ページの先頭です。
メニューを飛ばして本文へ
-
-
-

検索コーナー

人と動物が幸せに暮らす社会の実現プロジェクト

犬・猫の熱中症に注意!!

  • 印刷用ページを表示する
  • 更新日:2022年7月8日更新

犬や猫は汗をかいて体温を下げることができませんので、人間よりも暑さに弱い動物です。気温が25℃を超えると、熱中症の危険性が高まります。しっかりと対策を取りましょう。

犬・猫の熱中症対策

  • 犬や猫のいる場所は風通しを良くし、日陰など直射日光を避けられる場所を作りましょう。
  • 室内では、扇風機やエアコン等により温度管理をしましょう。
  • 駐車中の自動車内は温度が急上昇して大変危険です。自動車内での留守番はさせないようにしましょう。
  • 飲用水不足は脱水を招きます。いつでも新鮮な水が飲めるように十分な水を用意しておきましょう。また、飲み水が高温にならないように気を付けましょう。
  • 犬や猫は地面やアスファルトからの反射熱の影響を強く受けます。暑いときの散歩を控え、涼しい時間帯に行いましょう。

熱中症を疑ったら

犬猫は呼吸で体温調節を行いますので、暑いときには口を開けて”パンティング”と呼ばれる浅く速い呼吸になります。いつもより呼吸が早くなっている場合はすぐに上記の対策を取りましょう。

身体が熱く、よだれをだし、目が充血している場合は熱中症の可能性があり、ひどい場合には嘔吐や意識喪失を起こして命に関わることもあります。熱中症が疑われる場合は涼しい場所に移動し、首や内股、脇の下を濡れタオル等で冷やし、できるだけ早く動物病院に連絡して指示を仰ぎましょう。


→ 動物情報トップページ

より良いホームページにするため、皆さまのご意見をお聞かせください
このページの情報は役に立ちましたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?

このページに対するご意見・ご要望を記入してください(個人に関する情報は記入しないでください)。
なお、お答えが必要なご意見等はこちらではお受けできません。直接担当部署または市へのご意見・ご提案へお願いします。

※いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。

このページに関するお問い合わせ先
〒380-0928 長野市若里六丁目6-1
動物愛護センター
Tel:026-262-1212
Fax:026-226-9981
お問い合わせはこちらから
前のページに戻る ページトップに戻る