ページの先頭です。
メニューを飛ばして本文へ
-
-
-

検索コーナー

地域おこし協力隊の活動(2014年8月)

  • 印刷用ページを表示する
  • 更新日:2014年8月28日更新

鬼無里案山子コンクール

8月26日(火曜)鬼無里地区で、案山子コンテストの審査が行われました。
鬼無里の西田靖隊員が中心となり、昔ながらの風景を知ってもらい、多くの人に鬼無里に訪れてもらいたいと行なった今回の企画に、14体の案山子が集まりました。
地域おこし協力隊も戸隠の隊員を中心に案山子を応募し、アイデア賞を受賞しました。
他には大賞、優秀賞があり、受賞者には鬼無里の新米などと交換できる引換券が贈られます。
案山子は9月20日まで展示されています。ぜひ日本の原風景を鬼無里へ感じに来てください。

鬼無里案山子コンテスト協力隊の案山子案山子コンテスト大賞受賞作品
案山子コンテスト応募作品                  地域おこし協力隊の案山子                 大賞受賞作品

案山子展示場所

長野県長野市鬼無里十二平地区農道付近

案山子コンテスト案内図 [PDFファイル/87KB]

ながの軽トラ市 in 篠ノ井

8月24日(日曜)お天気に恵まれた篠ノ井駅前通りは、たくさんのお客さんで賑わっていました。
信里は新鮮野菜だけでなく、農産物直売所「おかあさんの味処たんぽぽ」のおやきやニラせんべいも販売しており、野菜と一緒にお買い求めくださる方もいました。
鬼無里はミニトマトが人気のようで、足を運んだときには残りわずかとなっていました。
軽トラ市は、5月から11月までの第4日曜日に篠ノ井駅前通りで行われています。
旬の農産物や、各地域の美味しいものをぜひ味わいに来てください。

ながの軽トラ市 in 篠ノ井の様子ながの軽トラ市の様子信里の新鮮野菜
ながの軽トラ市篠ノ井大通りの様子             古川隊員(右)と「おかあさんの味処たんぽぽ」さん   信里の新鮮野菜

ながの軽トラ市の様子鬼無里の協力隊員
販売の様子                           西田視己子隊員(左)と西田靖隊員(右)

信州田舎暮らしセミナー in 東京

8月23日(土曜)東京有楽町にあるNPO法人ふるさと回帰支援センターにて、信州田舎暮らしセミナーが行われ、地域おこし協力隊の西田視己子隊員、藤原隊員も参加しました。
このセミナーは、長野県へ移住を希望する方が集まり、県内の市町村の紹介、個別相談、実際に移住した方のお話等が聞けるものであり、東京だけでなく名古屋、大阪でも行われています。
今回長野市では、移住を希望される方の一つの手段として「就農」「地域おこし協力隊制度」などを説明させていただきました。協力隊員の二人も移住するにあたっての質問や、地域おこし協力隊制度についてご相談を受けました。
ブースにお越しいただいた方のお話を伺うと、皆さんそれぞれ移住について真剣に考えており、移住の形も多様であることを痛感しました。
そんな皆さんの考え、要望を的確に捉え、できる限りの支援をしていきたいと思います。
9月は国際フォーラムにてふるさと回帰フェア2014が行われます。
移住の相談ブースだけでなく、物販(長野市の味噌やキャベツ、えごまラスク、小梅等)ブースもありますので、長野の美味しいものを食べに来てください。

信州田舎暮らしセミナーの様子長野市のプレゼンの様子長野市の相談ブース
信州田舎暮らしセミナーの様子              長野市のプレゼンテーション(市民活動支援課長)     相談ブースの様子(写真中央:西田視己子隊員)

第10回ふるさと回帰フェア2014ホームページ

第62回 信州新町納涼大会

毎年8月15日に信州新町の犀川ダム湖「ろうかく湖」で行なわれる、とうろう流しと花火大会が今年も開催されました。
犀川をゆるやかに流れ大会を彩った灯篭は、地元の「とうろうの会」と信州新町中学校生、東電の皆さんが集まり、木材とわら、竹ひごで作りました。
灯篭作りは地域おこし協力隊の二人も手伝い、橋本隊員、飯島隊員、藤原隊員も応援にかけつけてくれました。
あいにく小雨が降る中での納涼大会でしたが、地域の方の願いが込められた灯篭を一つ一つ川に浮かべ、
一時間かけておよそ1000個の灯篭を流しました。

信州新町とうろう流し信州新町とうろう流し信州新町とうろう流し信州新町とうろう流し信州新町とうろう流し信州新町花火大会

せたがやふるさと区民まつり

8月2日(土曜)3日(日曜)、第37回せたがやふるさと区民まつりに出店してきました。
今年のふるさと物産展は、37の自治体の出店があり、暑い中ではありましたがたくさんの人で賑わっていました。
長野市の出店ブースでは、トマトやズッキーニや長ネギといった夏の野菜、おやき等の販売、玄米珈琲の試飲が行なわれていました。
朝から、夜遅くまで協力隊の2人も販売、呼び込みをし汗を流していました。
今後、隊員たちが主体となり耕作した米や野菜、飼育したジンギスカン等の販売ができるよう皆準備中です。お楽しみに。
長野市のブースにお越しくださった皆さま、ありがとうございました。

せたがやふるさと区民まつり信州新町の販売ブース信州新町ののぼり

より良いホームページにするため、皆さまのご意見をお聞かせください
このページの情報は役に立ちましたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?

このページに対するご意見・ご要望を記入してください(個人に関する情報は記入しないでください)。
なお、お答えが必要なご意見等はこちらではお受けできません。直接担当部署または市へのご意見・ご提案へお願いします。

※いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。

このページに関するお問い合わせ先
直通
Tel:026-224-5033
Fax:026-224-8596
お問い合わせはこちらから

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

前のページに戻る ページトップに戻る