ページの先頭です。
メニューを飛ばして本文へ
-
-
-

検索コーナー

地域おこし協力隊の活動(2016年10月)

  • 印刷用ページを表示する
  • 更新日:2016年10月13日更新

ふるさと回帰フェア2016

10月22日(土曜)、東京国際フォーラムにてふるさと回帰フェア2016が行なわれました。

ニッポン全国ふるさと市場では、協力隊員が自身で作ったお米(大岡産)、果樹栽培の研修をしているりんご園のりんご(篠ノ井信里産)の販売をしました。
地区の紹介をお聞きいただくとともに、たくさんの方に購入していただき、ありがとうございました。
今回は販売ではなくサンプルとして並べた各種豆(戸隠産)も、来年度は商品として販売できるよう品質や収量を研究中ですので、お楽しみに。
 

大岡地区の新米戸隠地区の豆と篠ノ井信里地区のりんごふるさと市場の様子

移職住フェア in TOKYO

10月16日(日曜)有楽町駅前広場にて、移職住フェアが行われました。

地域おこし協力隊員は、移住の先輩として現在住んでいる地区の紹介をしたり、隊員活動についての紹介、移住相談、地域の名産品の販売をしました。

戸隠地区で伝統工芸の竹細工の技術習得を目指している隊員は、自身で作った作品を持参し、伝統的な蕎麦ざる以外に実用的な小物入れやピアス等の作品を紹介しました。

たくさんの方にお越しいただき、ありがとうございました。

移職住フェア

中条ブース
中条ブース

小田切ブース
小田切ブース

信更ブース
信更ブース

地域おこし協力隊ブース
地域おこし協力隊ブース(戸隠竹細工の紹介)

NAGANOフードプロモーション in 東京日本橋

10月11日、12日、東京日本橋で行われたフードプロモーションに、長野市地域おこし協力隊が出店しました。

このイベントは、地域産の農産物加工品を使い、長野市の「魅力の発信」と「地域資源の価値の向上」を目的としています。

今回、東京では初めて販売する商品もあり、長野市と東京でのお客さまの反応の違い等、学ぶことが多かったようです。
隊員が自身の田畑で育てた米やりんご、トマト。加工した米粉のグラノーラ、米飴等たくさんの方に手に取っていただき、ありがとうございました。

古川隊員と西田隊員浅野隊員と大島隊員

販売風景販売風景

より良いホームページにするため、皆さまのご意見をお聞かせください
このページの情報は役に立ちましたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?

このページに対するご意見・ご要望を記入してください(個人に関する情報は記入しないでください)。
なお、お答えが必要なご意見等はこちらではお受けできません。直接担当部署または市へのご意見・ご提案へお願いします。

※いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。

このページに関するお問い合わせ先
都市内分権担当
Tel:026-224-7615
Fax:026-224-8596
お問い合わせはこちらから
前のページに戻る ページトップに戻る