただきました。

最初に「ニンジンサラダ」を教えていただきました。ニンジンをスライサーなどで細く切り、玉ねぎのみじん切りと塩、コショウ、レモンを加えてよく混ぜます。ニンジンや玉ねぎの風味がそのまま活きたサラダでした。ご家庭でも簡単に作ることができそうです。

スリランカのカレーは、ターメリックパウダーやクミンシード、マスタードシードなどたなくさんのスパイスが使われています。ガラムマサラは、家庭によって使うスパイスや配合が違うそうです。日本の漬物に似ていますね。さらに、ココナッツミルクを加えることにより、香り豊かでまろやかな味になりました。この日作ったカレーは、日本人好みの味にしてくださったそうで、本場のスリランカではもっと辛めに味付けするそうです。

この日は土曜日だったため、小学生のお子さんと一緒に親子で参加してくださった方もいました。男性もお一人参加していて、小学生と一緒に調理をされていました。国籍や世代を超えた交流を図ることができました。試食では、参加者の皆さんが楽しそうにお話しながら召し上がっていました。

南シャーミニさんは、スリランカ産の紅茶も用意してくださいました。世界でも有数な紅茶の生産国であるスリランカの紅茶は、すっきりとしていて、スパイシーなカレーとよく合いました。

同じアジアの島国のスリランカ。神秘的な魅力溢れるスリランカの事をもっと知りたいと感じるひと時でした。

世界の料理教室 スリランカ

第四弾 オーストラリア

第四弾は、世界のいろいろな国の民族が共存するオーストラリアの家庭料理を、市内在住でオーストラリア出身のカーティス・ウェイン・アンソニーさんに教えていただきました。

カーティスさんの英語のあいさつで始まった今回の講座は、ほぼ全編わたって英語で行われました。最初は戸惑いもありましたが、カーティスさんの優しい人柄に触れるにつけ、徐々に打ち解けていくことができました。

カーティスさんは、まるでラグビーのオーストラリア代表ワラビーズのフォワードのごとく、ぐんぐんと進んでいきます。うかうかしていると、乗り遅れてしまいそうです。しかし、わからないところは、カーティスさんに声をかけると、テーブルまで来てくれて優しく教えてくださいました。

今回のメニューは、ローストチキン。鶏肉に包丁で切り込みを入れて、ポケットのように穴をあけて、その中に、玉ねぎやベーコン、パセリなどを炒めたものを詰め込んで、オーブンで焼きます。手が込んでいて、時間がかかりそうな料理に思えましたが、いざ調理してみると思ったよりも簡単に作ることができました。まだ、先の話になりますが、クリスマスにもとても合うのではないのかなと思いました。

今回は、いんげんとクスクスを付け合わせました。クスクスは初めての方が多くいらっしゃり、その味や香りを楽しみました。盛りつけも素敵で、まるで、一流ホテルのレストランのよう!?

全編英語の料理教室は初めてでしたが、皆さん和やかに、楽しいひと時を過ごすことができました。

言葉は通じなくても心は通い合う、国際交流は素敵だなと改めて感じました。

世界の料理教室 オーストラリア

杜氏から見た あなたの知らない菌の世界

講座の概要

私達に一番身近な生き物「菌」。目には見えないけれど、身のまわりで活躍するたくさんの菌について、地元杜氏の原田浩生さんにお話いただきます。

講座の様子

地元の酒造場の杜氏 原田浩生さんから、私達に一番身近な生き物である菌についてお話をしていただきました。

日本酒の製造には欠かせない「酵母」は、目には見えない菌の一種です。杜氏の仕事は、その菌と向き合い、菌と付き合い、菌と共に生きなければ成り立ちません。杜氏の原田さんは、菌をよく知り、日々研究されています。そんな原田さんだからこそ語れる菌のお話をお聞きしました。

当日はしょうゆ豆の元となる大豆こうじを持参していただき、ルーペで観察することができました。大豆の表面には、カビのような菌を見ることができました。また、パン酵母を顕微鏡で見ることができました。

お話は、菌とは何かから始まり、天然酵母パンや清酒酵母などの飲食に関わる菌のお話や虫歯菌やウイルスなどが人間の身体にどのような影響をあたえるかなど、多岐にわたりました。

私達が生活する中で、目には見えない菌が、いかに人間の暮らしに関わっているのかを知ることができました。菌について知らないことが多く、いろいろな発見がありました。菌やウイルスといかにうまく付き合っていくかが大切なことだと感じました。

現代社会では、インターネットをはじめとしてさまざまな情報が流れています。その情報が正しいものか誤ったものなのか、それを判断できる知識を自分で高め、自分で考えることが大事だと感じました。

菌のお話を通して、日常の生活を改めて考えるいい機会となりました。

杜氏から見た あなたの知らない菌の世界

われらが愛する地附山

講座の概要

長野市民の憩いの場として長きにわたって愛されてきた地附山。その生い立ちや山野草などの植生のお話を通じて、その魅力をより多くの皆さんに知っていただき、地附山を訪れていただきたいと思います。

講座の様子

第二地区住民自治協議会 地附山トレッキングコース愛護会設立10周年を記念して市民講座「われらが愛する地附山」を開催しました。

展示会では、「地附山の草花と樹木」の写真パネルの展示と、地附山トレッキングコースを紹介するパワーポイントをトレッキングコース愛好会の皆さんが作成してくださいました。展示場を訪れた皆さんに、愛護会のメンバーが丁寧に説明してくださいました。来場者のなかには、小学生や幼稚園の先生といった若い世代の姿も見受けられ、多くの皆さんが展示物を興味深くご覧になっていました。

午後の講演会では、戸隠地質化石博物館の田辺智隆先生と中村千賀先生のお二人にご講演いただきました。

田辺先生からは、「地附山の生い立ち」についてお話をしていただきました。長野の大地は、海が隆起してでき、戸隠山からは貝やクジラの化石が見つかっています。飯縄山は何回も噴火を繰り返してできた山で、その昔は富士山のような形をしていたそうです。その火砕流は善光寺平まで流れ込んだそうです。長野盆地は、活断層と河川の氾濫でできた平で、沈む善光寺平と盆地西側の山地の隆起で形成されており、断層の動きが地附山をつくったそうです。かつては犀川が流れていた場所で、もともと地滑りが起こりやすい地だそうです。自分の住む土地のことを知ること、過去を知ることで、大地とのつきあい方を学び、自然災害から自分の命を守り減災につなげることが大事だと思いました。

中村先生からは、「地附山の植生」についてお話をしていただきました。地附山は、植物の見どころも豊富な愛すべき山で、トレッキングコースごとに、その植生について紹介してくださいました。場所によって乾燥していたり、湿った環境だったりと多種多様な植物が見られ、四季折々の自然を楽しむことができ、訪れるたびに新しい発見がある魅力あふれる山だそうです。また、古墳や古城といった人々の歴史も感じられる場所で、市街地からほんの少し歩けば、豊かな自然を楽しむことができます。

大地の歴史を感じられ、誰もが楽しむことができる地附山。ぜひ、トレッキングコースにお越しいただき、地附山の醍醐味を味わっていただければと思います。

われらが愛する地附山

善光寺門前町の考古学

講座の概要

城山周辺の遺跡を中心に、善光寺門前町の考古学についてご講演いただき、自分の住む地域の歴史や文化について学ぶ機会をつくります。

講座の様子

箱清水で出土された、赤く色を塗られた「箱清水土器」に代表されるように、城山周辺では数多くの埋蔵文化財が発掘されています。城山周辺の遺跡を中心に、長野市埋蔵文化財センター 研究員の田中暁穂さんから、善光寺門前町の考古学についてご講演をしていただきました。

長野盆地の北側は南へと傾斜していて、裾花川河岸段丘と湯福川扇状地が重なり合っていて、人間が暮らしやすい環境にあり、古くから人々が住んでいたそうです。

弥生時代の著名な土器である「箱清水式土器」は、長野高等女学校の渡辺敏校長が、建設中の敷地内数百個の土器を採取して学会に発表され、全国の注目を集めることになりました。箱清水遺跡をはじめとする遺跡群で発掘された埋蔵物からは、太古の人々の暮らしが垣間見えます。コメ・アワ・ヒエなどの弥生時代の農耕に関することや集落で暮らしていたことなど、いろいろなことがわかるのだと感心してしまいました。

