ページの先頭です。
メニューを飛ばして本文へ
-
-
-

検索コーナー

シックハウス対策関連

  • 印刷用ページを表示する
  • 更新日:2013年5月21日更新

シックハウス対策関連

 快適で健康的な住宅で暮らすための シックハウス対策を導入した 改正建築基準法は 平成15年7月1日に施行されました。

 シックハウス対策を導入した改正建築基準法は、平成15年7月1日以降に工事を着手する建築物から適用されています!

 新築やリフォームした住宅に入居した人の、目がチカチカする、喉が痛い、めまいや吐き気、頭痛がするなどの「シックハウス症候群」が問題になっています。その原因の一部は、建材や家具、日用品などから発散するホルムアルデヒドやVoc(トルエン、キシレンその他)などの揮発性の有機化合物と考えられています。「シックハウス症候群」については、まだ解明されていない部分もありますが、化学物質の濃度の高い空間に長期間暮らしていると様々な健康に有害な影響が出るおそれがあります。

 シックハウス症候群は、なぜ起きるのでしょう?

主な原因として、
 (1)住宅に使用されている建材や家具、日用品などから様々な化学物質が発散。
 (2)住宅の気密性が高くなった。
 (3)ライフスタイルが変化し、換気が不足しがち。

主な対策として、
 (1)建材や家具、日用品などから発散する化学物質を減らす。
 (2)換気設備をつけて室内の空気をきれいにする。

シックハウス関連の制度や基準
 ・必ず守らなければいけない法律:建築基準法のシックハウス対策
 ・建て主の希望による室内空気環境の表示:住宅性能表示制度
 ・化学物質室内濃度の大きな目安:厚生労働省室内化学物質濃度指針値

 平成15年7月1日から施行される改正建築基準法は、シックハウスの原因となる化学物質の室内濃度を下げるため、建築物に使用する建材や換気設備を規制する法律です。
 対象は住宅、学校、オフィス、病院等、すべての建築物の居室となります。

※居室とは、居住、執務、作業、集会、娯楽などの目的のために継続的に使用する室をいいます。

改正建築基準法に基づくシックハウス対策の概要

1.ホルムアルデヒドに関する建材、換気設備の規制

  ホルムアルデヒドは刺激性のある気体でベニア板などの木質建材などに使われています。

  以下の1から3のすべての対策が必要となります。

1 内装仕上の制限

 内装仕上に使用するホルムアルデヒドを発散する建材には、次のような制限が行われます。

建築材料の区分ホルムアルデヒドの発散JIS、JASなどの表示記号内装仕上の制限
建築基準法の規制対象外少ない






多 い
F☆☆☆☆制限なしに使える
第3種ホルムアルデヒド発散建築材料F☆☆☆使用面積が限定される
第2種ホルムアルデヒド発散建築材料F☆☆
第1種ホルムアルデヒド発散建築材料旧E2、Fc2または表示なし使用禁止

 規制対象となる建材は次の通りで、これらには、原則としてJIS、JASまたは国土交通大臣認定による等級付けが必要となります。

  ・木質建材(合板、木質フローリング、パーティクルボード、Mdfなど)
  ・壁紙
  ・ホルムアルデヒドを含む断熱材、接着剤、塗料、仕上塗材
  など。

2 換気設備設置の義務付け

 ホルムアルデヒドを発散する建材を使用しない場合でも、家具からの発散があるため、原則としてすべての建築物に機械換気設備の設置が義務付けられます。例えば住宅の場合、換気回数が0.5回/h以上の機械換気設備(いわゆる24時間換気システムなど)の設置が必要となります。

※換気回数0.5回/hとは、1時間当たりに部屋の空気の半分が入れ替わることをいいます。

3 天井裏などの制限

 天井裏、床下、壁内、収納スペースなどから居室へのホルムアルデヒドの流入を防ぐため、次の(1)?(3)のいずれかの措置が必要となります。

(1)建材による措置天井裏などに第1種、第2種のホルムアルデヒド発散建築材料を使用しない
(F☆☆☆以上とする)
(2)気密層または通気止めによる措置気密層または通気止めを設けて天井裏などと居室を区画する
(3)換気設備による措置換気設備を居室に加えて天井裏なども換気できるものとする