また、鎌倉時代以降善光寺信仰が全国に広まるにつれ、善光寺の存在が、人々の暮らしに大きく影響されてきたことがわかりました。北陸を経由した人やモノの流れにより様々な地域との繋がりができ、豊かな文化が育まれてきました。

私達の祖先が育んできた文化を大切に守っていきたいと思いました。

善光寺門前町の考古学

城山公民館 ひよこくらぶ

講座の概要

未就園児と保護者を対象に、小さいお子さんをお持ちのお父さん、お母さん、おじいちゃん、おばあちゃん、お子様と一緒に楽しい時間を過ごす機会をつくり、親子の絆と共に参加者同士の交流を図ります。

また、託児付きの講座を企画し、お子さんは託児ボランティアの地域住民とふれあう時間を楽しみ、お母さんは心身ともにリフレッシュしてまた優しい気持ちで子育てに向き合えるような講座を企画します。

講座の様子

第1回 英語であ・そ・ぼ!
内容

小学校の授業に取り入れられたと話題になって以来、ママ達の関心の高いEnglish。乳幼児のお子さんを持つご家庭でもなじんでいただけるように、英語のわらべ歌や手遊び・絵本を通じて響きやリズムを楽しみ、頭ではなく体で感じる英語を味わって、親子でリラックスした時間を過ごしていただきました。

記録

令和の時代を迎えた5月9日、わがひよこくらぶの新年度が始まりました。第1回の「英語であそぼ!」には、地区を超えた多くの皆さまに関心を寄せていただき、5月の心地よい空気の中、こいのぼりにも負けないくらい元気な15組の乳幼児の親子の方々が、お集まり下さいました。

講師は、児童英語講師として26年間。乳幼児から中高大生までの長いスタンスで子どもの英語の発育にかかわってきた、ラボ国際交流センターインターナショナルボランティアリーダーの矢島まり子さんです。

朝、お部屋をのぞくと・・・はらぺこあおむしの大好きないちごやプラムの大きな絵が壁一面に!あおむしが金曜日に食べたチョコレートケーキやカップケーキ、アイスクリームなどは床の上。お友達とママは、近寄ったり、そっと触ったりしています。みんなの体の何倍もある大きな絵で、なんだか小さな青虫さんになった気分でしたね。

“ Good morning good morning.  And how do you do?

Good morning good morning.  I’m fine. How are you?“

英語のご挨拶も、歌のリズムにのせると自然に口をついて出てきます。歌の最後には、ママに「高い高い!」をしてもらって、みんなニコニコです。

マザーグースには、手遊び・触れ合い遊び・わらべ歌等々、英語圏のお子さんが小さい頃から慣れ親しんできたものが多くあります。言語は違っても、子どもとの距離を縮め、スキンシップで笑顔になるのは一緒。ハンプティダンプティの卵がひっくり返り、ママに大切そうに抱えられてころげたお友達はキャーキャーとうれしそう。割った卵とお砂糖と粉を混ぜてこねて焼いて。できたケーキを食べるお歌を歌いながら触れ合う親子の姿に、英語へのハードルは感じられませんでした。はらぺこあおむしの絵本を見た後、みんなでHungry Cataerpillarになって動いてみました。“Still hungry! まだまだおなかはぺっこぺこ!”みんなが、立派なさなぎを経て大きなちょうちょに育っていく姿が想像され、頼もしい限りです。ママ達もすっかり童心に返り、開放された笑顔が輝いてみえました。

「英語のお勉強」と構えるのではなく、ママがリラックスして楽しむことの大切さを感じた、ひよこくらぶのスタートとなりました。

英語であ・そ・ぼ!

第2回 ママのための!BABY ヘアカット入門
内容

お子さんのちょっとしたヘアカットを、まずはおうちでしたいという要望に応え企画しました。講師のプロのヘアスタイリストの方から、頭部の見立て方、髪の毛の切り方・整え方、ハサミの使い方などのコツを教えていただきます。

記録

6月10日 月曜日、第2回のひよこくらぶ「ママのための!BABY ヘアカット入門」講座が開かれました。講師は、ヘアスタイリストの山本里枝さんと、お仲間の成澤美穂さん・千葉瞳さんのプロの3名です。梅雨の季節にも関わらず、雨の晴れ間に13組のひよこさん親子が、元気にお集まりくださいました。

まず、山本さんからカットの仕方の説明がありました。頭部を、前・わき・後ろの3部分の順番にカットしていきます。この部分をピンなどで分けておくと便利そうです。前髪は多くの赤ちゃんが伸びやすいので切りますが、両こめかみの上部はのびないので切ってはいけない部分だとのこと。ハサミは横に使いがちだがパッツン切りになってしまうので、髪をつかんで縦にいれるとよいそうです。前・わき・後ろをカットして長さが決まったら、トップとつないでいくようにします。男の子と女の子の髪の生え方にも、違いがあるようです。

説明後、ママ達もハサミを持って挑戦します。ふだん美容院で当たり前のように受けているしぐさが、自分でやってみると意外と難しいことがわかります。「ピザを切り分けるみたいに、順番にカットしていけばいいのよ。」講師の先生方の優しいフォローにほっとしながら、でも、赤ちゃんの柔らかい髪にハサミをいれるのは勇気がいるようでしたが、思い切ってカットするママの姿がみられました。お父さんが参加されたご家族は、パパもカットデビューして下さいました。おうちカットがより気軽になって、カットする方もされる方も、お互いに慣れてくると楽しいですね。

悪戦苦闘しながらも、最後は講師の先生方にきれいに整えていただき、大満足。

「夏前にさっぱりできてよかった。」「おうちでもやってみます!」感想の数々。終わるころには、赤ちゃんの髪は、みなスッキリと軽くなっていました。うまくできてもできなくても、家族と赤ちゃんとのコミュニケーションの時間は輝いています。今だけの特別な時間を逃さず、チャレンジする親子の姿が印象的な講座となりました。

ママのための!BABY ヘアカット入門

第3回 ママのための!骨盤調整ヨガ(R)
内容

骨盤を中心に全身を調整しました。日頃、お子さんが最優先で、自分の体の事を振り返る余裕のないお母さん達。僅かな時間でもお子さんと離れて自分の体に向かい合うことによって、心身ともにリラックス、リフレッシュしていただきました。

記録

7月11日 木曜日、今にも降り出しそうな重たい梅雨空の下、かわいい赤ちゃんをだっこしたり、お子さんの手をひきながら、ひよこさん親子19組が、城山公民館にお集まりになりました。第3回は、「骨盤調整ヨガ」講座です。日頃、体にだるさや重さを感じていても、お子さん最優先でご自分のことは二の次にしてしまう、頑張りやさんのママ達。1時間30分という短い時間ながら、ヨガをとても楽しみにしてきて下さいました。

城山公民館の成人学校でヨガの講師を務めていらっしゃる高木裕子先生が、ママ達の体の不調に寄り添って下さいます。お母さんの体は、出産の影響が底筋に残り、骨盤が緩んでいるために、様々な不調につながりやすいのだそうです。託児ボランティアの方たちに赤ちゃんをお任せして別室に集まったお母さん達。静謐な和室の畳にそれぞれヨガマットを敷いて、マイスペースを確保し、そこに座った瞬間から、日常と違う空間へと切り替えていきました。

まず、呼吸を整え気持ちを落ち着かせて、自分の体に意識を向けます。足先などの筋肉からゆるめ、関節の可動域を広げていきます。末端から徐々に大きな筋肉へと進むので、無理がありません。ストレッチや指圧によって体をゆるめ、骨盤のバランスを整えていくのですが、ママ達は凝り固まっている自分の体を実感し、無心に取り組んでいらっしゃいます。お疲れがだいぶたまっているのでしょう。「痛きもちいい!」のをじっと味わっているご様子がうかがえました。

ヨガの考え方では、呼吸も水分補給も大切な要素です。体のどこか一か所に原因があって、それを取り除けばスッキリするというものでもないようです。呼吸による交感神経や副交感神経の調節、水分調整による老廃物等の滞り、筋肉のこわばりによる骨格のゆがみ。すべてが関連して健康を保っています。不調の時にしか関心の向かない自分の体ですが、我が身ををいたわるということは、普段のちょっとした気遣いでバランスを保つことなのだと痛感します。終わるころには、ママ達のお顔が明るく、動きが軽くなったようにみえました。

大好評の託児つき講座は、ボランティアさん達のご厚意で成り立ちます。今回は15名の方々に気持ち良くお世話になりました。ママを待ちわびていた赤ちゃん達の元に駆け寄る姿の足取りは軽く、お母さんのリフレッシュが赤ちゃんの気持ちの明るさに繋がっている、そんな印象を強く受ける一日となりました。

ママのための!骨盤調整ヨガ(R)

第4回 わらべうたのススメ
内容

古くから口承で受け継がれてきたわらべうたを、親子で一緒にコミュニケーションを取りながら楽しみました。

記録

8月22日 木曜日。お出かけにはあいにくの小雨が降る中、15組の乳幼児の親子の方々が元気にお集まり下さいました。第4回ひよこくらぶは「わらべうたのススメ」講座です。「わらべうたうたい」として、日本全国で活躍されている坂野知恵さんを講師にお招きし、昔ながらのわたべうたや長野特有のわらべうた、また、それに合わせた手遊びなどを紹介していただきました。

始まる前、大勢のお母さんやお友達に緊張していたのか、不安そうな顔をして、泣きだしてしまうお子さんの姿も見られました。それを見た講師の坂野さんは、さっとカバンから紙ふうせんを取り出し、柔らかな声で歌いだします。ポンポンポンと楽しそうに弾きながら。子どもたちの視線が坂野さんに集まり、泣いていた子は泣き止み、坂野さんの方へ自ら笑顔で駆け寄っていく子までいます。ぐずる子を抱いてあやすだけではなく、ママの気持ちを楽にして子どもと向き合える素敵な知恵があるのですね。

場の空気が和らぐと、最初にわらべうたについてお話下さいました。昨今のお忙しいママ達には、気持ちの余裕をもってお子さんと触れ合う瞬間がますます大切になっていると感じられます。ママのお膝をお風呂やだるまさんに見立て、子どもを乗せて一緒に横に揺れたり、「高い高い」をしたり、こちょこちょしたり、ギューしたり。大人も子どもも気持ちをおもいっきり開放して、キャッキャと触れ合いながら、紹介されるわらべうたを楽しみました。

次にお手玉が各親子に配られ、お餅に見立てたお手玉遊びを楽しみました。お手玉は子どもの小さい手でも握りやすいので、ひよこさん達にも大好評!てのひらで餅つきをしたり、落としてみたり投げてみたり、ママの頭にのせてみたり。小さいながら、思い思いに楽しんでいる様子が見受けられました。

講座の最後には、坂野さんは、子守唄のわらべうたを歌って下さいました。ざわついていた空気がスッと静まり、なかには、そのわらべうたを聴きながら、お母さんの腕の中で気持ちよさそうに眠ってしまうお子さんもいました。

わらべうたを使って、親子でスキンシップ。お母さんと子どものキラキラとした笑顔が印象的でした。ふとした瞬間に記憶の中からよみがえって、口をついて出てくる、そんなわらべうたの魅力を満喫した時間となりました。

わらべうたのススメ

第5回 災害時の避難所生活 乳幼児親子 どう過ごす?
内容

災害弱者になりがちな乳幼児の親子の保護者の方々に、避難所の現状を知って、避難所作りの体験をしてもらいました。「子どもにとって居心地の良い空間とは?」を考え、いざという時の避難所の設営に母親達が声をあげて、女性や子供の目線で積極的に関わっていかれるよう、学んでいただきました。

記録

9月12日 木曜日、昨日までの暑さが嘘のように去り、秋の気配の漂うさわやかな一日。しかし、千葉県では、先日の台風15号の影響で、一週間過ぎた今でも停電や断水が続き、ご苦労されている方が大勢いらっしゃいます。

自分達がいつ同じ災害にみまわれてもおかしくないという状況に、危機感をお持ちの11組の親子の皆さまがお集まり下さいました。

今回の講師は、災害時こどものこころと居場所のサポートの副代表 小野道子さんです。ユニセフの職員として、パキスタンやバングラディッシュで子どもにやさしい避難所作りの活動をされている、避難所の実情に明るい方。もう一人は、ながの災害・防災ネットワークみらいから、亘みどりさんが駆けつけて下さり、小さな懐中電灯で明るく照らすペットボトルランタンや、新聞紙で作るスリッパの作り方など、日常的な防災グッズの知恵をご披露下さいました。

乳幼児の親子は、周りの方への遠慮や小さなお子さんへの衛生環境を考え、避難所という選択肢を積極的に選ばない方が多い様子。でも、どうしても避難せざるを得ない状況に備え、知って心構えを持っておくことが必要です。避難所経験のないママ達は、小野さんに問われ、避難所生活の「不安なこと」や「あったら安心する事」を想像してみます。言葉にすれば、我が家に何が必要なのか、より具体的に備えのイメージができるのです。その後、避難所の実情を小野さんより伺い、子ども達にとって居心地の良い空間とは何かをみんなで考えました。親子が、互いに思いやりを持って周囲と関わりあい、心を通い合わせていくのが重要なのは、避難所生活に限ったことではありません。しかし誰もが苦しい緊急時には特に、はっきりとした意思を持った言動が必要となります。そして、そんな視点に立った親子が安心して過ごせるスペースがあるという事は、避難生活をしている周りの人達にとっても、居心地の良い空間作りとなるということです。

ママ達の1時間のお勉強の後、お子さんや託児ボランティアの方々と一緒に、段ボールなどを使って、実際のスペース作りを体験しました。パペット人形が、子どもの心のケアにとても役立つ事も教えていただき、経験から得た知恵に感じ入りました。「万一」の安心は、普段から準備しておけることが多いと実感した、学び多き時間となりました。

災害時の避難所生活 乳幼児親子 どう過ごす?

城山公民館 あひるくらぶ

講座の概要

主に小学生の親子を対象に、親子で協力してものを作ったり、共に考えたりしながら、親子のコミュニケーションを深めます。

また、この講座が自然、食、環境などの問題について考えるきっかけとなり、子ども同士、親同士、講師の方など、地域の人とのコミュニケーションの場をつくります。

講座の様子

第1回 家族の記念樹
内容

公民館周辺に生えている草や幼木を使ってミニ盆栽を作ります。親子で一緒に作り、自宅で「家族の記念樹」として大切に育て、生命の尊さや力強さを学びます。

記録

城山周辺の桜の花が開き始めた4月13日。当日は天気にも恵まれ、暖かな春という言葉がふさわしい日。平成31年度のあひるくらぶのスタートです。

第1回は昨年4月にも開催した「家族の記念樹」。好評のため今年度も開催しました。講師は引き続き、城山公民館の成人学校で講師を務めていただいている山本 千城子先生。

昨年度も参加してくださった方も数名おり、昨年作った盆栽を持ってきてくださいました。秋まできれいな紅葉を見せてくれていたそうですが、冬に花壇の土に植え替えたら枯れてしまったそうです。なかなかミニ盆栽と言っても育てるのは難しい。それを踏まえて今回は、講座の最後に作った盆栽を上手に育てる方法も教えていただきます。

まずは公民館の裏にたくさん生えている「スズメノヤリ」という多年草を親子で協力して掘り起こします。「スズメ」は「小さな」、「ヤリ」は「大名行列の槍」に似ていることからその名がついたそうです。前日まで少し天気が悪く、雨が降ったからか土が柔らかかったので、小さい子どもでも簡単に掘れました。

掘った「スズメノヤリ」をどのように盆栽にするのか先生に教えていただき、いざ実践です。掘った際についてきた余分な土を割りばしで落とし、鉢のサイズに合わせて入れ、上から新しい土(赤玉)を入れます。水が張ってあるタライに鉢ごと入れ、鉢の底から水がすぐに切れるまで繰り返します。これでミニ盆栽の完成です。皆さん楽しそうに協力して作っていました。