2.クロルピリホスの使用禁止

 クロルピリホスは有機リン系のしろあり駆除剤です。
 居室を有する建築物には使用が禁止されます。

 建築基準法さえ守ればシックハウス対策は十分、というわけではありません。
 住宅選びに当たっては、トルエン、キシレンなど他の化学物質対策もしっかりチェックしましょう。
 また、家具や防虫剤、化粧品、タバコ、ストーブなども化学物質の発生源となります。
 身の回りの日用品や換気など、住まい方にも充分気を付けましょう。

国土交通省住宅局パンフレット(PDF形式

  なお、パンフレットに記載されている「住宅性能表示制度」については、財団法人長野県建築住宅センター(住所:〒388-8006長野市篠ノ井御幣川306-1/電話:026-290-5055)にお問合せください。

シックハウス規制長野市取扱い

Microsoft Word 形式

Adobe PDF 形式

ダウンロード
(word:158KB)

ダウンロード
(PDF:25.7KB)

建築確認等の申請手続き(長野市)

建築確認申請書関係(建築基準法第28条の2の規定により居室内における化学物質の発散に対する衛生上の措置を講ずべき建築物)

確認申請書第四面【8.建築設備の種類】の別紙

建築基準法第6条第1項
第二号様式第四面【8.建築設備の種類】の別紙(規則第一条の三)(PDF:11月1日KB)(Excel:30.3KB)

使用建築材料表

建築基準法第6条第1項
(PDF:16.3KB)(Excel:66KB) 第二号様式添付図書(表1(に))(規則第一条の三)

換気計画図参考図

Microsoft Excel 形式

(Excel:42KB)

Adobe PDF 形式

(PDF:8.86KB)

完了検査申請書関係(建築基準法第28条の2の規定により居室内における化学物質の発散に対する衛生上の措置を講ずべき建築物)

完了検査申請書第四面「居室の内装の仕上げに用いる建築材料の種別及びこの建築材料を用いる部分の面積」欄の別紙(記載例)

参考記載例(PDF:3.83KB)(Excel:21KB)

我が家のシックハウス診断 「ホルムアルデヒド」の濃度を測定してみませんか?

  シックハウス対策のための改正建築基準法が平成15年7月1日から施行され、ホルムアルデヒドの発散抑制のため、建築物に使用する建材や換気設備に対する規制が始まりました。
 厚生労働省では、ホルムアルデヒドの室内濃度指針値を0.08ppmと定めております。
 建築指導課ではホルムアルデヒドの室内濃度を簡単に測定できる「ホルムアルデヒド検知器」の貸出しています。※測定には検知薬が必要です。

シックハウス症候群とホルムアルデヒド

 住宅の新築、リフォーム等がきっかけで体調に異常をきたすシックハウスは、室内空気の化学物質汚染が主原因と言われています。中でも接着剤、防腐剤、防カビ剤、合板等の建材、家具、壁紙などに多用されているホルムアルデヒドが主な原因と言われています。

診断

■ 貸 出 し 料    無 料
■ 貸出し期間    8日間
■ そ の 他     測定は一ヶ所のみとさせていただきます。
※希望者多数の場合はお待ちいただくことがございます。

☆検知薬はお買い求めいただきます。販売店は建築指導課へお問い合わせください。
☆利用を希望される方は、建築指導課までお申し込み下さい。



より良いホームページにするため、皆さまのご意見をお聞かせください
このページの情報は役に立ちましたか?
この情報をすぐに見つけることができましたか?

このページに対するご意見・ご要望を記入してください(個人に関する情報は記入しないでください)。
なお、お答えが必要なご意見等はこちらではお受けできません。直接担当部署または市へのご意見・ご提案へお願いします。

※いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。

このページに関するお問い合わせ先
〒380-8512 長野市大字鶴賀緑町1613番地
第二庁舎7階
メール:shidou@city.nagano.lg.jp
審査担当
Tel:026-224-5048
Fax:026-224-5124
お問い合わせはこちらから

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

前のページに戻る ページトップに戻る