他に成人学校の受講生の方が用意してくださった、2016年実生の4年目の「コナラ」と2015年実生の5年目の「山桜」を使って親子でミニ盆栽を完成させました。

作った盆栽は、
1 寒さにあてない
2 水切れさせない
3 太陽のあたるところに置く
4 対流するのが重要なので、コンクリートなどに直におかない
5 毎日少しだけでも盆栽が元気かのぞいてみる事
が重要なのだと先生に教えていただきました。越冬の仕方としては、鉢ごと花壇の土の中に入れてしまえばいいそうです。

親子で5~6鉢作った方もいて、皆さん大切そうに持ち帰りました。これからじっくり時間をかけて、記念樹が大きくなるまで大切に育ててくださると嬉しいです。

家族の記念樹

第2回 身体をほぐそう!親子ヨガ体験
内容

低学年・高学年に分かれて、親子で一緒に体験できるヨガに挑戦します。新年度が始まり疲れがたまってきた時期に、体をリラックスさせながら親子間でのコミュニケーションを図ります。

記録

新年度が始まり、第2回目の「あひるくらぶ」を開催しました。今回は5月の半ばになり、お仕事や学校で疲れが溜まってきた体にピッタリな「親子ヨガ」です。講師は出張ヨガ教室を行っている山口 有佐先生。今回は先生のご提案で低学年と高学年を分けた二部制で開催しました。

第一部は低学年の親子。開始時間前から元気いっぱいに走り回っていました。低学年の親子向けヨガは、お母さんのポーズを真似っこしたり、お子さんのポーズを真似っこしたりと「始めから一緒に楽しむヨガ」。笑い声があちこちから聞こえてきて、見ているこちらもついつられてしまいます。

体を動かした後は寝転んで深呼吸。電気を消して目をつぶって、心を静かに呼吸します。終了後の子どもたちからは「もう終わり?もっとやりたい」といった声が聞こえました。心なしかお母さん達も始めよりも気持ちよさそうな顔。しっかりお子さんと楽しみながらコミュニケーションが取れました。

第二部は高学年の親子。高学年はだんだん自我が出てきて、親に対しても恥ずかしさを感じる年頃。先生はそれを踏まえた講座にしてくださいました。低学年とは異なり、始めは1人で体をほぐす。先生がヨガのポーズをしながら場を和ませてくれます。

始めは恥ずかしさもあった参加者の皆さんもだんだん慣れてきて、とても楽しそうでした。最後は「だるまさんが転んだ」。鬼が振り返ったときに「鷲のポーズ」「星のポーズ」「恐竜のポーズ」「自由のポーズ」をします。普通の「だるまさん」よりも笑顔が絶えず、笑い声をあげながら行っていました。

大人も子供も楽しみながら体をリラックスできる親子ヨガ。コミュニケーションも取れるなんて最高です。参加者の皆さんは覚えて帰って、ご自宅でも実践していただけたらいいですね。

身体をほぐそう!親子ヨガ体験

第3回 親子で体験!スラックライン
内容

話題の新スポーツ「スラックライン」を親子で一緒に体験します。普段使わない筋肉を使い、体を動かしながら、集中力やバランス感覚を鍛えます。

記録

梅雨に入り、小雨が降るなか室内で「第3回 あひるくらぶ 親子で体験!スラックライン」を開催しました。

今回行うスラックラインとは、細いベルト状のラインの上でバランスを楽しむスポーツ。バランス感覚や集中力、普段使わない筋肉も鍛えられます。話題のスポーツとあって、参加者は定員いっぱい集まってくれました。

講師には「スラックライン推進機構」のインストラクターの神田 哲夫さんと鶴田 飛男さんのお二人に来ていただきました。

まずは見本を見せていただきましたが、軽々細いライン上で立ったり歩いたりジャンプしたり…。簡単そうに見えますが、実際やってみるととても難しい!平均台のように立つ部分が安定していないので、身体がぐらぐらしてしまいます。立って数秒ももちません。

スラックラインは渡り切ることが目的ではなく、バランスを上手に取ることが大切。前に進みたいがゆえに頭が前に出てしまうと重心が崩れてラインから落ちてしまいます。頭と腰、そしてかかとを一直線にしながら歩くのがポイントだそうです。

落ちないように腕や肩などで上手にバランスを取りながら練習していると、皆さん短時間で見違えるように上手にライン上を渡っていました。慣れてきたら今度はライン上で座ったりジャンプしたり…。座る時も身体は一直線上で。固い地面の上でも少し難しいですが、何人かの参加者の皆さんはこれもクリア。素晴らしいバランス感覚でした。

時間いっぱいぎりぎりまでスラックラインを堪能した参加者の皆さん。どこで体験できますか、とインストラクターのお二人に伺っている方もいらっしゃいました。親子で一緒に楽しめる新スポーツ、これを機会にぜひまた挑戦してみて欲しいと思います。

親子で体験!スラックライン

第4回 親子で茶道教室
内容

日本の伝統文化である「茶道」を親子で一緒に体験します。自国の今もなお受け継がれている文化を体験し、日本の文化の素晴らしさを学びます。

記録

城山公民館成人学校「茶道」(水)講座で講師を務めていただいている、秋山節子先生を講師にお迎えし、「あひるくらぶ第4回 親子で茶道教室」を開催しました。当日の講座は成人学校「茶道」講座の受講生の皆さまにお手伝いいただきました。

日本の伝統文化である「茶道」を体験できるとあり参加申し込み者も多く、当日は開始時間より早くから参加者の方がお集まりになりました。来た方から順に第二地区分館の庭にある「蹲踞(つくばい)」にて、手と口の清め方を教えていただき体験。茶道では手を洗ったり、お茶碗を綺麗にすることを「清める」というそうです。なかなか一から教えていただくことはないので、貴重な機会となりました。

茶室に順に座り、まずは成人学校の受講生の皆さまのお手本のお点前を見せていただきました。流れるような所作で、いつもながらとても美しいです。今回は低学年のお子さんが多くいましたが、大人だけではなく子どもも正座で見入っていました。

秋山先生から「礼に始まり、礼に終わる」「寂とは心の落ち着き」とのお話が。茶道は一椀を差し上げるために流れの所作があるそうです。しっかり茶道を学ぶにはやはり作法を身につけなければいけません。ただ今回は難しい事を考えず、お菓子とお茶を召し上がってくださいと先生がおっしゃってくださいました。

まずは大人がお子さんへお抹茶を点てます。お子さんは先にお菓子をいただきました。今回は七夕を模した上生菓子を用意していただきました。見た目もとても可愛らしく、大人も子どもも嬉しそうです。お菓子はお抹茶をいただく前に全部食べていいそうです。大人はその間にお子さんでも苦くないよう、お抹茶を調整し点てます。

棗(なつめ)と呼ばれる抹茶を入れるのに用いる木製漆塗り容器から、適量お茶碗へ。お湯はだいたい70℃ほどで4分の1ほど注ぎ、手首を柔らかくしてお茶を点てます。参加者の方も最初は戸惑いながら、でもとても上手に点てていました。点てたお抹茶はお子さんへ。なんと「苦い」という声は全く聞こえず、「おいしい」と笑顔の子どもたち。だいたい薄茶は3口で、最後はすっと吸うように飲むとのこと。飲み方もとても上手でした。

大人が体験した後は、今度はお子さんがお抹茶を点てます。大人はおいしいお菓子をいただきお抹茶を待ちます。お湯を注ぐのは大人が行いましたが、とても上手に点てていました。いただいた大人も「おいしいよ」と一声。お子さんもとても嬉しそうでした。

参加者の方からは「子どもに習わせたい」との声も。先生は楽しんでいただければとおっしゃっていました。この講座をきっかけに、日本の伝統文化「茶道」を学ぶ子どもたちが増えたら嬉しいです。

親子で茶道教室

第5回 材木屋さんの親子で木工教室
内容

材木屋さんに教えていただきながら、親子で木工のイスを作ります。木材を使って、親子で協力して一つの作品を仕上げる過程を通して、親子のふれあいの時間を楽しんでいただきます。

記録

9月7日 土曜日に、毎年ご好評をいただいている「材木屋さんの親子で木工教室」を開催しました。今年も、萬屋材木店から、山岸茂治さんをはじめ、4人の皆さんを講師にお迎えして、木工のイス作りを行いました。

あらかじめ用意してくださったパーツを組み合わせて釘を打ち込んでいきます。途中でイスの土台となる部分がゆがんでしまったり、釘が曲がってしまったりと苦戦している姿も見受けられました。そんな皆さんの様子を伺いながら講師の先生方が、助っ人に入ってくれます。先生方のアドバイスで釘の打ち方などがうまくできるようになりました。

その後も、家族で協力しながらイスを作っていきます。頼もしいお父さんの姿ややさしく見守ってくれるお母さんの姿が見られました。また、普段は見られない成長したお子さんの姿も見れたのではないでしょうか。

できあがったイスに嬉しそうに座るお子さんや誇らしげに持ち帰っていくお子さんの姿が印象的でした。世界に一つだけの手作りのイスは家族の宝物です。きっとこの日の家族団らんのひと時は、手作りのイスの話で盛り上がったことと思います。

この講座で親子のコミュニケーションがより一層深まることを願います。

材木屋さんの親子で木工教室

中国伝統の弦楽器 二胡の演奏会と体験教室

講座の概要

中国の伝統的な民族楽器の二胡の演奏会と体験教室を行い、東京オリンピック・パラリンピックで、長野市がホストタウンとして登録している中国の文化を理解する機会をつくります。

講座の様子

長野市で二胡の演奏を指導されている幸 福龍先生を講師にお迎えして二胡の演奏会と体験教室を開催しました。

中国の伝統的な弦楽器である二胡は、二本の弦に挟まれた弓で弾く楽器で、その本体にははニシキヘビの皮が張られているそうです。その音色は、どこか哀愁をおびていて心地よい響きを奏でていました。

今回の演奏会では、低音二胡も演奏してくださり、通常の二胡とは違う重みのある深い音色も堪能することができました。

ジャズや民謡から演歌まで幅広いジャンルの曲を演奏してくださり、表現豊かな演奏を楽しむことができました。

二胡の体験では、普段手にすることがない二胡を弾くことができ、貴重な時間となりました。また、幸先生がお一人お一人に手とり足取りご指導くださり、初めての方も音を鳴らすことができました。

ユーモアたっぷりの先生のお話に、楽しく過ごすことができました。

近くて遠い国と感じていた中国が身近に感じることができました。

中国伝統の弦楽器 二胡の演奏会と体験教室

子どもミステリーツアー

講座の概要

夏休み中の第一・第二地区はじめ市内の子どもたちが、行き先や活動内容を知らずにバスで出かけます。目的地では、日頃できないような様々な体験活動を行います。今回は芋井公民館が企画した内容により芋井地区の子どもたちと共に、竹細工やニュースポーツ等の自然体験・社会体験を通して交流を図りました。また、地域間交流や世代間交流はもとより地域を見直す機会とすることも願って講座を実施しました。

講座の様子

朝8時30分、子どもたちがぞくぞくと城山公民館に集まってきました。中には、やや緊張した面持ちの子どももいて、これから始まる一日の体験にチョッピリ不安ものぞかせていました。

予定通り、9時前には公民館を出発しましたが、子どもたちはどこに行くのか知りません。しかし、誰の口からも目的地を訪ねる声は上がってきません。内心、ドキドキの子どもたちでした。

芋井公民館に到着して、館長さんにあいさつして和室に集合すると芋井地区の子どもたちがやってきました。子どもたち同士、すぐに打ちとけて会話が始まります。学校名を聞き合うことから始まり話が途切れることはありませんでした。

はじめの会が終わると、いよいよ竹細工の体験が始まりました。芋井地区の竹林整備を進める会の皆さんが講師となって、全員にマイ箸作りを教えてくださいました。箸の長さに切った竹を動かして小刀に当てるようにして少しずつそぎ落としていきます。1時間ほどでマイ箸が完成しました。菜箸を削った子もいました。

お昼は、芋井地区の育成会役員の皆さんが作ってくださったカレー、そうめん、夏野菜を美味しくいただきました。そして、自分で作った箸でそうめんを食べる子どもたちの顔に満足げな笑みがこぼれていました。

午後は、ニュースポーツのボッチャにチャレンジです。柳見澤先生、藤牧先生からやり方を教えていただき、6つのチームに分かれてゲームをしました。すぐに夢中になり、大きな歓声が会場いっぱいに響き渡りました。

以上、一日有意義な体験や交流を行うことができました。体験を終えた子どもたちのアンケートには、満足したという記述が数多く見られました。

さて、10月には城山公民館で再び交流を行います。今から子どもたちの笑顔を見るのが楽しみです。

子どもミステリーツアー

夏休み集中勉強会

講座の概要

小学校・中学校が夏休みに入り、家で個人学習を進めるよりも、集中力を高め楽しさも感じながら勉強できるようにと願いこの講座を企画しました。まず、勉強前に集中力を高められるよう座禅の体験をしてから勉強に取り組みました。その後、集中力を保ちつつ大学生・高校生のアドバイスを受けて学習しました。午後は、子ども会リーダーによるレクをして気分転換と交流を楽しんだ後、午後の勉強に意欲をもって取り組みました。

講座の様子

5日・6日の両日とも、始めに善光寺大勧進の傳田和尚様と細野和尚様に座禅の心構えや実際のやり方を教えていただきました。初めての体験という子どもたちがほとんどで、足の組み方など少し戸惑う場面もありましたが、みんな集中することができました。禅杖で背中をたたいてもらう体験もあり、朝のひとときに静寂の時間が流れました。

学習が始まると、大学生・高校生のお兄さんお姉さんが子ども2人に1人の割合でついていただき、アドバイスやヒントをもらいながら、様々な問題に取り組んでいきました。

昼食後には、心身のリフレッシュをするためにワクワク室内レクを行いました。長野シニアリーダーズクラブのお姉さん2人による楽しいレクのリードに、夢中になる子どもたちの姿見られました。このレクで気分転換した子どもたちは、意欲的に午後の勉強に取り組むことができました。大学生・高校生のお兄さんやお姉さんともすぐに仲良くなって、日頃はなかなかできない異年齢の交流体験できたこともよい経験になりました。

夏休み集中勉強会

紙の花風車づくり

講座の概要

風に吹かれるとくるくる回る、紙から作る花風車の作りを実践します。花風車づくりを通して、参加者の皆さんの交流を図ります。

講座の様子

梅雨が明け、30度を超える暑さとなった8月1日に、「紙の花風車づくり」が開催されました。

見た目が華やかな花風車は、風が吹かれて花びらがくるくると回るまで、本物のコスモスと見間違えてしまいました。講師を務めていただいた児玉きく江さんも、初めて花風車を見た時に一目ぼれしてしまったそうです。こんなに精密なものが本当にできるのか半信半疑でした。

講座の会場は、コの字にレイアウトして、児玉さんとお手伝いをいただいた熊谷さんが、受講者の方に寄り添いながら、作業を進めていただきました。

講座で使用した型紙や色画用紙のほかにも、ハサミやカッターといった道具についてもひとりひとり同じものを用意してくださり、ひとりひとり丁寧に教えてくださいました。

作業は、茎、花びら、葉といったパーツを作り、最後にそれぞれのパーツを組み合わせていきました。部位を接着するのに糊を使用したのですが、糊が乾ききらなかったり、各パーツの間隔がずれてしまったりすると花びらが回らないこともあるそうで、児玉さんと熊谷さんは、ひとりひとりの作品の進み具合を注意深く見ながら教えてくださいました。

受講者の皆さまのすべての作品は、風が吹くとくるくるときれいに回っていました。作品が完成して、くるくると回る花風車を見る皆さまの顔は素敵な笑顔にあふれていました。

作品が完成した後、児玉さんから、受講者の皆さまに素敵なサプライズプレゼントをいただきました。広告をストローのように丸めたもので編み込んだ花かごです。昨年、城山公民館で開催した「麦わらで作る蛍籠」を受講して、そこからヒントを得て花かごを作ったそうです。その発想のすばらしさに驚くばかりです。花かごに花風車を生けるとより美しさが引き立ちました。

最後は、受講者の皆さまが作った花風車を花かごに生けて、集合写真を撮りました。皆さまの笑顔を見て、心が清々しく感じました。

紙の花風車づくり

サマーコンサート

講座の概要

合唱・吹奏楽指導者として活躍中のフルート奏者 杉山由一先生を招き、先生のフルート演奏を鑑賞したり一緒に歌唱したりすることをとおして、豊かな情操を育みながら、他との交流を図ります。

講座の様子

昨年末(2018年)に行った 杉山 由一さんによるフルートのソロ演奏会『年末ハッピーコンサートin城山』が大好評で、本年度もぜひ実施してほしいという多くの方々からのご要望をいただき、夏に「サマーコンサート」として開催しました。

今回の演奏曲目は、参加者の広い年齢層(10代~80代)を考えて、クラシック・ジャズ、唱歌・昭和歌謡曲・外国のポップス等の広いジャンルから選んでいただきました。

コンサートでは、それぞれの演奏の合間に作曲者の紹介や様々なエピソードを交えてお話しいただき、さらに興味深く聴くことができました。

CDなどの音源とは違い、演奏者の語りや息遣いなどを間近に感じながらの鑑賞は、より新鮮な印象を受けます。そして、素晴らしい音楽は直接心に入ってきて深い感動を呼び起こすと言われますが、杉山さんのフルートの音は、力強くも繊細な響きをもって聴く者に迫ってきます。美しく深い味わいのフルートの音色に大きな感動をいただいた1時間半となりました。

サマーコンサート

夏休み自由研究のヒント 3つの環境のお話

講座の概要

地球温暖化に関すること、外来植物に関すること、プラスチックごみと海洋汚染に関することについて、それぞれ専門の知識をお持ちの方から、夏休みの自由研究で取り組めるようなお話をしていただき、環境問題について考えるきっかけを作ります。

講座の様子

今年は、地球環境に関するG20閣僚会合が軽井沢で開催され、その中で、プラスチックごみによる海洋汚染問題が議論されて大きな話題となりました。また、近年では、地球温暖化の問題やヒアリといった外来種に関するニュースが多く取り上げられていて、多くの方が環境に関心をお持ちになっていると思います。

環境問題について、幼少のころから関心を持っていただければと思い、今回は、3つの環境のお話から、夏休みの自由研究につながるような講座を企画しました。

最初のお話は、「地球が暑くなるって本当なの?」です。地球温暖化について、長野市地球温暖化防止活動推進センターの堀池政史さんにお話をしていただきました。
未来の地球の天気予報などで、このまま何もせずにいると地球がどのようになるのかを分かりやすく教えていただきました。2100年には、日本各地で40度を超す気温が観測されることになるそうです。気温が上がると、世界各地で異常気象が起き、洪水や干ばつによる被害が多発するそうです。その他にも、熱中症が増加したり、伝染病が流行ったり、海水が上昇して地表が沈没したりするなど、いろいろなところに影響が出るそうです。
地球が暑くなる仕組みも教えていただきました。地球は温室効果ガスに覆われていて、そのおかげで生活しやすい温度でいられるそうです。しかし、人間の生活の変化から、二酸化炭素といった温室効果ガスが増え、地球が暑くなっているそうです。
私達の生活の中で、二酸化炭素の発生を少なくすることが大事だと思いました。無駄な電気を使わなくしたり、燃えるごみを減らしたりするなどのひとりひとりの小さな努力が必要だと思いました。

二番目のお話は、「身の回りに外来種はどのくらいあるのだろう?植物について」です。外来植物について、長野市柳原交流センターの小笠原幹夫さんにお話をしていただきました。
もともとその地域にいなかったのに、人間の活動等で他から持ち込まれた生物のことで、今は身近にも多くの種類の外来種がいるそうです。外来種が増えると、もともといた生物に影響がでるそうです。
お話の中で、身の回りの外来植物を探して押し花にしたり、写真を撮ったりすることやどんな場所に多いかを調べたり、もともといた植物と比較をしたりといった自由研究に向けてのポイントを教えてくださいました。

最後のお話は、「イルカはなぜ海で死んでしまったの?」です。プラスチックごみと海洋汚染について、みどりの市民の渡辺ヒデ子さんにお話をしていただきました。
プラスチックごみが生き物に与える影響などを画像を見ながら説明していただきました。中には、死んでしまったアホウドリのひなの胃を解体した画像があり、胃の中はプラスチックごみでいっぱいになっていました。親鳥がエサと間違えてひなに与えたものだそうです。海辺には、多くのプラスチックごみが散乱していました。
私達の生活の中でプラスチックが多く使われています。そのプラスチックをリサイクルしたり、プラスチックから別のものにするなどプラスチックごみを出さない方法を考えことが必要だと思いました。

今回の3つのお話から、ちょっとした疑問やもっと詳しく調べてみたいという好奇心がわき、少しでも環境問題に関心を持っていただければ嬉しいです。

夏休み自由研究のヒント 3つの環境のお話

麦わらで作る蛍籠

講座の概要

昭和40年代ごろまで麦わらを使って作っていた蛍籠を作ることを通して、懐かしんでいただいたり、昔を思い浮かべていただいたりしながら参加者で籠を作り交流を図ります。昔使っていた麦わらの蛍籠を作ることを通して、ホタルが舞う環境の大切さについてもお話を聞き、地域の自然環境改善への意識を高めます。

講座の様子

6月29日 土曜日、長野ホタルの会から5名の講師の先生に来ていただき、お子さんも含めて23名の皆さんが4つの班に分かれて蛍籠を作りました。初めにホタルの観察場所情報をいただき、籠作りに入りました。

蛍籠を作るための麦わらのお話。大麦わらを使います。麦わらの枯れた葉の部分を取り除き、綺麗なストロー状にします。これで籠を編んでいきます。本日使うストロー状の麦わらは、長野ホタルの会の方が用意してくださいました。

小さいお子さんも小学生も皆さん、講師の先生の指導の下一生懸命蛍籠作りに取り組みました。最初は上手くいかず「先生、無理でーす。」の声も聞かれましたが、だんだんと慣れてきて、1時間半で素敵な蛍籠が完成しました。2つ作った方もいらっしゃいました。

講師の先生方の一人一人への丁寧なご指導で、懐かしい蛍籠作りに参加者全員が夢中になって取り組んだ時間でした。

そして、サプライズプレゼントがありました。講師の先生と参加者全員でじゃんけんをして、講師の先生方が見本として作って来てくださった蛍籠を、プレゼントしていただきました。

最後に、長野ホタルの会の皆さんと、自分で作った蛍籠を持って記念写真を撮りました。

今回の蛍籠作りが、自然環境を考えるきっかけとなり、昔のようにホタルが身近な場所で飛び回るようなになったら嬉しいです。

「楽しい時間でした。」「昔を思い出した。」「丁寧に教えてくださり感謝。」「是非来年も。」等の声が聞かれました。

麦わらで作る蛍籠

ドキュメンタリー映画 「原田 要 平和への祈り 元ゼロ戦パイロットの100年」 上映会

講座の概要

波乱に満ちた、元ゼロ戦パイロットの原田要さんの生涯を記録したドキュメンタリー映画「原田 要 平和への祈り 元ゼロ戦パイロットの100年」の上映会を通して、平和や命の尊さを考えます。

講座の様子

ドキュメンタリー映画の上映に先だち、映画制作にかかわった茅野 實さんからお話をしていただきました。悲惨な戦争を二度と起こしてはならないという思いが強く伝わりました。

原田さんは、ゼロ戦パイロットとしてハワイの真珠湾攻撃やミッドウェー海戦などに出撃し、いくつもの敵機を撃墜したそうです。その時の相手のパイロットの、死への恐怖の表情や火だるまになりながら何か叫んでいる表情は忘れることはなかったそうです。やらなけらば自分がやられる、それが戦争だと語られていました。当時の日本は、教育の現場に軍隊が関与していたり、マスコミの流す情報はでたらめで事実とは異なる報道をしていたそうです。原田さんは、ミッドウェー海戦で、海上に不時着し奇跡的に助かりますが、国はミッドウェー海戦の敗北を隠すために原田さんを軟禁したそうです。

昭和19年10月、爆弾を抱えた戦闘機で敵艦に体当たりする特攻攻撃がはじまりました。特攻隊では多くの若い命が犠牲となりました。ガダルカナルで重傷を負った原田さんは教官として若者の出撃する姿を見届けました。国民のためにということだから泣かずに笑顔で飛び立っていく姿を見て本当にかわいそうだと思ったそうです。訓練が十分でない若い兵士たちは任務がままならず、ベテランパイロットにも特攻を志願するように上官が説得にきたそうですが、原田さんは最後までゼロ戦で戦いたい、せめて自分の死に方は自分で決めたいと願い出たそうです。

戦争の末期には、女学生も動員され軍服をミシンで縫っていたそうです。その中には東京に行き、何を作るのかも知らされないまま、ただひたすら、大きな丸い風船のようなものに穴がないかどうかを確かめたり、畳の大きさの布を貼りつけした人もいたそうです。それは、気球に爆弾を載せ、気流にのってアメリカ本土を空襲する風船爆弾と呼ばれるものだったそうです。その作業の中、東京を空襲が襲い多くの死者がでました。東京大空襲を体験された方のお話では、地獄のような風景で、被弾を受け全身に火がついた人は、火を消すため川へと逃げ込んだそうですが、多くの人が死に、川は死体の山だったそうです。そんな状況になっても日本の学校では、女学生が竹やりを手に本土決戦に備えていたそうです。

終戦後は、軍人に対する世間の目は冷たく、公職追放により思うように就職ができず、毎晩のように戦争の夢にうなされる日が続いたそうです。その後は、地元地域の自治会長になったことから託児所を開設し幼稚園を経営されて「おじいちゃん先生」と園児に慕われてきました。戦争の事は多くを語らなかったそうですが、湾岸戦争の模様をテレビニュースで見て、自らの戦争体験を後世に伝えることを決意されたそうです。

戦争の語り部が少なくなっていくなか、このようにドキュメント映画を記録し、何が起こったのかを次世代に受け継いでいくことは大切なことだと感じました。2016年5月に死去された原田さんの意思をしっかりとつなぎ、戦争と平和、人の命の尊さを大切にし、時局に流されず正しい行動がとれるようになりたいと思いました。

ドキュメンタリー映画 「原田 要 平和への祈り 元ゼロ戦パイロットの100年」 上映会

知って得する! 生ごみの減量・活用法!

講座の概要

家庭から排出される可燃ごみの約4割を占める生ごみの減量方法や有効活用方法を学び、身近なことから環境問題について考える機会をつくります。

講座の様子

長野市生活環境課と共催で「知って得する! 生ごみの減量・活用法!」を開催しました。

はじめに、長野市のごみの現状について長野市生活環境課から説明いたしました。家庭から排出される可燃ごみの約4割を生ごみと食品ロスを占めています。食品ロスとは、まだ食べられるのに廃棄される食品のことで、大切な資源の有効活用や環境負荷への配慮から、食品ロスをへらすことが必要であることを学びました。

また、生ごみは、水切りや生ごみの自家処理といったひと手間をかけることで減量が可能であることがわかりました。

次に、長野市生ごみ減量アドバイザーの渡辺さんと南波さんから生ごみ減量方法や有効活用方法を教えていただきました。
渡辺さんから、まず、日常の買い物から見直していくことからはじめましょうとのお話がありました。買い物に行く前に冷蔵庫をチェックし、必要なものだけを買うこと、食品は使い切ること、食べきれる分だけ調理することといった基本的なことを心がけることで生ごみの発生を抑えることができるそうです。また、「賞味期限」と「消費期限」の違いを理解し、無理なく食べきるようにすることで、食品ロスも減らすことができるそうです。調理するときは、野菜の皮をなるべく薄く切ったり、だいこんの皮などをきんぴらにしたりと生ごみを出さずに使い切る工夫を教えていただきました。

南波さんからは、南波さんが実践している生ごみ減量方法や活用方法を教えていただきました。スイカの皮は、白い部分は冷凍して保存しカレーなどに入れ、残った皮の部分は天日干しにすると生ごみは本当に少なくなります。実際に南波さんが持ってきて見せてくださいました。ダイコンやニンジンのヘタなどは、水に浸して再生される「リボベジ」を実践されていて、実際に見せてくださいました。夏場はなかなか難しいそうですが、気温が下がってくると再生した野菜ができるそうです。このほか、野菜くずで作る出汁の「ベジブロス」やお茶殻は捨てずに佃煮などにしたり、コーヒーかすは消臭剤や除湿剤として再利用するなどいろいろな減量・再利用方法を教えていただきました。

そして、どうしても出てしまう生ごみは、コンポストなどで堆肥化させて再利用する方法を教えていただきました。今回は、段ボール箱を使ってコンポストを作り、その中に生ごみを堆肥化させる基材をいれて処理する方法を教えていただきました。生ごみからできた堆肥を使って育てた花や野菜はいきいきと育つそうです。

いろいろな生ごみの減量方法や有効活用方法を教えていただきましたが、どれも家庭で実践することができそうです。ちょっとした工夫やアイデアで生ごみが減らせることがわかりました。生ごみ減量を継続するポイントは、楽しみながら、喜びを共有することにあるのかなと思いました。

知って得する! 生ごみの減量・活用法!

地域をつなぐ「友情人形」のお話 ギューリック3世がやってくる

講座の概要

地域や人と人とのつながりの象徴として、城山公民館に「友情人形」ハンナちゃんを贈ってくださったギューリック3世夫妻から、地域をつなぐ「友情人形」のお話をお伺いします。

講座の様子

平成31年3月に、アメリカのギューリック3世夫妻が、地域や人と人とのつながりの象徴として、城山公民館に「友情人形」ハンナちゃんを贈ってくださいました。そのギューリック3世夫妻が、城山公民館を訪問され、記念の講演会が開催されました。

ギューリック3世夫妻からお話を伺う前に、長野県内の「友情人形」の受け入れに関わってきた小林前城山公民館長からギューリック3世夫妻の紹介とともに、地域をつなぐ「友情人形」についてお話をしてくださいました。城山公民館の「友情人形」ハンナちゃんが地域の人々とのつながりの象徴となってほしいとの思いが強く伝わりました。

続いて、ギューリック3世から「友情人形」についてお話をお伺いしました。ギューリック3世の祖父の初代ギューリック1世は、日本の渋沢栄一氏とともに、日米交流のため「人形交流」を行いました。アメリカから「青い目の人形」が送られ、そのお礼として日本からは「答礼人形」が送られました。

ギューリック3世は、父親の代理として出席した「横浜人形の家」開館式で、はじめて祖父の功績を知り、感銘を受けたそうです。また、戦時中に多くの人形が処分されることになりましたが、そういった状況のなかでも大切に守られた人形が多くあることにも感激され、祖父の意思を引き継がれたそうです。ギューリック3世の、世界平和への思いや人と人とのつながりを思う気持ちが「友情人形」を通して伝わってきました。

フランセス夫人も、日本に来て、日本人が「友情人形」を大切に思っている姿を目の当たりにし、人間は外見や言葉は違っていても心は同じであるとの思いを強くし夫の「友情人形」の活動に協力することになりました。「友情人形」の着替えやバックは、フランセス夫人の手作りです。フランセス夫人の「友情人形」に込められた思いを感じました。

当日は、「友情人形」が子どもや孫の通う小学校に飾ってあり、子どもや孫から「友情人形」の話を聞き、ぜひギューリック3世夫妻にお会いし、話を聞き、お礼をしたいという方が複数いらっしゃいました。また、参加された大学生からも自身の出身校に「友情人形」があり、親近感をもってお話を聞けましたとのご意見もありました。ギューリック3世夫妻の草の根で行っている活動が、確実に広まっていることを感じました。

地域をつなぐ「友情人形」のお話 ギューリック3世がやってくる

城山史跡巡りウォーキング講座

講座の概要

2回シリーズで第一地区と第二地区の史跡を巡ります。健康づくりとともに、郷土の歴史を学び、郷土の知識を深めます。

講座の様子

第1回 第一地区史跡巡り 西山中街道と松代道

第一地区の東西を通る「西山中街道」や西南を通る「松代道(表山中道)」といった古道添いには石仏などの石造文化財が多く点在しています。今回は、古道を歩きながら、第一地区にお住いの西澤繁幸さんにご説明をしていただきながら史跡を巡りました。

加茂神社に集合した一行は、西長野にある赤地蔵に向けて出発しました。前日まで真夏のような天気が続いていましたが、この日は、曇り空で、気温もウォーキングにはちょうどよい温度でした。

赤地蔵を北西の方向に続く道は、車一台ほどの幅の古道が続きます。古道添いに、秋葉社や馬頭観音、石碑群が連なっています。古道をしばらく歩くと、少し地形が盛り上がっているところがありました。この周辺には、かつて多くの古墳が造られたそうです。「伊賀守霊神」も古墳の一つで、地主の氏神様として代々祀られてきたそうです。この日は、地主の松橋さんも参加されていて貴重なお話をお聞きすることができました。

口留番所跡で西澤さんからお話を伺い、さらに西に進むと「戸隠古道と頼朝山・往生地周遊路入口」の標示柱が見えてきました。瓜割清水で体を冷やし、奥へと進むと、古道には、いくつもの石仏がたたずんでいました。石仏に見守られながら道を進むとやがて視界が開け、長野市を一望することができました。

戸隠古道を下り、茂菅大橋から善光寺白馬鉄道跡を眺め、松代道を南に進みます。途中で、北向観音を拝み、朝日山薬師如来まで辿り着き、ウォーキング講座は終了となりました。

今回の講座では、まるで神隠しにでもあったかのような古道を巡り、身近の史跡から昔の風景を感じることができました。昔の日本を想像しながらの楽しいひと時を過ごすことができました。

第1回 第一地区史跡巡り 西山中街道と松代道

第2回 第二地区史跡巡り 善光寺周辺の石碑巡り

梅雨入り前の貴重な晴れ間となった6月6日に、第二回目のウォーキング講座を開催しました。今回は、善光寺周辺の石碑を、元長野市誌編さん委員の高木寛さんに解説をしていただきながら巡りました。

城山公民館を出発して、まず最初に、健御名方富命彦神別神社を訪れました。通称「旧県社」と呼ばれる境内には、たくさんの石碑がならんでいます。その中から、「松尾芭蕉句碑」、「宮沢武曰句碑」、「斎藤史歌碑」、「千曲川改修起工碑」の解説をしていただきました。その後、さらに参道の階段を上ると、拝殿がある敷地の西側には、「羽田墨芳句碑」がありました。また、本殿右手には、「明治天皇駐蹕之処碑」もあり、この地が文化的にも政治的にも重要な地であったことがうかがわれました。

その次に、「満蒙開拓義勇隊慰霊碑」を訪れました。満蒙開拓義勇隊の多くは、長野県出身の若者だったそうです。多くの若者は夢や希望を抱いて入隊しましたが、その多くは、過酷な日常と戦火の中に若い命を落としました。その苦難の歴史を知ることができました。

その後、三峯神社の境内にある「如来遷座碑」を訪れました。弘化の善光寺地震の際にご本尊をしばらくの間移された場所だそうです。三峯神社を後にして、三幸座跡地前で、三幸座と松井須磨子に関するお話もしていただきながら、善光寺へと向かいます。

針供養塔の横の東屋で、「東くめ童謡碑」の解説をお聞きした後、善光寺東公園で「井上井月句碑」、「夏目漱石句碑」、「小林一茶句碑」、「種田山頭火句碑」の解説をしていただきました。いずれも善光寺を訪れており、いかに善光寺が多くの文化人に愛されてきたのか分かりました。

善光寺本堂では、びんずる尊者像の脇に生けられている「親鸞松」や弘化の善光寺地震の時に鐘が落ちて柱についた傷の跡、本堂西の擬宝珠に刻まれている宝永4年の文字など普段では気づかずにいるところもご紹介してくださいました。また、境内にある親鸞聖人像の前では、親鸞聖人が善光寺に松の枝を奉納されたお話などをお聞きしました。

その後、仁王門西側にある「良寛詩碑」、大本願にある「松尾芭蕉句碑」を巡り、最後に、城山公民館 第二地区分館南側にある「小林一茶句碑」で解説をお聞きし終了しました。

高木先生の解説により、身近に多くの新しい発見があることを学びました。また、第二地区住民自治協議会の皆さまにも、交通の誘導等のご協力をしていただきました。おかげさまで、有意義なひと時を過ごすことができました。

第2回 第二地区史跡巡り 善光寺周辺の石碑巡り

スプリングコンサート

講座の概要

春のうららかなひとときを、穏やかなコカリナとギターの演奏を通して参加者の皆さんで交流を図りました。

講座の様子

4月24日、あいにくの小雨模様のお天気となりましたが、多くの皆さんにお越しいただき、スプリングコンサートが開催されました。

今回のコンサートは、日ごろ、城山公民館でコカリナの演奏を練習されている「めぐみコカリナの会」の皆さんに披露していただきました。

「さくらさくら」といった童謡を中心に、心安らぐコカリナを演奏してくださいました。
ハンガリーの楽器「コカリナ」は、長野オリンピックを契機に、黒坂氏が中心となって全国に広まっていったことなどをお話していただきながら、コンサートは進んでいきました。

コカリナの演奏の後は、井澤聖次さんにギターの弾き語りを披露してくださいました。昭和歌謡曲を3曲演奏してくださり、会場は、昭和初期のレトロな雰囲気に包まれました。

その次に、めぐみコカリナの会の皆さんと井澤聖次さんによるコカリナとギターのアンサンブルをたっぷりと味わいました。
最後は、「故郷」を参加者全員で合唱して本編は終了となりました。参加者からのアンコールに応え、「野ばら」が演奏され、会場は穏やかな雰囲気に包まれました。

コカリナとギターの優しい音色に心が洗われました。楽しいひとときを過ごすことができました。

スプリングコンサート

レコードコンサート

講座の概要

スピーカーやアンプを持ち込んでの、本格的なレコード鑑賞会を行いました。ジャズ、クラシック、ポピュラー、歌謡曲など幅広いジャンルの曲を聴きながら参加者の皆さんで交流を図りました。

講座の様子

4月23日に開催されたレコードコンサートは、元川中島町公民館長の若林行正さんのご案内により、アントニオ・ルーチョ・ヴィヴァルディの代表曲の「四季」より「春」ではじまりました。

音楽知識の豊富な若林さんは、クラシックからジャズ、洋楽から邦楽などあらゆるジャンルの曲が選曲され、その曲の解説や時代背景などをお話してくださいました。

本格的なアンプやスピーカーから流れる音は、迫力十分で、圧倒されてしまいます。また、レコードプレイヤーから流れる音色は、どこか懐かしく、再生を重ねるにつれて鳴るパチパチといった雑音が曲に味を与えているように感じました。

参加された方の中には、レコードを蓄音機を持参された方もいました。レコードを大音量で、大勢の人たちと一緒に聴く機会はあまりなく、ノスタルジックなひと時を共有することができました。

参加された方からは、第二弾も、との声が多く寄せられました。平成から令和へと時代が移ろうなか、昭和にもどったかのような素敵な時間を過ごすことができました。

レコードコンサート

より良いホームページにするため、皆さまのご意見をお聞かせください
このページの情報は役に立ちましたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?

このページに対するご意見・ご要望を記入してください(個人に関する情報は記入しないでください)。
なお、お答えが必要なご意見等はこちらではお受けできません。直接担当部署または市へのご意見・ご提案へお願いします。

※いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします

このページに関するお問い合わせ先
〒380-0852 長野市大字長野東之門町2462番地
城山公民館
Tel:026-232-3111
Fax:026-232-3112
お問い合わせはこちらから
前のページに戻る ページトップに戻る